FC2ブログ

Stories of fate


永遠の刹那

永遠の刹那 (仕事裏表) 15

「おや、先生、やっと新しい人を入れたんだね。」

 入ってくる患者さんは常連さんが多いのか、けっこう気さくに声を掛けてくる。中年のおじさんや、おばさんも多いが、若い女性も多い。
 そして、男性の患者には静は必ず一言付け加えるのだ。

「そうだよ。天音ちゃんだよ、でも俺の奥さんなんだから、手を出さないでね。」
「ち・・・っ、違いますっ・・・まだ・・・っ」

 真っ赤になって否定すると、患者さんはのんびりと言う。

「まだ?ああ、近々ってこと?」

 更に墓穴を掘る。
 延々とそれをやられるので、途中からもう否定するのも疲れてしまった。別に患者さんにどう思われてたって良いや、と私は諦めモードに入ってしまったのだ。

「先生もやっと結婚されたのか。良かったね、若い奥さんもらえて。」

 静の言葉に、にこにこ笑顔を返されると、私も「・・・よろしくお願いします。」と微妙に引きつりながら笑顔を返すしかない。よく考えたら、患者さんに訴えたところで、どうしようもないのだ。

「届けを出さなくたって、事実婚状態だね。」

 昼休み、仕事よりも静の言葉に翻弄されてぐったりと疲れ切った私に、静は憎らしいほど満面の笑みでそんなことを言う。

「・・・もう、どうでも良いです。別に中年のおじさん方に独身だってアピールしたい訳じゃありませんし。」

 やけくそになって言うと、静は大笑いする。

「俺は、君を守ってるつもりなんだけどなぁ。」

 事務所の机の上で恨めしそうに彼を見上げる私に、静は言った。

「今、昼飯を買いに行ってくるけど、何が食べたい?」
「・・・おにぎりとか、何か軽いのを・・・。」
「じゃ、ちょっと待っててね。お茶でも淹れて待っててくれると有り難いな。」
「あ、お金は・・・」
「良いよ、昼飯代くらい。」

 静は白衣を着替えて出て行く。
 その外出の本当の理由を、私は大分後になって知るのだが、そのときはまったく何も考えてはいなかった。
 昼食を買いに行っただけにしてはちょっと遅いな・・・、と思い始めた頃、ようやく静は戻って来た。

「お茶、冷めちゃいましたよ。淹れ直します?」
「ああ、ごめん。良いよ。のど渇いて一気に飲みたかったし。」

 彼はスーパーの袋を抱えてにこにこ戻って来た。
 お昼休みは2時間あるので、それほど時間に切迫していないんだろう。

「はい、これ、天音ちゃんの分ね。それから、サラダも買ってきたし、酢豚もあるから一緒に食べよ。」
「・・・ありがとうございます。」

 診療室でも思ったが、彼は人のあしらいがうまい。いや、あしらいがうまい、というのとは違う。へらへらしてるけど、実は根底のところではものすごく真摯に相手と向き合っているのが分かる。それを気付かせまいとして、わざと軽口をたたいている感があった。相手に気を使わせないようにしているところが、会話を聞いていると伝わってくるのだ。

「先生は・・・実は人が好きなんですね。」

 思わずぽつりとそんなことを言うと、静は初めて本気で驚いた表情をした。その驚き方に、私の方がびっくりしてしまったくらいだ。

「・・・って、え???・・・何か・・・悪いこと、言いました?」

 目を丸くして完全に動きが止まった静の様子に私は固まってしまった。

「いや、ごめん。そんなことを言われたのは初めてでちょっと驚いただけ。」

 すぐに笑顔になって静はおにぎりの残りを口に放り込む。

「君、ぼうっとしているようで、何気に危ない子だね。」
「へっ???」
「ますます欲しくなった。」

 意味が分からん。危ない人間なのはそっちでしょ。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (結婚記念日) 14    →永遠の刹那 (仕事裏表) 16
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[コメディ・恋愛

~ Comment ~


なんだか

なんだかもう夫婦だという感じですね……w
この静の作戦を、今度ゆない。も使ってみようかと思……いかけましたが、思いませんでしたw
でも、こんな恋愛もしてみたいですね。多分無理ですがw
#303[2011/11/01 16:35]  ゆない。  URL 

Re: なんだか

ゆない。さん、コメントありがとうございます!

> なんだかもう夫婦だという感じですね……w

↑↑↑うわぉ? そうですか? けっこう職場の中ってそういう和気あいあい感がある気がして、気にせず描いてしまいましたが(・・;

> この静の作戦を、今度ゆない。も使ってみようかと思……いかけましたが、思いませんでしたw
> でも、こんな恋愛もしてみたいですね。多分無理ですがw

↑↑↑ゆない。さんなら、もっとマトモに良い恋愛が出来るでしょう!
今度、そういう報告も記事にしていただけると盛り上がりますよ~
…って女子大生と間違えてたfateが言ってもね(^^;
いや、その節はマジで失礼いたしました!
でも、最近の(小説以外の)ゆない。さんの記事でもう絶対間違えんわ(--;と思いました。
#307[2011/11/01 19:59]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (結婚記念日) 14    →永遠の刹那 (仕事裏表) 16