FC2ブログ

Stories of fate


背徳の奏 ~漆黒と深紅のモザイク~

背徳の奏 (あとがきに代えて)

fc2 小説コメント欄で繰り広げた原作者様とのやりとり。



投稿者:かつま


投稿日時:2011-09-02 23:03:24


ああ、何ていうことでしょう! 
なんてねw 驚いたかな?
ごめんなさい。今はまだ、読んではいないのですが、自分の作品で「何かを感じて、書いてもらえてる」ってだけで、涙が出そうなぐらい嬉しいです。で、早々にやってきました。
……というか、確かに『The Dark Ride』は、モヤモヤするよね~。気持ちは解る!
 
何より、そんな風に感じて欲しい、というのが私自身の願いでもありました。SNSでは書いていたのですが、あの結末に「納得がいかない」とか「モヤモヤする」いうことが「読者様の善良な心」であって欲しいし、また、どんな嫌なことでも「目を背けたくない」とか、そんな想いで受け止めて欲しいと願っていました。
だから、それを受け取ってもらえたような気がするし、「自分なら、どうする?」と考えてくれる方がいてくれて、凄く嬉しいです。
こんな言い方をすると、失礼かもしれませんが、私はいつも私の作品を読んだ方に、「自分なりの何かを考えて欲しい」と願っていました。その願いが叶いました。友人達に宣伝してもいいですか? 前々から、よく言っていた事なので、皆、喜んでくれると思います。

すみません、浮かれすぎかしら><;)

本当に、ありがとうございます。
こんな奴の作品を、fateさんから良い作品に仕上げていただけると思うと、ワクワクします。書いて良かったです^^
どうぞ、よろしくお願いいたします。



投稿者:fate


投稿日時:2011-09-03 06:25:04


かつまさん、早速のコメントありがとうございます。
ひゃ~、良かったです~。
でも、おっしゃることをを拝見して、作者様の想い・・・というか、作品を描くに当たっての込めたモノを、そうかも・・・と少し理解出来ました。

ただ、実は冒頭のみで、段々、どこが・・・?というかけ離れた展開になり、実はfate自身が慌てております(--;

登場人物が増えすぎなんだよ・・・と突っ込みつつ、なんとか収めていきたいですが、気に入った作品にはすぐに影響されるfateは、なんだか作風までちょっくら変わってしまった割には、やはりどこまでも甘いまま・・・という訳の分からない状態です。

ここまで宣言しておきながら、何、この終わり方?ということにならないよう、ちょっと世界に入り込んでみます。

早速のお許しコメントありがとうございました!(^^)




投稿者:かつま


投稿日時:2011-09-04 23:20:37


こんばんは! 
読み終わってすぐに来ようと思ったのですが、母が体調を悪くしたもので、バタバタしてました。
とりあえず、私は「気に入りましたよ~v」ってことだけは、先に伝えようと思い、書き込んでいます。
腐腐腐w 心地良かったです~。って、何処がでしょうね~。ああいかん><;) 30男(J.Kね)が少女に手を出す~! ってところを、別視点で満喫(ぷは~っ)。
って、そこかい……( ̄〇 ̄;)いやっ、これは感想とは別ですから~!

また、ゆっくりしてから、ご感想など書きますね~。





投稿者:fate


投稿日時:2011-09-05 06:32:11


かつまさん、ご感想ありがとうございます。

えええ~っ!!!お母様、大丈夫ですか???
家族が具合が悪いというのは、とても精神的に落ち着かないものですよね。
お大事にされてください。

いや、怒られなくて良かったです。
結局、登場人物のキャラそのものがまったく違ってしまい、空想世界で勝手に遊んだだけでした(・・;

また、何かの機会に似たような設定で似たような輩が出現するかも知れません。
非常なる世界。非情にして、研ぎ澄まされていて、美しさを感じる・・・みたいなものがいつか描けると嬉しいですが、まだまだしばらくは‘甘い’(恋愛の甘さではなくて・・・)いまいち、人物を生かしきれないまま悶える日々が続くと思われます。

今回は、本当に初の試みでしたが、快く承諾いただきまして(事後報告にも関わらず・・・)かつまさんの懐の広さに感激した次第でした!

しかし、数あるかつまさんの作品の、なんでこれに反応したのか、fateもいい加減、ヤバイんじゃないか?と周囲を見まわしつつ・・・。

また、ブログにもお邪魔いたします。
では、お母様のご回復を心よりお祈りさせていただきつつ、かつまさんご本人もどうかご自愛ください。





投稿者:かつま


投稿日時:2011-09-07 17:25:01


こんにちは^^

母は、ガンと告知されてしまいました。そして開き直ってます。摘出すれば問題ないようなので一安心してます。
またバタバタしそうなので、早々に感想を! と思いやってきました。

改めて、『The Dark Ride』から新しい作品を創造していただき、ありがとうございました。私もこちらの作品で、結構「スッキリ」しました~。って、私もかなりヤバイって……。
やはり、私のは「少女からの視点」が全くなかったので、ラストに主人公に懐いてくれてホッとしました。ついでに、「アレ」は主人公が「ゲイに目覚める!」というのものなので、ナチュラルな恋愛で良かった~、というのもあったりしてw 

設定も面白かったです。キリアが出てきた時は、確かに「誰?」とも思いましたが、宰くんの恋愛事情にドキドキしました。う~ん、ここはもっと『官能的』であって欲しいような、身体は「少女」ってのが問題なような……。
でも、私も今は非公開にしてますが、11歳の少女(の一人称で)の、無理やり(?)初体験ってのも書いてますからね~。そこら辺の道徳観念は、私には無いかもしれない……。ヤバイかな><;)

ところで、
「宰くんが一番fateに似ているかも知れません・・・。」
というのは、なんとなく解るような、気がするのは間違いかしら? 

「王女の亡霊に振り回されただけで終わった宰くん。」
でもそれにしっかり応えた、宰くん。偉い!

また、こっそり「評価」入れますね。目立つようなレビューを書きたいけど、そこに自分の名前があるのは恥かしいです~><;) すみません。

>非常なる世界。非情にして、研ぎ澄まされていて、美しさを感じる・・・
私もそういう世界は好きです。私も「極悪非道!(誰もそこまで言ってない)」に磨きをかけて、頑張ります!(何を?)

それでは、また。落ち着いたらブログの方に遊びに行きますね^^






投稿者:fate


投稿日時:2011-09-08 06:27:36


かつまさん、ご感想ありがとうございます!

思わず、ぎょっとしてしまいました。ガンですか・・・。
でも、手術が可能なのであれば、根治が出来るということなんですね。とりあえずはほっとしました。
手術の日まで、体力を付けられておいてください。看病するかつまさんも含めて。

もっと『官能的』であって欲しい・・・
おお!そうきましたか!なんてことだ。では、次回はもっと頑張って(?)・・・って、何を張り切っているやら(--:
ブログに掲載する際にちょっと加筆するかも、です。

それから、評価もありがとうございます!!!とても励みになります。嬉しいです。
とにかく、何も否定せずに受け止めてくださったこと、感謝いたします。

fateの中では、まだ未消化のものがあって、もうすこしあがいてみようか・・・というものもあります。ただ、fateは世界が意外に閉鎖的なので(?)外伝とか、続編とか、初めからそのつもりで描く世界以外(花籠とか・・・)きっぱりない!のです。
終了次第、その世界は閉じられてしまいます。(加筆する以外ですが。)なんでかな???

お忙しいときに、いらしてくださいまして、ありがとうございました。
お母さまの早いご回復をお祈り申し上げます。





関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←背徳の奏 (最後の‘ひかり’) 16    →マーメイド・シンドローム (作品説明)
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


すみません、いま腐れてます。

さて、しっかり読み直させていただきますね~e-343

そして、自分のも読み直す。……私って、自分で書いたもんを忘れるんだ! 
何処に脳みそを落としてきたんだろうかe-263

いかん、今考えると、J.K とフォルカーが重なる。
そのうちフォルカーがアルンフリートに横恋慕……\(゜-゜\/゜-゜)/
わ~い、それいいな~www(あ、腐れた)
私の脳内、どうにかしてくれ~!!!e-259 
#84[2011/10/04 19:53]  早花鬼 かつま  URL 

Re: すみません、いま腐れてます。

かつまさん、コメントに超!笑いました(^^;
いやいやいや、fateも自作なんて忘れますよ。
特にものすご~く以前に書いたものを読み返すと「えっ???これって、ほんとにfateが書いたの???」とか思います(・・;
他の誰が書くんだよ、こんな変態なstory!
と自分で突っ込みたくなりますな。

脳内での妄想は誰にも止められません!
しかも!!!誰にも迷惑は掛からない!
fateもおおいに妄想しまくります!!!

執筆、進んでますか~?
良いなぁ、ファンタジー!楽しみにしてます(^^)

#88[2011/10/04 21:01]  fate  URL 

拝読しました

すごいスピードでアップされているので全然追いつけません^^;
今日はこちらの作品を一気に読了しました。

「革命」と「赤い瞳に時々変わる少女」という二つの設定は以前から頭の中で泳がせているお話とかぶっていました。内容まで一緒だったらどうしましょうと思っておりましたが、全然違う内容でした。(一安心?)

それはさておき、少女が言葉を取り戻してよかったと思うと同時に、主人公から去って行った女性たちが不憫に思いました。

次はどれを読もうかな。やっぱりエr(以下自主規制
fateさまの作品はハズレがないので安心して読めますね^^

それではまた~。

PS
FC2小説に感想を寄せていただきありがとうございました。
#243[2011/10/27 22:08]  鏡秋雪  URL  [Edit]

Re: 拝読しました

鏡秋雪さん、読んでいただき嬉しいです~!!!

はい~、小説サイトに復活作品を見つけて嬉しくて早速拝読させていただきました(^^)
fateの後に、吾妻さんに華麗に評価されておりましたが、でもfateは吾妻さんの切り口がけっこう好きでした。
「ええっ??? fateはそこまで考えてないって!」とぎょっとしたり「ああ、確かにそうだよな~」としみじみしたりして。

おお! 全然違うstoryで、革命の物語を構想中なんですな?
楽しみです!
これは、もとネタがあるので、正直、fateのオリジナル…って訳でもなくて、まぁ、あとがきと作品説明に書いた通りです。

過大なご評価大変感謝いたします。
今日で一段落ついたので、ブログも小説サイトも、しばらくはグダグダします~(^^;

#247[2011/10/28 07:40]  fate  URL 

こんにちはー!
プチ久しぶりに読了いたしました^^

宰が眠り薬入りの飲み物で意識を失ったあたりからは先が気になって仕方なくて、ものすごいスピードアップして読ませていただきました。いつも一気読みさせられてしまいます。
fateさんの作品には「少女」がよく登場しますね。無垢とかまっさらとか、そんな感じの子たちが多いように思います。

今回、亡霊となった王女のただひとつの”後悔”の描写についてですが、陰影や業火とは違い直接的な表現をせず、乾いたエロさみたいな趣が出ていててすごくよかったです。相手が相手ですし、描写も限られてくるのかもしれませんが……。
#664[2011/11/24 13:21]  たつひこ  URL 

たつひこさまへ

たつひこさん、いやいや、お久しぶりです。
fateもお邪魔はしても、コメント残さずに徘徊しておりますので(^^;

> 今回、亡霊となった王女のただひとつの”後悔”の描写についてですが、陰影や業火とは違い直接的な表現をせず、乾いたエロさみたいな趣が出ていててすごくよかったです。相手が相手ですし、描写も限られてくるのかもしれませんが……。

↑↑↑これは~、実は、他サイトで『官能』ではない! と断言して掲載した作品なので、描写を入れられなかったに過ぎませ~ん(^^;
原作者さまからもご指摘ありまして、こちらに掲載するに当たり、加筆するつもりだったのですが、そのままになってしまいました。
もっと、王女の‘想い’をそこで燃え上がらせて徹底的に昇華してやれば良かっただろうか、とちょっと後悔です。
他作家さまにもご指摘されましたが、王女とミラが哀れだと思った…というのは、そうだよな、と後でfateもしんみりしました。せめて、もっと華麗に想いを遂げさせてやれば良かったかな~…と。

「少女」は好きなんです!(力説!)
可愛いきゃ、すべてが許されるのです!
というか、そういう無垢さと鬼畜との対比を、どうしても描きたいのかな~(^^;




#668[2011/11/24 18:40]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←背徳の奏 (最後の‘ひかり’) 16    →マーメイド・シンドローム (作品説明)