FC2ブログ

Stories of fate


永遠の刹那

永遠の刹那 (静の家族) 27

 不意に目を伏せた私を、ぐいと抱き寄せて、静は「どうしたの?」と私の顔を覗き込んだ。

「・・・い、いえ。」

 慌てて私は彼から離れようと腕を突っ張る。

「天音ちゃん、君さぁ・・・」

 静は私の両腕をそれぞれ捕まえて、くるりと身体を回し、私の身体をソファに押し付ける。

「何か、隠してるだろ。」

 ぎくりとして私は彼の顔を凝視する。静の目は私を探るようではなくて、単に心配そうに曇っていた。何もかもを見透かされそうな綺麗な瞳。私は思わず目をそらす。

「この際だから、もう全部白状しな。」
「は・・・白状って。別に、私は・・・」
「じゃあ、それを俺の目を見て言いなさい。」

 両腕を捕まれていて、身体はソファに押し付けられて彼が上に乗っかっているから、私は身動きが出来ない。

「な・・・何もないですっ」

 ふうん・・・、と静の呟き。思わずぎくりとして私は彼の顔を見上げた。だいたい、その後に続くのが「あの届け・・・」という台詞になるのだ。

「じゃ、それを証明してもらっても良いんだね?」

 え???と私は彼の瞳の光に怯えた。
 探偵社を使ったりとか、私の住んでいた町に問い合わせたりってこと?
 そんなことをされたら、一発でバレてしまう。まだ、数百万円の借金の事実が。

「部屋に移動しようか?ここじゃ、狭いし。」
「・・・は?」
「先にシャワー浴びたかったら浴びても良いけど、別に必要ないでしょ?」
「・・・はああ???」
「今さら驚いた振りしたってダメだよ。いい加減、諦めたら?」

 それの、どこが、何が、何の証明になるのっ?

「ちょ・・・っ、ちょっと待ってくださいっ」
「良いよ、何分?」
「いやいやいや、そうじゃなくてっ」
「そんなに長い時間は待てないよ。分かってると思うけど。」
「ですから、時間の問題じゃなくて・・・っ」
「あのね、天音ちゃん。」

 にこり、と静は微笑む。

「君、往生際が悪すぎるよ。」

 ・・・違うでしょう!!!




 結局、ものすごく良いタイミングで往診(今度は普通の・・・)の依頼の電話が入り、静は不機嫌な顔で私をアパートまで送ってくれた。

「どうして、こう、誰も彼もが寄ってたかって俺の邪魔をするんだろうね。」

 そんなことはないでしょう・・・、と笑いながらも、私は少し彼が気の毒になった。
 週末に往診の依頼って予約でしか普通は入らないらしいので、よほど急患だったらしい。
 でも、私にとっては助け舟だったんですけど。

「覚えといてね、天音ちゃん。」
「・・・え?」

 走り去る車を見送って、私は思わず叫びそうになる。

 わ・・・、私が悪いんじゃないからねっ

 最後にちらりと私に視線を落とした彼の瞳がちょっと本気で怖かった。

 だからって・・・、だからって・・・、もう、この際、届け出してしまおう、なんて、自棄を起こさないでくださいね、先生!

 あまりに慌ただしくて、私は、そういえば静のご両親とマトモに話しらしい話しをしなかったことを忘れていた。

 彼らは、普通なら真っ先に聞くであろうことを、何も聞かなかった。
 肩書きや役職や、その人に付随する情報には興味を抱かない。そういえば、静も初めからそうだった。ただ、私を見つめて、私の魂そのものと会話するように、・・・そう!いきなりプロポーズしたのだ。

 どちらかと言えば、私もそのタイプかも知れない。
 知りたいのは、相手が何を好きで、どんなことに興味を抱いて、何を誇りとして生きるのか。
 そこに尊敬や信頼が生まれる。
 それ以外は、正直、どうでも良いことだ。

 静のお母さんが、息子のどこを好きになったのか?と聞いた。
 そうだ。それが、すべてだ。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (静の家族) 26    →永遠の刹那 (危ない患者) 28
*Edit TB(0) | CO(6)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[コメディ・恋愛

~ Comment ~


やっと少し落ち着いたので^^

続き読みにきましたぁ^^
静のご両親登場。なんというか、静と同じ空気ですね。
お金持ちの余裕ですかね?
いいご両親にいい相手、天音にとっては問題ないけど。でも、いろいろ問題を抱えた自分をかえりみると、そうそう軽率に結婚しようと思えないし。その気持ちはよくわかる。やっぱりまだ静を疑ってかかってますよ私はw
#349[2011/11/04 09:41]  あび  URL 

Re: やっと少し落ち着いたので^^

あびさん、ご訪問ありがとうございます~
お忙しいのに、来ていただいて嬉しくて涙が出そうです!!!

まぁ、fateもごくたまに忙しくて、upもコメント返信も出来ないときがありますけど。
滅多にない!
(予告もしないけど、2~3日程度なら、死んでません!)

なんか、これはfate遊び過ぎ!
だったので、究極の悪い人は出てこない感じで、そんなウマイ話あるかっ
とお叱りを受けそうな勢いです。今のところはね!
静のお母さんは庶民出身ですし、何しろ、沖縄という良い環境で育ってますからね~
おおらかなのかもね~

へへへ。鋭いご感想ありがとうございました。


#354[2011/11/04 13:55]  fate  URL 

羨ましく

なんだか、静がかっこよく思えてきました。
ふざけたような雰囲気で、でも相手のことをちゃんと考えてる。ずるい男ですねw
#394[2011/11/06 13:54]  ゆない。  URL 

わー、これからお二人はどうなっちゃうんでしょうね。

天音ちゃんはまんまと静の張りめぐらした罠にはまっていっちゃってるんですけど、
少しずつ心が揺らいでいっているというか、
その辺りがとても心地良くってなんか素敵です。
#396[2011/11/06 20:15]  ヒロハル  URL 

Re: 羨ましく

ゆない。さん、コメントありがとうございます。
ははは。
静は大抵男性読者に嫌われます。
そして、最後にはちょっぴり好きになった、と他作家さんにも言わしめました。
まぁ、フザケた男であることは間違いないですけど~(^^;

#401[2011/11/07 08:24]  fate  URL 

ヒロハルさまへ

ヒロハルさん、素敵なコメントありがとうございます。
まったく静はヤバいって、ほんとに(^^;
なんとなく、だけど、こういう生き方って楽しいかもな~というものをちょっと描いてみました。
社会悪とか、いろいろな狭間で。
善悪を判断するのではなくて…なんて立ち位置を。
ああ、これ以上しゃべくるとネタバレ炸裂になるので、静かにしときます~(^^;


#403[2011/11/07 08:29]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (静の家族) 26    →永遠の刹那 (危ない患者) 28