FC2ブログ

Stories of fate


真紅の闇

真紅の闇 (檻の中) 11

 すっぽりと頭から毛布をかぶり、いつの間にか眠ってしまったらしい芽衣を見下ろして、榊は再度テーブルに戻った。

「本気で眠ったらしいね。」
「呆れるほど、信頼されてるじゃないか。」
「信頼?」

 ふと、怪訝そうな表情を浮かべた榊に、蟇目は冷笑を浮かべる。

「お前、自分を殺そうとしている人間の前で眠れるのか?」
「ああ、そういう意味。そりゃ、一応、俺は‘約束’したからね、あの子に。」
「約束?」
「助けてあげるよ、って。」
「そんなのを信じたのか?」
「さあ?」

 今度は、蟇目が訝しそうな顔をしたが、すぐに、ああ、と息をつく。

「あの子はお前の言葉と同時に思念派を受け取っているから、言葉の真偽を疑う必要がないんだろ。」
「そんなものか?」
「さあ?」

 同じ言葉を発音すると、二人は同じ人間かと思うくらい似ている。動作のいちいちがシンクロする。ただ、表情が僅かに豊かなのは榊だろうか。

「親父さんは、結局、どうしろって話を?」

 コーヒーを飲み干して、蟇目はカップをテーブルに置く。その指先が微かにイラついている。彼は立ち上がって、ベッドに歩み寄り、眠っている少女を見下ろす。

「何も。」
「本当か?」
「言葉ではね。」

 蟇目はしばらく沈黙した。

「芽衣は、厚労省の役人の娘だ。」
「…随分、大物の身内を。それって、かなりヤバくないのか?」
「誘拐したのは、営利目的のチンピラだ。身代金を受け取ってやつらは海外へ飛んだ。誘拐された娘が生きているなんて警察も親ももう思ってない。」
「人質を横取りしてきたのか?」
「たまたま、だったらしいがね。」
「じゃ、施設の他の子たちは…」
「言わなかったか、榊。」

 蟇目が、じろりと彼を睨む。

「お前がそんなことを知る必要はない。」

 榊は肩をすくめ、同じようにベッド脇まで歩み寄ってきた。

「それで?」
「芽衣はなんでかお前の思念派に反応する。その精神的支配がどこまで可能なのか、やってみろ。」

 蟇目に、くい、と顎で指され、榊はちょっとため息をついた。

「でも、この子。お前…気付いてるか?」
「…分かってるよ。」

 二人は、同時に芽衣を見下ろして、複雑な表情を浮かべた。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←花籠 (仕事) 12    →真紅の闇 (檻の中) 12
*Edit TB(0) | CO(4)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[ホラー・恋愛

~ Comment ~


背徳~!!(^^)

なんか調教もののえっちな小説を読んでいる気分になってきました。全年齢対象なのに(^^;)
#516[2011/11/14 08:02]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

ポール・ブリッツさまへ

ポール・ブリッツ さん、コメントありがとうございます。

> 背徳~!!(^^)
> なんか調教もののえっちな小説を読んでいる気分になってきました。全年齢対象なのに(^^;)

わはは~。それは、作者が変態だからです~
諦めてください。

#522[2011/11/15 07:52]  fate  URL 

まだまだ、謎な部分が多くて、そしてそれがますます、この怪しげな世界をもりあげてますね。

この二人の目的はなんでしょうね。
そして、芽依のことも、まだまだ謎だし。

調教と言う言葉にぴくりと反応した私は、やっぱりSか。
でも、違うんですよね~、彼らは^^
(それも見たかったり)
#2157[2012/05/30 19:25]  lime  URL  [Edit]

limeさまへ

limeさん、

これは怪しいだけの世界で、実態が実はよく分からんのだす。
まぁ、この怪しさだけが最後までこの世界を覆って、包み込んでいるというのか(^^;

> この二人の目的はなんでしょうね。
> そして、芽依のことも、まだまだ謎だし。

↑↑↑わはははは。
別にたいしたことじゃないかも(^^;
芽衣ちゃんは、・・・そうですね。謎、解けるかなぁ。

> 調教と言う言葉にぴくりと反応した私は、やっぱりSか。
> でも、違うんですよね~、彼らは^^
> (それも見たかったり)

↑↑↑んん??
どこにその言葉が? と読み返してみましたが、見つけられなかった(・・;
いや、もっと前だっただろうか。
まぁ、良い。
そういう展開を作ろうかな~、と実は思いながら描いていたので、そういう空気が出ちゃうんですな。
でも、残念ながら、盛り上げるだけ盛り上げて、え? 終わり? みたいな感じです(^^;
#2164[2012/05/31 15:52]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←花籠 (仕事) 12    →真紅の闇 (檻の中) 12