FC2ブログ

Stories of fate


黄泉の肖像

黄泉の肖像 (謎) 14

 いや、待て待て待て。
 それにしたって、じゃあ、この子はどうやって一週間、生きていたんだ? そうだよ、絶対におかしい。他に誰かがいたのは動かせない事実だ。一週間、食事をせずにこんなに元気な訳はない。

 よいしょ、と彼女を抱き上げてベッドに座らせ、とりあえず、俺は食事をさせる。食事用にトレーを目の前に用意してあげて、二人だけになってほっとしているらしい彼女の手にスプーンを握らせる。

「はい、食事だよ。一人で食べられる?」

 確かに耳は聞こえているし、言葉は理解しているらしい。こくんと頷いて、彼女は素直に食べ始めた。食器を手探りで探しているからやはり目は見えていない。声と気配だけで周りを判断しているようだ。

 黙々と食事を進める少女の様子を、俺はベッド脇の椅子に座って眺めている。
 時々、不思議そうに食材の匂いを嗅ぐので、それは青菜の胡麻和えだよ、とか煮魚だよ、とか声を掛けてみた。

 すると、彼女はちょっと頷いてゆっくりゆっくり口へ運ぶ。躾が良いな、となんとなく俺は感じる。動きがどこか優雅だった。

 こうして改めてよく見ると、けっこう綺麗な子だった。伸び放題の髪の毛に半分隠れてはいるが、色白で(まぁ、太陽に当たっていないからだろう)細面で、顔の造りが小さく整っている。将来は美人になるだろう、という要素を持っていた。

 依頼人の身内、家主の家族だとしたら、あの依頼人、直義本人に似ているだろうか?
 いや、分からない。彼も良い男の部類ではあるが、がっしりとした良い感じの体格で、こういう線の細さはない。それに、輪郭や雰囲気があまり重ならない。ああ、男だから当たり前か?

 そんなことより。
 う~ん…、これからいったいどうしたら良いんだろうか?

 俺が腕組みをして思索を巡らしていると、不意に、ぴくりと彼女は動きを止め、そして、ぎょっとしたように扉の方を見る。
 え? と思って俺も振り向くと、扉をノックする音が聞こえて、少女の身体は強張った。

「あ、おいっ、ちょっと」

 食器をひっくり返しそうになって、俺は慌てて彼女の身体を押さえる。少女は怯えた表情で俺の胸に顔を埋め、そのまま固まってしまった。

 返事がないので扉を開けた若い看護師が、俺たちの様子を見て、ちょっと申し訳なさそうな表情をした。

「あ、ごめんなさい。検温してもらいたかったんだけど、後で良いです」
「…はあ…」

 俺も困って曖昧な返事をした。
 人の気配。確かにこの子は、そういうものを感じるのだ。俺だったら、ノックされて初めて人が扉の向こうにいるなんて気付くだろう。

 見えない世界とはいったいどんなものなのか。どれだけ不安で、どれだけ恐ろしいものなんだろう。
 外界と切り離されて生きてきた彼女は、世界と関わる術などまったく持っていなかったに違いない。どうして良いのか、本気で分からないのだ。
 人の気配に怯え、周りの空気の動きに怯え、いつでもこの子は震えている。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←陰影 第一部 (ほの明かり) 11    →陰影 第一部 (ほの明かり) 12
*Edit TB(0) | CO(4)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[ホラー・恋愛

~ Comment ~


一瞬、人間によく似たアンドロイドかも、と思いましたが、普通に飯食ってますしねえ……。

うーん。
#723[2011/11/28 18:02]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

ポール・ブリッツさまへ

ポール・ブリッツさん、

ポールさんの推理にはいつも笑わせていただいております。
ポールさんじゃないんですから、そんなに SF チックにも、ホラーチックにもなれないんですって!(^^;
fateは甘いんです、何にしても。
結局、彼女は何だったのか?
さて、どう思われるでしょう?

#727[2011/11/29 10:09]  fate  URL 

私もそう思いました

排泄しない、すなわち、人間ではない。
でも、病院でもしなかったら、医師や看護師が騒ぎますね。
病院に入っていてさまざまな検査もされているのだから、人間なんでしょうね。

結局、彼女はなんなのか?
とってもとっても気になります。

fateさんの描く男性は「変態」だとおっしゃいますが、献身的でもありますよね。
ここまで読ませていただいた作品に出てきた男性は、たいていみんなそうでしたよ。
#977[2011/12/18 09:48]  あかね  URL 

Re: 私もそう思いました

あかねさん、

少女の正体は最後に分かりますので(当たり前だ(--;)、征夫さん共々、いろいろ悩んでください~

> fateさんの描く男性は「変態」だとおっしゃいますが、献身的でもありますよね。
> ここまで読ませていただいた作品に出てきた男性は、たいていみんなそうでしたよ。

↑↑↑「変態」であることは認めていらしゃいますな。
いや、R指定以外はあんまり変態度は高くないと思われます。ただ、皆無ではないところがfateなんだな~
#980[2011/12/18 12:29]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←陰影 第一部 (ほの明かり) 11    →陰影 第一部 (ほの明かり) 12