FC2ブログ

Stories of fate


花籠

花籠 (仕事) 9

 翌日。奈緒は、その日の役割を何度も反芻しながら、二人と一緒に車に乗り込む。

 ‘羽澤さくら。それが彼女の名前だ。そして、城南女子高の1年生。彼のことは学校の行き帰りでたまに見かけていて、一度、落し物を拾ってもらって好意を抱いた。’

 ぶつぶつと何かを繰り返し唱える奈緒の様子を、ローズは微笑ましい思いで見守る。

 間違いで誘拐され、命の取り引きをされ、訳の分からない犯罪の片棒を担がされそうなのに、この子は居場所を得られたことが嬉しいのだろうか。

 そんな世界を居場所と呼ぶしかない、それまでごく普通の中学生だった女の子。
 疑うことを知らない。世の中に受け入れられることにのみ、心を尽くしてきた子。

 彼女は丸一日一緒にいただけの二人の男に、奇妙な信頼を寄せていた。どこか、自分に近い空気を感じたというのか。

 コードネームが皆花の名前だ、と思ったとき、奈緒は自分も仲間に入れてもらったのだという気がしたのだろう。それまで、家の中で家族として扱われたことのなかった彼女が、何より欲しかったもの・・・。

 ふう、と自らの感傷に息をついて、ローズは前を見た。いや、そんなことを考えている場合ではない。

 死者の意識に自らのレベルを沿わせることはほぼ死に物狂いの苦しい作業だ。他人の意識に翻弄され、自分を見失いそうになったりする。特に、殺された人間の意識は危ない。引きずられて、戻ってこられなくなることもある。

 他人の狂気に触れるとは、そういうことだ。

 身体と意識が分離してしまわないように、その後、ローズは狂ったように女を抱く。身体に何か確かな刺激を求めないと狂いそうになるのだ。

 仕事の後、この少女は彼から引き離しておかなければならないと、運転しながらスミレは考えていた。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←花籠 (前夜) 8    →Sacrifice 14
*Edit TB(0) | CO(4)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[ミステリ

~ Comment ~


なるほど・・・見えてきました。

それにしても、この奈緒が健気で・・・(ToT)
居場所を得られずに育つと、こんなふうになるんでしょうか。
もっとひねくれて、グレてもいいように思うのは、安っぽいドラマとかの見過ぎでしょうかね(^^;)
幼い頃の、無意識に自分を愛して守ってくれる存在を求める本能を、そのまま成長せずに持ち続けているんでしょうね・・・。

ローズという人物の人となりもとっても気になります。
あぁこの仕事、うまく運ぶのかしら。
いつのまにか、すごくこの3人に感情移入して応援しちゃってる自分がいます(^^;)
#203[2011/10/24 02:51]  秋沙   URL  [Edit]

秋沙さまへ

秋沙さん、ご感想ありがとうございます。
あまりにも複雑に苦労する話しが書けないもので、なかなかあっさりしてしまいます(^^;

> いつのまにか、すごくこの3人に感情移入して応援しちゃってる自分がいます(^^;)

↑↑↑超!テンションあがるコメントをありがとうございます!
緊張感のない状態で淡々と進みそうですが、よろしくお願いたします~
奈緒に関しては、どうもfateはこういう問題に取り組みたいみたいです。他の話にも、こういう社会(家庭)問題を抱えた少女がかなりの頻度で出てきます。きっと、もう言い尽くしたよ、とfateが満足するまで語りつくしたいんだろうなぁ…。
#204[2011/10/24 07:04]  fate  URL 

ローズの力

うん、奈緒は、きっと出会うべくして、この二人に出会ったと言う気がしますね。
良いとか、悪いとか、そういうレベルではなく。

平穏ない場所ではないがゆえに、この頼りない結びつきに、ハラハラしますね。
負の組織でありながらも、応援してしまう。

ローズは、そういう力の持ち主なんですね。
その力で組織に貢献し、居場所を確保しながらも、自分が壊れそうな不安を抱く・・・。

> 他人の狂気に触れるとは、そういうことだ。

私の別のお話に、同じ苦悩を抱えている主人公がいます。
(申し訳ないくらいに、なんだか共通点がおおくて・・・。でも、なんだかよけいにワクワク)

この二人の男と、奈緒。
どんな関係になって行くのか、すっごく気になります!

『花籠2』も進行中だし、続編もできそうだし♪
長~く楽しめそうでうれしいです。
#978[2011/12/18 10:06]  lime  URL  [Edit]

Re: ローズの力

limeさん、

> うん、奈緒は、きっと出会うべくして、この二人に出会ったと言う気がしますね。
> 良いとか、悪いとか、そういうレベルではなく。

↑↑↑fateも今更それを思い、ちょっと外伝まで描きあげました。
それから、‘3’のR指定入りまくりの外伝も構想中ですが、R指定なしで微妙な線を貫くかも知れない…

> 私の別のお話に、同じ苦悩を抱えている主人公がいます。
> (申し訳ないくらいに、なんだか共通点がおおくて・・・。でも、なんだかよけいにワクワク)

↑↑↑ああ、それっ
どなたかにうかがってました。秋沙さんかな? 西幻さんかな?
はい、fateもその世界を楽しみにしておりました(^^)
『白昼夢』も終わってしまったので(しくしく)、次に入らせていただきます。

#982[2011/12/18 12:36]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←花籠 (前夜) 8    →Sacrifice 14