FC2ブログ

Stories of fate


業火 ~hellfire~(R-18)

業火 6

 翌日、朝食の席で顔を合わせた基は、昨夜そんなことがあったなんて露ほども感じさせない普通の弟を演じて見せた。

 葵は、起き上がるときもやっとの状態で、しかも、破瓜の痛みにその朝は動くことも辛かった。身体の奥にずっと違和感があり、うまく歩けないような変な感じだった。

「どうしたの?葵?」

 母親が娘の様子に気付いて声を掛ける。

「・・・あ、ううん。なんでもない。・・・ちょっと寝違えたのかな。」

 葵は慌ててダイニングの椅子を引いて座る。由美は出かける予定があるらしく、そそくさと食事を済ませて席を立ち、いそいそと洗面所へ向かった。父親も日曜日以外は休みはない。すでにスーツ姿で食卓に就いている。
基が味噌汁をすする気配がしたが、葵はそちらを向く勇気はなかった。

「大丈夫?・・・由美は友達と出かけるらしいし、私も今日は仕事があるのよ。」

 心配そうに娘の顔を覗き込んだ母親に、葵は微笑んでみせる。

「大丈夫よ。調子が変だな、と思ったら適当に薬、飲んでおくから。」
「俺が面倒みてますよ。」

 不意に、基の声がして、葵はぎくり、と固まる。しかし、父親のご飯をよそっていた母親は葵の様子には気付かなかった。

「ああ、そうね。お願いするわ。」

 ほっとしたように母は息子を見て笑う。

「たのもしい弟がいて良かったわ。」



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (結婚記念日) 10    →業火 7
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[恋愛:エロス:官能小説

~ Comment ~


わ~い、双子だ双子だ!!
双子もの大好きです(って前も書いた気がしましたが、なんどでも言っちゃう)
 
これ、どうなるんだろ?
一年っていう期間があるけど
 
楽しみにまたきます!
#1449[2012/01/28 20:10]  磯崎愛  URL 

磯崎愛さまへ

磯崎愛さん、

ひゃあああああっ、これっ、これもヤバイですって!!
…と、うろたえるならなんで掲載してるのか?
ああああ、単なる貧乏症なんです、許してください(しくしく)…
(意味分かんね~)

なんでこれを描いたのか既に覚えておりませんが、ああ! 別サイトでやはり姉弟の相姦ものを描いていた作家さんがいて、「おおおおお! 相姦ものってこう描くのか!」とおもしろかったので真似しただけでした。
(やるなよ、そんなこと(--;)

ということで、試作品的に何にも意味ありません。単なる変態です(^^;
#1454[2012/01/29 08:45]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←永遠の刹那 (結婚記念日) 10    →業火 7