FC2ブログ

Stories of fate


黄泉の肖像

黄泉の肖像 (地下牢) 4

 今度こそ、鍵が見つからないと連れ出すことは無理だ。
 俺は一旦、彼女をその場に下ろし、鍵を探す。暗闇をくまなく照らしてみるが、鍵らしき物は見当たらない。

「そうか、リビングか?」

 俺は一旦、階段をのぼって先ほどのリビングに出てみた。飾り棚の引き出しや棚の奥を探ってみるが、見つからない。もしかして、寝室とか金庫の中とかにあるんだろうか?

 一通り、思いつく場所は探しつくしたが、どうしても鍵は見つからなかった。
 あとは、所長に連絡して、雇い主と警察に対処してもらうしかなさそうだ。

 俺は、再度地下に下りて、彼女の様子を確認する。それほど衰弱しているようではなかったが、早急な保護が必要であることだけは確かだ。

 携帯電話を取り出して所長に連絡を入れる。
 地下牢が本当にあったこと。そこに人がいること。早急に救急車と警察を手配して欲しいことなど。

 電話を切って、再度地下へ下りる。まったく階段の上り下りだけで疲れるったらありゃしない!

「とりあえず、お腹空いたよな?」

 俺は、まったく無表情で虚ろな少女に声を掛ける。先ほど抱き上げたときの軽さに、俺は胸が痛んでいた。まるで人間ではないような軽さだったのだ。

「何か買って来るから、ちょっと待っててくれよな?」

 返事を期待せずに、俺は階段をあがろうとしてふと何かが引っ掛かりを覚えて振り返った。

「…え?」

 少女がこちらをじっと見つめていた。
 その口元が微かに微笑んでいるような気がした。




 警察がやってきて、何か道具を使って鎖を切り、彼女は毛布に包まれて救急車で病院へ向かった。それを見送って、俺はやっと息をついた。ああ、やれやれだ。

 結局、彼女は俺がコンビニで買ってきたお弁当は食べなかった。どうも食べ物との認識がなかったのか…。

 俺は警察にいろいろ聞かれたが、俺にとっては業務の一環でしかなかった訳だから、あとは所長と依頼主に詳しい事情聴取が行くのだろう。そして、俺も、もうその子に関わることはないだろう、とやっかいだったこの一件のことは忘れようとしていた。

 実際、死体が出てきて殺人事件なんかに発展していたら、俺ら探偵事務所の手に負えない案件になっていた。とりあえず、生きていてくれて良かった。

 なんで、彼女があんな所に閉じ込められていたのかは疑問だったが…。

 その日は、所長も警察沙汰になったことで忙しかったようで、俺が一旦事務所に戻っても、「おつかれ~」と一言声を掛けてくれるだけで精いっぱいという感じだった。探偵事務所と言っても、所長の奥さんが午後から事務員のパートに出てくれるだけで、実際動くのは俺くらいしかいない。どうしても人手が足りないときは別の組織に助っ人を頼む。そんな程度の小さな事務所なのだ。

 後のことは所長と奥さんがやってくれそうだったので、俺は、妙な疲労感に「お先します。」とさっさと家路に就いた。

 地下室は薄暗くて、あの少女の顔はよく見えなかった。だから、トシがいくつくらいなのか、もしかして少女ではなかったのかも知れないが、そういうことはまったく分からなかった。彼女は俺が発見してから警察が来るまで一言も言葉を発しなかった。何を話しかけても反応がなく、怯えているというよりは、もしかして、目も見えない、耳も聞こえないのでは?という印象を抱いた。

 考えたくないが、もしも生まれたときからずっと閉じ込められていたのだとすると、確かに光を感じる機能が育たないだろうし、音を認識する能力も磨かれない。いや、或いは、そんな風に生まれついたせいで閉じ込められていたのだろうか?

「まさかな…。」

 俺は思わず声に出して呟く。

 不遇の人間が生まれてしまい、それを隠したくて座敷牢に閉じ込めていたなんて話も大昔にはあったのだろうが、現代でそんなバカバカしいことを考える親はいない。病気は治せるのだ。運悪く治らない病だって、今では偏見の目で見られる心配なんてそんなにない。うつる病とかだったらまだしも、目が見えない、耳が聞こえないというのは不幸なことではあっても、特に忌むべき類のものではない。

 では、何故…???
 最初の疑問に戻ってしまった。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←Sacrifice 36    →Sacrifice 37
*Edit TB(0) | CO(8)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[ホラー・恋愛

~ Comment ~


不遇? 不具じゃないのか、と思ったけど、まあそれはいいとして。

この女の子、「あれ」としか思えないんですが気のせいですか。

ホラーですねえ(^^)
#670[2011/11/24 19:05]  紅探偵事務所 所長 紅恵美  URL  [Edit]

紅恵美さま、ご訪問嬉しいです!!!

でも、口調はポールさんですね。
単なる表記の間違いだったのでしょうか…

「あれ」ですね、「あれ」
あれってなんじゃろ?
っていうか、これを描き始めたとき、地下牢に何があるのかfateは何にも考えておりませんでした。
征夫さんが悲鳴を上げたときですら、その視線の先に何があったのか、考えておりませんでした。
…よく、この物語が終了出来たと今でも思います…(--;

#671[2011/11/24 20:13]  fate  URL 

うっしまった。

不覚……(汗)


まあそれはそれとして。てことは、あの女の子、「ヴァンパイア」ではないんですか。うむむ。また先読みをしくじってしもた(^^;)
#672[2011/11/25 07:42]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

ポール・ブリッツさまへ

ポール・ブリッツさん、実は、そうなんですよ~
どうしようか、悩んでいる内に進んでしまって、結局…

原作者さまも、もう少し奇想天外を期待されていたようでしたが(^^;
#676[2011/11/25 14:53]  fate  URL 

これ完結しましたね^^

実は最初にこの作品の出だしを読んでいたんですが、そのときはまだ最後まで掲載されてなかったんですよね。
どうやら最後まで掲載が進んだようなので、こちらに戻ってきました。

こういう隠し扉とか地下牢とか、わくわくしますねー!
純粋に好奇心を刺激されます。
こういうのもいいですね。先が楽しみです^^
#858[2011/12/09 12:31]  あび  URL 

Re: これ完結しましたね^^

あびさん、

こちらのご訪問ありがとうございます(^^)

> こういう隠し扉とか地下牢とか、わくわくしますねー!
> 純粋に好奇心を刺激されます。

↑↑↑そうそうそうっ!! そうなんです!!
実はこれ、単なるそれで描き始めたので、設定も背景も登場人物も、この男の職業すら決めずに描き始めました。なんだか、わくわく宝探しでもするみたいに!
前章であかねさんにご指摘いただきましたが、fate自身は地下牢に何があるのか、まったく知りませんでした。
が、ワンパターンなfateのこと、可愛い女の子が出て来るのは必須っだったようで、こうなっておりますが、本当はこれ、ホラーだったんです! ホラーなんですっ
…いえ、すみません、結局コメディにしかなりませんでした…(T-T)




#865[2011/12/10 08:56]  fate  URL 

地下牢に、したいがウジャウジャ…じゃなくて、よかったです^^

いや、fateさんならきっともっとワクワクするものを置いてくれると思っていましたよ。
足枷の少女なんて・・・うふ。いいですね。
やはりここは女性ではなくて、少女じゃなくてはいけません。少年もダメです。

このあと、どうなっていくのか楽しみに読み進めて行きますね。
(自作に苦悩して、なかなかゆっくり来れなくてごめんなさい~)

あ。この主人公くんの軽さが、妙に好きです^^
#2223[2012/06/26 09:02]  lime  URL  [Edit]

limeさまへ

limeさん、

> いや、fateさんならきっともっとワクワクするものを置いてくれると思っていましたよ。
> 足枷の少女なんて・・・うふ。いいですね。
> やはりここは女性ではなくて、少女じゃなくてはいけません。少年もダメです。

↑↑↑おおおお、そ、そんな・・・
fateは何も考えていなかったのに、でも、考えていないと‘女の子’が現れてしまうことが判明してしまった・・・
どんだけ?(^^;
limeさんだったら、きっと春樹くんみたいな可愛い男の子とかいそうだぁ!

> (自作に苦悩して、なかなかゆっくり来れなくてごめんなさい~)

↑↑↑そんなときは無理してfateごときの世界に足を運ばずに、こもって創作されて構いませんよぉ。
fateは苦悩したときはちょっとその世界を放っぽって、別の話を唐突に立ちあげちゃったりします。が、その前提として、何か心に響くものとの出会いが必要ですが。
・・・あ、ってことは、やはり放浪された方が良いのかな?
或いは、本を読みまくるとか、サスペンスものを観るとか。(本はネタ探しですが、テレビのミステリー/サスペンス、或いは時代劇は、完璧に娯楽です。疲れたときすっきりしたくて観るのみっす)
そうしている内に、世界がむくむくと鎌首を・・・
あれ? 蛇のハナシ??

> あ。この主人公くんの軽さが、妙に好きです^^

↑↑↑こいつの軽さは最後まで全開のままっすよ~(^^;
その内、呆れられるかも・・・
#2224[2012/06/26 20:48]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←Sacrifice 36    →Sacrifice 37