FC2ブログ

Stories of fate


真紅の闇

真紅の闇 (檻の中) 10

「おや?夜にって言ってたのに、どうしたんだい?」

 そう言われて迎え入れられた男が、すっと扉から姿を現す。ぼんやりとしていた芽衣は、その男の姿に悲鳴を上げそうになった。

 入って来た男は、榊と瓜二つだった。いや、僅かに、彼の方が年齢が上らしい。背が少し高くて、20代後半程度の大人っぽい容姿をしている。白衣を着て前髪を上げ、そして、瞳の色が金ではなく、薄茶だった。

 彼は探るような目で部屋の中を素早く見渡し、芽衣の姿を確認する。獲物を探す肉食獣と言うより、爬虫類のような無機質な目だった。

「ちょっと、逃がした魚を見たくなってね。」

 ほぼ、同じ声色、同じ顔立ち、同じ表情。兄弟と言ってもこんなに似る筈がない、という異様な相同だ。
 芽衣は、反射的に身体を起こし、意図せずじりじりと後ずさる。
 似ている。しかし、何かが違った。記憶にはないのに、彼女はその男が死ぬほど怖かった。

「逃がした?逃げられたんじゃなくて?」
「…なかなか微妙なところだよ。確かに、もうしばらくは動けないだろうと、俺も思っていたからね。それが、ふと気がつくとドロン! だった。つまり、お前の声に従うことを選んだってことらしいね。」
「それは、お前が仕組んだことだろ?」

 それには答えず、ふふ、と彼は笑う。その瞳がまったく笑わない笑顔も気味が悪いくらい同じだ。つかつかと近寄ってきた男の手から逃れようと、芽衣はふらつく身体でベッドを飛び降りた。

「いやあぁぁぁぁぁっ」

 扉の方向には榊が立っている。芽衣は窓に向かって駆け出す。そして、窓に手を掛けようとしたとき、男が叫ぶ。

「止まれ! 芽衣。」

 びくりと身体は強張ったが、芽衣は必死に窓を開けようと取っ手に手を掛ける。押して良いのか引けば良いのか、それとも左右にスライドさせるのか、まったく分からない。そういえば、この窓が開いているところなんて見たことがない。

「およし、芽衣ちゃん。そこは俺じゃないと開けられないようになっているんだよ。」

 背後で、榊が静かに言った。その声を聞いた途端、芽衣の身体から力が抜ける。ずるずると崩れ落ちそうになりながら、泣きそうに震える目でゆっくり振り返ると、二人の男は、無言で目を見交わしていた。

「同じ声質でも、分かるんだな。」

 おもしろくもなさそうに、男は呟く。

「…おかしいな。中継したのはお前だろ?」
「俺は中継なんてしてないよ。感受したのはこの子の能力だ。」

 へえ、と一瞬、思案顔になった二人は、同時にテーブルに移動する。

「コーヒーでも淹れるよ。」
「ああ。」
「…芽衣ちゃん、もう、君に危害を加えたりしないから、君はベッドへ戻って少し休みな。」

 キッチンへ向かいながら、榊は背中のままで芽衣に話しかける。

「それとも、一緒にコーヒーでも飲む?」

 芽衣は慌てて首を振り、そろそろとベッドへ戻り慌てて毛布の中に潜り込む。
 そのまま、膝を抱えるようにくるりと丸くなって、ぎゅっと目を閉じる。何がなんだか分からなかった。それでも、身体の奥に潜む暗い恐怖に立ち向かえるほどの強さなど、そのとき、彼女にはなかった。

 その後、二人がコーヒーを飲みながら、何を話したのかなんて、彼女は聞いてなどいない。




関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←真紅の闇 (檻の中) 9    →業火 11
*Edit TB(0) | CO(4)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


連載中なのですね

上のほうから、というオススメでしたので、「真紅の闇」を読ませていただきました。

fateさんの書く男性って、言葉遣いはやわらかく、ルックスはかなりよく、でも、怖ぁい、って感じ。

最初のころに私の「著者になりかわりまして」を読んで下さって、ご自分のキャラにもやらせたいけど……と書いておられたのを思い出しました。

なるほど、つめたい目で見られてふふん、って、ありそうですね。

静さんだったらやってくれるんじゃありません?
#205[2011/10/24 11:38]  あかね  URL 

Re: 連載中なのですね

あかねさん、コメントありがとうございます。
あらら~、そうでした。これ、全部upしていないことに、ご指摘されてから気付きました(・・;
こちらにupしている作品は大抵完成しているものです。
すみませんっ!
急いでupします~

静かぁ…、どうだろう?
無理やり全員揃えて強制的にやらせてみたら、…どうなるかなぁ(^^;


#208[2011/10/24 18:34]  fate  URL 

ここまで来ました!

う~ん、作品に漂っている闇の気配がすごく好きです! 怖いんだけど、続きが見たい。そんな衝動に駆られます! fateさんは雰囲気を創り出すのが得意ですね! 学ばせてもらいます!!
榊の存在も気になる~~~~

また読みに来ますね!!
#1487[2012/02/01 16:10]  ゆない。  URL 

Re: ここまで来ました!

ゆない。さん、

怖いっすか?
わはははは。いや、すぐになんでもなくなります。
ホラーって描けません(・・;
fateが怖がりなので。

榊と蟇目の正体はすぐに分かると思います。
なんだか、この世界は…
ああああ、余計なことは言わんでおきます~(^^;
#1492[2012/02/01 16:27]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←真紅の闇 (檻の中) 9    →業火 11