FC2ブログ

Stories of fate


業火 ~hellfire~(R-18)

業火 10

 尚も何かを言おうとした口を、再度ふさがれる。
 満たされたいんだろ?
 ・・・満たされたい。口の中も、子宮も・・・。

 その声に必死に抗いながら、葵は基の腕にしがみつく。ぴったりと隙間なく合わされた肌の熱を感じながら、違う、違う、と心で唱える。

 しかし、必死に抵抗を示す心を嘲笑うかのように、身体の奥は基を感じて身体の中の彼をきゅうっと抱きしめ、密着した熱い肌が震えるほど官能を想起させ、口の中いっぱいに満たされた彼の液に溺れそうになる。
 ひとつになっている。

 と、葵は頭ではなく身体で感じた。これ以上ないくらいひとつになっている。同じ血を分かち、同じ胎内で育まれ別々の肉体を持って生まれ出てきたふたつの身体が、今、溶け合うように繋がっている。身体の上下で繋がって円を描くように。

 その瞬間、基が何もしていないのに、葵はイッてしまった。不意に腕の中で痙攣し、中を締め付けた葵に気付き、基は唇を離して彼女の顔を覗き込む。

「イッちゃったの?」

 葵の恍惚の表情を見下ろして、くすりと基は笑う。

「可愛いね、葵。俺とひとつになれたことがそんなに嬉しいんだ。」

 本気で嬉しそうな基の言葉に、葵は反論する気力は残っていなかった。

「君のそんな表情、見ていいのは俺だけだよ、葵。君の身体を好きにして良いのも、君の心に棲んで良いのも。良いかい、葵。君は一生俺だけのものだ。」

 歌うような調子で、基は虚ろな表情の葵を目を細めて見つめる。ささやくような低い声。暗示のように舞い降りてくる基の言葉を、葵は必死に振り払おうと首を振る。

「もう、遅いよ、葵。」

 葵の必死の拒絶に、少し苛立って基は声のトーンを落とす。そして、ぐい、と更に身体の奥へ彼を押し付ける。

「ぅっ・・・」
「ほら、こんなに締め付けて、中は溶け切って、俺を欲しがってるよ。」
「ぁ、ぁ、ぁあああっ」

 中で小さく往復するだけで、葵は再度イキそうになる。背中を抱いたまま、基は彼女の胸の先端にしゃぶりつくように吸い上げた。

「う、ぁぁぁっ」

 びくん、と葵の背はのけ反り、基がゆっくり腰を動かす度にくちゅくちゅと繋がった部分から液が溢れ出して水音を立てている。その卑猥な音に葵の羞恥芯が刺激され、かあっと身体の奥が火照った。

「イッて良いよ、葵。」 

 葵の背中をしっかり抱きしめたまま、耳元で悪魔がささやく。

「何度もイッて、身体に刻み付けておきな。もう、俺なしじゃいられなくなるくらい。」

 くく、と基が笑う。葵の頭の中はもう白く霞み、思考は形を成さなかった。緩やかに、緩やかに、官能を押し上げられ、葵は大きく痙攣した。それを確かめると、基は不意に大きく腰を振りだし、自らも高みを求めて激しく動く。

「ぁ、ぁ、ぁ、ぁ、ぁ・・・」

 かすれた声が切なく響き、目を開けていても葵にはもう何も見えなかった。ただただ白い光に満たされ、それが絶え間なく繰り返され、最後に深い絶頂を味わい、身体の奥に燃えるような熱いものを感じた。

 私ヲ、壊シテ・・・。
 葵の身体が、言った。
 求めるものを手に入れるために、葵の身体は邪魔な‘ココロ’を排除しようとしていた。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 9    →真紅の闇 (檻の中) 6
*Edit TB(0) | CO(4)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[恋愛:エロス:官能小説

~ Comment ~


>これ以上ないくらいひとつになっている。同じ血を分かち、同じ胎内で育まれ別々の肉体を持って生まれ出てきたふたつの身体が、今、溶け合うように繋がっている。身体の上下で繋がって円を描くように。

ここ、凄く好きです
双子ものならではの禁忌
 
わたし、官能も好きですけど、背徳とか禁忌とか、そういうのにひかれるところがあって、
じぶんはけっこう平凡に生きてるんですが(笑)、
だからこそ、妙にそういうものに趣を感じたりします
 
また続き読みにきますね~!
#1568[2012/02/08 18:32]  磯崎愛  URL 

磯崎愛さまへ

磯崎愛さん、

そ…そんな…(^^;
なんか、よく分かりませんがこちらがうろたえそう~~

ははははは。
しかし、描いてるときの心理状態ってfateもこんな朝っぱらには思い出せん(--;
いつか、他作家さんにも突っ込まれたことがありましたが…

ですが、ありがとうございます。
そうなんですよ、双子っ
なんか、双子なんですねぇ。

> わたし、官能も好きですけど、背徳とか禁忌とか、そういうのにひかれるところがあって、
> じぶんはけっこう平凡に生きてるんですが(笑)、
> だからこそ、妙にそういうものに趣を感じたりします

↑↑↑な、なんとっ!
…でも、以前にもチラッとおっしゃってましたね。そのとき「ほええええええっ???」とかなりびっくりしましたが、狂気と背徳、これ一辺倒の世界をものすごく丁寧に読み説いてくださるんで、実はかなり感動しております。
で、こういう世界は、fateも実際、普通の心理状態のときにいは入り込めないんで、一般の方が普通にするする入って来られるものではないことも、嫌悪とか羞恥とかを抱くモノとは分かっております。
なので、本来は、磯崎さん等のように、ブログを分けて掲載すべきなんだと思う(というか、最近気付いた)のですが、別サイトではごく普通に一緒に発表していたので、分からなかったんです。
最近は警告を初ページに置くようになりましたが、知らずに入った方がイヤな思いをされるのは困るかなぁ、と反省するに至っているのですが…
ううむ、悩むところです。
肯定的に、純粋にこういう世界を楽しんでくださる方もいらっしゃる一方、警告してるんだから、読まないでくれるかい? ってこともあるんで、いろいろ難しいところです~。
#1573[2012/02/09 08:30]  fate  URL 

ふたご

双生児というものは、自分がそのかたわれでない限りは想像するしかない存在ですから、ひとりだけで生まれてきた人間にとっては、一種ファンタジックでもあるのですね。

今回は「姉と弟」というよりも「双生児」がキーワードなのかと、磯崎愛さんとfateさんのやりとりを読ませていただいて気づきました。

私も背徳ってものには惹かれます。
自分ではたぶん絶対に書けないから、よけいに、なのでしょうか。
#1981[2012/04/04 01:11]  あかね  URL 

Re: ふたご

あかねさん、

双子。はい、ふたご。
なんだか好きなんですよ。
恐らく、fateも双子なんだろう。(どおゆー意味じゃ(--;)

> 双生児というものは、自分がそのかたわれでない限りは想像するしかない存在ですから、ひとりだけで生まれてきた人間にとっては、一種ファンタジックでもあるのですね。

↑↑↑男女の双子ってのは普通の姉弟と実は遺伝的には変わらないけど、一卵性の双子って(万理夫と真佐人のように)実は一人の人間じゃないっすか。身体だけが分かれてしまったという。だから、二人揃っていて当たり前らしくって、昔観たテレビ番組で、生まれてすぐ引き離された双子のハナシがあったんです。二人とも、物ごころついた頃から、何故だか寂しくて仕方がなかった。何かが足りないとお互いにずっと思い続けて生きてきて、あるとき、偶然彼らは再会して、その訳を知る。そして、面白いのは、二人ともまったく別々の環境に生きてきたののに、似たような人生を送っていて、しかも、好みがまったく同じだったということ。二人とも四角い形の腕時計をしていることとか。
詳細は忘れましたが、双子の神秘を心に刻んだ瞬間だったかも知れません。

> 今回は「姉と弟」というよりも「双生児」がキーワードなのかと、磯崎愛さんとfateさんのやりとりを読ませていただいて気づきました。

↑↑↑はい、それ、キーワードかも。今後、「理由」が出てきます。

> 私も背徳ってものには惹かれます。
> 自分ではたぶん絶対に書けないから、よけいに、なのでしょうか。

↑↑↑う、そ…そうすか?
そういう部分、普通の人にもあるんかなぁ。
#1983[2012/04/04 08:38]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←業火 9    →真紅の闇 (檻の中) 6