FC2ブログ

Stories of fate


永遠の刹那

永遠の刹那 (仕事裏表) 19

 その場にいたものの、私は二人が、特にもう一人の男が何をしているのかを正視は出来ず、ずっと下を向いたままで身動きひとつせずに、固まっていた。

 実際、顔をあげても二人の背中が見えるだけで、私の位置からは横たわる女性の姿も、もちろん男の手元もほとんど見えなかったのだが。

 かちゃかちゃいう器具の音と、時にワゴンの皿の上に金属が当たる音、そんなものが響いている。そして、二人の声がたまに聞こえる。

「もっと、・・・をあげて。」とか、「・・・の、部分が・・・」という感じに切れ切れで、ほとんど何を言っているかは分からなかったが。

 永遠のように感じる時間だった。どのくらい経ったのか、もう時間の経過そのものが分からなかった。
 空調の設備もそれほどしっかりしていないようで、ムッとした血の匂いが漂ってくる。何故か私は身体が震えてきた。怖いのではない。なんだろう?ものすごく強い悲しみを感じたのだ。

 やがて、聞こえていた音がしなくなって、空気が動いた気がした。

「大丈夫?」

 不意に静の手を肩に感じ、私は顔を上げた。

「終わったよ。」

 静はいつもの笑顔で微笑んだ。




 気がつくと、もう道具も全部片付け終わっていたようだ。
 私はふらふらと立ち上がる。
 白衣の男が見下ろす診療台に、先ほどの女性が横たわったままだ。眠っているのだろうか?

「じゃ。」

 と、短く言って、静は見送る男に手を上げる。

「ショックが強かったようだから、慰めてやりな。」

 男は私を見てにやりと笑う。
 カバンを抱えたまま、もう片方の手で静は私の肩を抱いた。
 車に荷物を積み込み、走り出してから、私は恐る恐る聞いてみた。

「・・・あの、何の手術を・・・?」
「堕胎手術だよ。」

 聞かなくても、どこかで答えを知っていた気がした。
 あの、濃厚な悲しみの気配。あれは、あの女性の、殺される子どもの思念だったのだろうか。

「あの、・・・鍼は何のために?」
「鍼麻酔って知ってる?」

 私は首を傾げる。

「鍼を打つことによって一種の痛みに対する麻痺状態を作るんだよ。それに寄って麻酔なしで手術をする。」
「痛みを感じなくなるんですか?」
「まったく感じない訳じゃないらしいけど。痛みは緩和されても触覚は残るらしいし。」
「・・・らしい?」
「俺は自分にやったことはない。気持ち悪いから。」

 良いのか?そんなんで・・・。

「あそこ、病院ですか?」

 静はちらりと私に視線を落とす。

「知りたい?」
「え・・・っ?・・・ええと・・・」

 ちょっとイヤな予感がして、私は躊躇った。

「あいつはね、吾妻征治って言ってね。ものすご~く腕の良い外科医だったんだけど、まぁ、いろいろあってね、医師免許を剥奪されているんだよ。つまり違法診療やってる。だから、ちゃんとした病院施設を使えなくて、俺の鍼麻酔に頼って手術をしなきゃならない。それでも、人づてに聞いて、彼の手術を受けたいって患者が後を絶たない。裏の世界ではそこそこ有名な医者だよ。免許を持ってはいないけど、あいつの腕は確かだからね。」

 私はあんぐり口を開けたまま静の横顔を見つめてしまった。

「・・・それ、真面目な話・・・ですか?」
「残念ながら、本当のことだよ。」
「それって・・・ヤバくないんですか?」
「ものすご~く、ヤバいよ。」

 にやりと静は私を見下ろす。

「だからね、天音ちゃん?外の人間に知られる訳にはいかない。従って、君はもう俺から逃げられないんだよ。」
「・・・。」

 ちょっと待て!
 そんなバカな・・・っ、冗談でしょう???

「大丈夫だよ、見つかって捕まるようなヘマはしない。だいたい患者はお金持ちのお偉いさんとかだから、相手だって表沙汰にしたくないんだ。まぁ、表沙汰に出来ないからあいつを頼ってくるんだしね。外に漏れたりはしないよ。君が、黙っていてくれればね、天音ちゃん。」

 はめられた・・・。
 そして、分かった。
 そうか、静の主な収入源は、こっちだったんだ。




関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (仕事裏表) 18    →永遠の刹那 (仕事裏表) 20
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[コメディ・恋愛

~ Comment ~


fateさん、ご無沙汰しておりました。
本日、退院いたしました。
お見舞いコメントありがとうございました。

また作品のほう少しずつ読ませていただきに来ますね。

しかし静もやり口きたねえ~。笑。
#328[2011/11/02 21:50]  ヒロハル  URL 

ヒロハルさま~!

ヒロハルさん、お元気に復活おめでとうございます!
皆さんにお礼訪問、お忙しいことと思います(^^)
無理せず、ゆっくりしてくだい!

> しかし静もやり口きたねえ~。笑。

↑↑↑ははは~。静は男性読者には常に敵視されております~

#330[2011/11/03 06:36]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (仕事裏表) 18    →永遠の刹那 (仕事裏表) 20