FC2ブログ

Stories of fate


花籠

花籠 (誘拐崩れ) 1

「・・・なんだ?これ・・・」

 スミレは、扉に背を向けコーヒーを飲んでいる相棒を呆れたように見つめる。相棒、と言ってもいつも組んで仕事をしている訳ではない。二人以上で動く必要があるとき、たまたま組むことが多いという程度の付き合いだ。お互いに本名も素性も知らない。彼らは、‘花籠’と呼ばれる組織に名を連ねているメンバーに過ぎないのだ。

「女の子。」

 背後から聞こえたスミレの声に、ローズはのんびりと答える。

「そんなのは見れば分かる。」

 憮然とした調子でスミレはふんと鼻を鳴らした。そして、ローズが座っている椅子の背後のソファに腰を下ろす。そこは、ローズがたまに利用する郊外の空き家で、元の持ち主が家具をそのまま置いていったのを、なんとか使える程度にまで彼が磨き上げたのだ。一階はほとんど手付かずの状態で、一見人が住んでいるようには見えない。

 二人が今いるのは、二階にある二部屋の内の一つの部屋で、窓際に机と椅子が、壁際にはベッドとソファがそれぞれ置かれてある。書斎というほどのものでもなさそうなそこは、受験生程度の子ども部屋だったのかも知れない。

 窓際の角にワゴンが置いてあり、そこにコーヒーメーカーがある。そこからうっすらとコーヒーの香りが漂っている。そして、ワゴンの横に小さなボードが、これはローズが後に買い足したものだったが、そこにカップやソーサーなど、コーヒーを飲むためだけの品が収められているのだ。

 そして。そのベッドに、毛布にすっぽりと包まった女の子が、丸くなってすうすう眠っていたのだ。比較的短めの髪の毛、小さな目鼻、病的に青白い肌。そして、毛布でほとんど見えないが、着ているのはセーラー服の類だと思われた。

「なんで、ここに女の子がいるんだ?」
「俺も聞きたい。」

 机に向かって、新聞を読んでいるローズは、振り返らずに言う。

「なんで、お前がここにいるんだ?」
「はぐらかすなよ。」

 ローズは振り向いた。一見、その辺に普通にいるサラリーマンのような素朴な顔、そして、いかにもお坊ちゃんのような柔らかい笑顔で、彼は微笑む。

「何か依頼でも舞い込んで来たのか?」
「それより、あのやっかい物はなんだよ?」

 ああ・・・、とちらりと少女に視線を走らせて、ローズは淡々と言った。

「ちょっと呼び出されてね、あっちの専門家を訪ねたら、まさにその現場に居合わせてね。殺すんなら、売ってくれと買ってきた。」
「・・・それじゃ、何がなんだか分からんだろうが。」

 スミレは、ローズよりも幾分年上だ。ローズが、お坊ちゃま風な外見をしているのとは対照的に、彼はがっちりした大男で、いかにも用心棒という風貌だ。年がら年中皮のジャケットを羽織り、その下は素肌か、大抵シャツ一枚だ。

 ローズはふふふ、と屈託なく笑う。

「順を追って言おう。」

 言いながら彼は立ち上がり、ボードから新しいカップを取り出して、それにコーヒーを注いでスミレに手渡した。

「おい、砂糖とかミルクはないのか?」
「ないよ。そういうのは持参してきてくれ。」

 渋い表情でコーヒーをすするスミレをおもしろそうに見つめながら、ローズは話し出した。

「花篭に連絡が入ったんだ、つい今朝ほど。それで、俺が呼ばれて依頼先へ出向いた。緊急的に人手が欲しいと言うことでね。どうも、誘拐するべき子どもを間違ったらしい。それで、その子をその件とは関わりなく親元へ返す仕事を引き受けた、筈だった。」
「・・・しなかったのか?」
「違うよ。間違いに気付いて、慌てて本来さらうべきだった子どもを、今度は間違いなくさらった、までは良い。最初のミスに慌てた彼らは、初めの子に、睡眠薬の投与のタイミングを間違えた。お陰で、この子は目を覚まし、彼らの顔を見られ、声を聞かれた。それで、もう生かして親元へは帰せなくなった。それで、さあ、殺そうという場面にちょうど俺が到着した。」
「それで・・・これか?」

 ベッドの女の子に視線を投げて、スミレは本気で呆れた顔をした。

「あっちも、今回は自分の専門外の仕事だったらしい。まあ、属してる組織が違うから俺もよくは分からない。いつもの専門家メンバーとは面構えが違ってた。向こうは俺の顔を知っていたようだったが。」
「お前はどこの組織でも有名な方だろうからな。」

 ローズは答えなかった。

「どうするんだ?こんなやっかいな物を引き受けて。」
「殺すことなんていつでも出来る。」

 ローズはカップを傾けながら優雅に微笑む。

「それに、女の子はいずれ‘女’に成長する。」
「一体、何年計画だよ?子牛を買って、食えるようになるまで飼育するっていうことか?」
「そんなにかからないよ。見た目は幼いけど、その子はもう中学生だ。15歳だそうだ。」
「・・・見えないな。しかも、15歳だあ?お前と一回りも年が違うだろ?」
「子どもの使い方はそれだけじゃないよ。」

 スミレは肩をすくめる真似をしてみせる。

「まあ、良いけどよ。ちょっと、俺の方の仕事も手伝ってくれると嬉しいんだが。」
「やっぱり仕事か。」

 ローズが渋い顔をする。

「今、俺は仕事から戻ったばかりだ。しかも、この子を置いて俺がほいほい仕事できる訳ないだろ?」
「大丈夫だ。連れてくれば良い。」
「・・・どういう意味だ?」
「これから説明する。」


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←Sacrifice 6    →黄泉の肖像 (作品説明)
*Edit TB(0) | CO(8)
Tag List  * |

ジャンル:[小説・文学] テーマ:[ミステリ

~ Comment ~


こんにちは。先日はコメントどうもありがとうございました(*^-^*)
たくさん書かれているのですね~。まず目についたこの作品から読ませていただきましたが、面白かったですー!この後どうなるんだろうと、かなりワクワクする終わり方ですね。

また続きを読みに来させていただこうと思います♪
私のほうへも、またいつでもお越しくださいね(^-^)
#168[2011/10/20 03:13]  牡蠣ひろみ  URL 

牡蠣ひろみさまへ

おお!いらっしゃいませ(^^)
これは、シリーズ化してちまちま別バージョンも描いていきたい世界で、fateも何気に気に入っております。
というか、むか~し、こんな組織を漫画で観た記憶があって、それに乗じて、fate worldに仕立て直したというのか。
マジであっても良くね?という組織形態。
そして、伊坂幸太郎さんの作品にも影響を受けております。どれの?というより、彼の作品に漂う妙に退廃的でいい加減で奇妙に明るい世界、という感じに。
東野圭吾さんの世界も好きですが、彼はまじめすぎ!ガリレオなどの刑事(推理?)系以外の人間ドラマは重くてダメなので、伊坂worldのフザケた感じを取り入れたいな…と。
まぁ、大変、大それたことをのたまっておりますが、目標は高く!夢は大きく!…ということで…。
その割にはこっそりと…

はい、こちらからも遊びに行かせていただきます!
何気に時間が出来ると、目についたブログを放浪しておりますので、ちょくちょくお邪魔させていただくかと思われます。
お越しいただき、ありがとうございました(^^)
#172[2011/10/20 10:02]  fate  URL 

むむむ。こいつはちょっとハードボイルドな雰囲気ですね。
これまで読んできたのとはちょっと毛色が違う。
とても楽しみです。
#756[2011/12/01 13:10]  ヒロハル  URL 

ヒロハルさまへ

ヒロハルさん、

おはようございます。
ちょっと他人さまのパソコンを拝借してのコメ返です。
はい~
ハードボイルド系に憧れて、ハードに成り切れなかった…的な作です(^^;
雰囲気だけ~
今後、もっと精進してみます!!

#761[2011/12/02 08:24]  fate  URL 

おおっ♪

ああ、なんだか、気になる男二人。
花の名を持ち、なにやら怪しげな組織に身を置き・・・。
そして傍らのベッドには、いたいけな一人の少女。

う~ん、ひきつけられるシチュエイションです。
もうすこし読み進めてからコメを、と思ったんですが、
書いちゃいました^^

伊坂さん、好きなんですね!
私も大好きです。あの独特な、説明の難しい感覚。
良い意味で不真面目、思い切りがいい、でも、根底にゆるぎない正義感がある。

一番好きなのは、ちょっと路線の違う『重力ピエロ』と『チルドレン』なんですけどね^^

じっくり読ませてもらいますね、『花籠』。
#912[2011/12/13 21:30]  lime  URL  [Edit]

Re: おおっ♪

limeさん、

おおおお! 遂に『花籠』に…
なんだか、感無量です!
(なんか、使い方間違っているような…)

> 伊坂さん、好きなんですね!
> 私も大好きです。あの独特な、説明の難しい感覚。
> 良い意味で不真面目、思い切りがいい、でも、根底にゆるぎない正義感がある。

↑↑↑一時期、東野圭吾にはまり、伊坂を知り、比べると伊坂がfateの好みであった。
東野さんは真面目すぎ! お陰で彼の「人間ドラマ」は重くて読めない。東野さんはサスペンス・ミステリー系のみO.k.です。まぁ、好みの問題ですが(^^;
fateの場合、伊坂さんは、はぁぁ?? という人物や展開が気楽で好きなんですな。奇想天外というか、そんな人間いるのか? いや、いるかも知れないな…という狭間的なところが。
奇抜過ぎないけど、現実ではどうであろう? と、あかねさんが「ありそでなさそで」と表現される中間具合が。
fateの場合、テーマがいつも重いから、重すぎると息苦しくなって窒息してしまう。そうならないように、どこかに奇妙な明るさが欲しい。
今回のローズは、思いの他、真面目なので、2ではもうちょっとフザケた男を出してみました。
そして、スムリティを巻き込んで3へ続く。
あああっ! 調子に乗ってしゃべくり過ぎた~っ
もう、口を閉じます!

#922[2011/12/14 07:52]  fate  URL 

おもしろそう^^

他の作にもちらっと出てましたよね。花籠。
コードネームがお花の名前なんですね。
用心棒風な大男でスミレですか・・・・w
そのギャップにちょっと笑えますね^^
続きが楽しみです^^
#989[2011/12/19 17:39]  あび  URL 

Re: おもしろそう^^

あびさん、

おおお! ありがとうございますっ
これは何気なく始めた、あんまり何にも考えていなかった世界なのに(伊坂幸太郎の作品に憧れて、その世界観を追ってみた、という分不相応な高望をしてみたのダ)何げに好評だったので、ついその気になって、続編をどんどん追加しているモノです(^^;

『花籠』3では『スムリティ』も巻き込みますので、もしR指定にそれほど抵抗がなければ、『花籠』2の後に『スムリティ』もよろしくです。
#994[2011/12/19 18:48]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←Sacrifice 6    →黄泉の肖像 (作品説明)