FC2ブログ

Stories of fate


Sacrifice(R-18)

Sacrifice 15

 食事を終えてワゴンを返しにいくとき、部屋に戻ることを許可されて、羽那は一旦廊下にワゴンを停めて、Tシャツからワンピースに着替え、そして、キッチンへワゴンを返しに向かう。もう大分夕刻近いことを西の空の赤さで知る。

 篠田はすでに夕食の支度に取り掛かっていた。

「…ごちそうさまでした。」

 戸口から中を覗き込むと、篠田は、声にというより気配に振り返って微笑んだ。

「ああ、わざわざありがとうございます。お声を掛けていただければ取りに伺いますから。」

 羽那はぺこりと頭を下げて、部屋へ引き返す。
 智紀の部屋の前を通り過ぎるときは、思わず足音を忍ばせてしまった。

 一緒にいるときは、とにかく相手の一挙手一投足に気を配っているので、あまり余計なことを考える暇がない。 むしろ、こうやって一人の時間を与えられると羽那は彼のことを思い出して身が竦んだ。
 女ばかりの3人姉妹に育っているので、羽那は基本的に同年代の男のことをよく知らない。

 二人の姉は彼女をとても可愛がって大事にしてくれたから、二人の姉同士がよくやるような姉妹喧嘩もしたこともなかった。羽那は人と深く関わる方法を学び損ねているかも知れない。加えて、初めから羽那は智紀が怖かった。彼女は、この家が、彼の家だったとはまったく知らずにやってきたのだ。もしも知っていたら、きっと羽那はイヤだと言っただろう。いや、それ以外に方法がないと知ったら、受け入れる覚悟を決めただろうか・・・。

 いずれにしても、今回決めたような気軽さでは決してここへは来られなかった。
 部屋に戻って机に向かっても、いつ呼び出されるかと思うと落ち着かなかった。声変わりをした筈なのに、智紀の声はよく通るテノールで、羽那を見据えて笑う彼の目は、大抵冷たく揺れて、背筋にぞわぞわと冷たいものが走る。

 また…今夜も、あんな目に遭うのだろうか。
 足の間が、身体の奥が、きしむように熱く疼く。家族のため、というより、智紀に捕らわれたら羽那は自分の身体がコントロール出来なくなってしまう。イヤだ、と心は叫ぶのに、言葉すら意識から消えうせてしまう。

 イヤだ…。
 どのくらいの時間が経過したのか。

 扉をノックされて、羽那はぎょっとして振り返る。部屋の中はすでに薄暗く、明かりをつけていなかったことに気付く。

「お夕食はいかがいたしますか?」

 扉の向こうから篠田の声が聞こえた。

「おや?明かりをお点けいたしましょうか?」

 部屋の中が暗いことに気付いて、篠田が明かりのスイッチを入れてくれた。ぱあっと世界に光が灯る。
 羽那はまだお腹は空いていない。さっき、遅い昼食を食べたばかりだったのだ。

「篠田、羽那も連れていくから、軽く用意してくれる?」
「はい、畏まりました。」

 羽那が返事をする前に、篠田の背後から不意に智紀の声がした。そして、篠田が去っていくのと同時に、智紀が扉を開けて入ってくる。椅子に座った状態のまま、茫然と羽那は彼を見上げた。感情が麻痺しているように、まだどこかぼんやりとしたままだ。

「聞こえただろ?とにかく、一旦食卓に就いてもらわないと彼が困るよ。」
「…はい。」

 慌てて羽那は返事をする。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←Sacrifice 14    →花籠 (仕事) 10
*Edit TB(0) | CO(6)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[恋愛:エロス:官能小説

~ Comment ~


あぁ・・・怖いもの見たさ(?)にこちらにお邪魔です。

色々な意味で、羽那ちゃんの許容範囲を超えているはずなのに、
何とか自分を保っている(?)ところがけなげです。

これからどちらにお出かけに・・・?
#453[2011/11/09 21:57]  けい  URL 

けいさまへ

けいさん、コメントありがとうございます。
「怖いもの見たさ」にちょっと笑いました~
怖いですよ~(^^;
狂気に巻き込まれないようにしてくださいませ。


#456[2011/11/10 08:16]  fate  URL 

風邪ひいてますw

風邪ひいたみたいな感じのゆない。ですw
しかし!
fateさんの作品は読みますよ! なぜなら、おもしろいからです!!
変わりゆく羽那ちゃんの今後を、読ませていただきます!
#473[2011/11/10 22:43]  ゆない。  URL 

Re: 風邪ひいてますw

ゆない。さん、ゲゲッ!!! 風邪、ひかれたんですね!
安静・保温して早く良くなってください~。何気に風邪もこじらすとやっかいですし、万病のもとと言いますから。
いやいやいや、fateの作品など読まなくて良いですから(^^;
まずは、早く回復されてください~~~っ


#474[2011/11/11 07:48]  fate  URL 

おはようございます。

本日は、訪問・コメいただきまして
ありがとうございます。(*^_^*)
こちらのオンライン小説素敵ですね。
少しずつ読ませていただきますね。
私は、ほんの初心者で恥ずかしいですし、
つまらないかもしれませんが^_^;、
またいらしていただけますと嬉しいです。
#475[2011/11/11 10:15]  ayuminn(あゆみん)22  URL  [Edit]

Re: おはようございます。

ayuminn(あゆみん)22さん、ご訪問、コメントありがとうございます!
しかし、えええっ!
こ・・・こちらを~???
いや、ちょっと焦りました(^^;
素敵な作品を描かれていいらしたので、こういうのは抵抗あるかと思っておりましたので、ちょっとビビりました。

倒錯してないモノもありますので~(なんか言い訳~(^^;)
こちらも、また、お邪魔させていただきますね。

#478[2011/11/11 15:35]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←Sacrifice 14    →花籠 (仕事) 10