FC2ブログ

Stories of fate


永遠の刹那

永遠の刹那 (結婚記念日) 13

「天音ちゃん、起きてる?」

 扉を叩く音で、はっと目を開ける。まだ頭痛は残っていたが、意識は大分はっきりし、身体は少し楽になっていた。慌てて身体を起こし、返事をする。

「入って良い?」
「え?あ・・・はい。」

 私はベッドの中で答えた。
 扉を開けて、静が入ってくる。彼はもうしっかり着替えていて、ラフな格好ではあったが、すっきりした外出着だった。

「はい、これ。」

 と言って彼に手渡されたものは、下着からスカートなどの洋服一式だった。

「妹のだから、サイズはぴったりって訳にはいかないだろうけど、確か、似たような身長だったし。」
「あ・・・あの・・・私の服は・・・」
「ああ、洗濯中。」

 静は、近くにあった椅子を出してきて、それにゆっくりと腰を下ろす。
 せ・・・洗濯・・・?あのぅ・・・下着も?でしょうか・・・。
 いや、それよりも!

「あ・・・あの、昨夜は私・・・」
「うん、ワインボトルを2本空けた辺りからいろいろ怪しかったね。」

 かああっと赤面するのが分かる。
 そ・・・っ、そんなに飲みました?

 本当に、本気で記憶が吹っ飛んでいた。2本目のワインがまたおいしくて、つい、手が出てしまった・・・ところ辺りまでは覚えている。静が、つまみに、と言ってクラッカーなんかを出してくれたことも。
 そういえば、静がワインを飲む姿をあまり見ていないから、ほとんどは私が空けたってことかい?

「目の前で次々服を脱ぎだすから、さすがに初めはびっくりしたけど、どこまで脱ぐのかな、と思ってしばらく眺めてみたんだ。」
「・・・って、そんな・・・っ」
「さすがに、全部は脱がなかったけど。っていうか、段々、身体が言うこときかなくなってきたんだろ?」

 くすくすと楽しそうに話す彼を、私はマトモに見られない。
 きっと耳の付け根まで真っ赤になって俯いていた。

「途中で俺が部屋に連れてきたしね。残りは俺が脱がせて、それを着せただけ。」
「・・・。」

 あまりのことに、茫然とした。
 でも、身体にはどこも異変はないし・・・。

「さすがに、あそこまで泥酔されるとね。」

 にやっと静は笑う。
 醜態だ・・・。
 私は本気で恐縮した。そりゃ、そうだ。そんな泥酔状態の姿を見せられて、百年の恋も冷めるよね。

「・・・す・・・っ、すみません・・・」
「君、外であんまり飲まない方が良いね。」
「・・・はい・・・。」
「他の男には見せたくないしね。」
「は?」
「本当は昨日、約束通り抱いても良かったんだけど。」
「や・・・っ、約束?・・・なんてしてませんけどっ」

 大声を出して、頭に響き、私は額を押さえる。

「・・・いえ、とにかく、すみません。」

 静は声をあげて笑った。

「起きて食事する気分になったら、着替えておいで。」

 静はそう言って部屋を出て行った。
 はあ・・・と、ため息が出て来た。
 何、やってるんだろう?私・・・。
 どうしようもない自己嫌悪にますます頭痛がひどくなった気がした。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (結婚記念日) 12    →永遠の刹那 (結婚記念日) 14
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[コメディ・恋愛

~ Comment ~


静は……

静の飄々とした感じが楽しくもあり、またちょっと怖いですね。彼が隠しているなにかが、見え隠れしているような……。
相変わらず続きが気になりますね。

それと、いつもコメントありがとうございます!励みになります!
#292[2011/10/31 22:50]  ゆない。  URL 

Re: 静は……

ゆない。さん、コメントありがとうございます。
静は、ですから怪しいんだって~
身近には要らん、こういうやつは。危なくって(いろんな意味で)。
でも、お金持ちそうだからな~
何かの時には便利かも。
しばらく楽しんでくださいまし~(^^)
#298[2011/11/01 08:45]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (結婚記念日) 12    →永遠の刹那 (結婚記念日) 14