FC2ブログ

Stories of fate


紺碧の蒼

紺碧の蒼 (最後の仕事) 16

「・・・どうすれば、良いの?」
「手を・・・」

 彼は私に向かって手を差し出し、私は、最後の仕事を請け負った。
 二人は両手をしっかりとつないだ。円を作って。

 そして、ありったけの想いを込めて、私は彼の鎖を解き、彼の魂を見送る。しゃらん・・・と、最後に鎖の解ける音が響いた。天への道がすうっと光の帯となって現れる。

 もう、・・・逝ってしまう!
 私は彼の手をぎゅうっと握った。離したくなかった。

「また、会えるよね?」
「会えるよ。」
「約束よ。」
「ああ・・・約束さ。」

 蒼い目がすうっと細められる。

「ありがとう。」

 最後に、蒼は、そう言って微笑んだ。真っ白だった彼の顔に人間らしい色が戻り、髪の毛は黒々と輝いた。砕け落ちた鎖のカケラが、キラキラと金の粉となって空(くう)を舞う。

「蒼介っ」

 彼の手が私の手からすうっと抜けていく。

「蒼介・・・っ」

 叫ぶ私を見下ろし、彼は笑った。

「今度こそ、笑顔で送ってくれ。」

 私は、泣きながら精一杯の笑顔を彼に向け・・・、彼は、満足そうに消えていった。




 そして、私は、目を開けた。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←紺碧の蒼 (最後の仕事) 15    →紺碧の蒼 (エピローグ) 17
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[ファンタジー小説

~ Comment ~


プロローグから、すーっと引き込まれるように物語の世界へ入り込んでました。
「死」という切ない世界のなかでも、お互いを想いあう二人の心はあたたかでとても輝いていました。
感動をありがとうございます。

#183[2011/10/21 18:42]  こいぬのわるつ  URL 

こいぬのわるつさま

こちらこそ、ご訪問、ご感想ありがとうございました。
‘死’を語るのはなかなか厳しい作業ですが、どういう‘死’を迎えるかの死生観のようなものは、どう生きるか?という直接の課題となって返ってきます。
死後、こんな風に魂の行き場があるのなら、やはり綺麗に生き抜きたい、と。
そして、どこかでも言いましたが、‘復讐’の虚しさも同時に伝えたい。というより、復讐などする必要がないということを。
どうせ、人を殺した人間はこうやって裁かれるのだ。逃れることの出来ない『闇』に抱かれて。
だから、楽に生きて欲しい。
そういう願いで描いた世界でした。
fate自身への戒めも含めて。

なんか、真面目なことを語ってしまったわ~(^^;
ありがとうございました!
#185[2011/10/21 20:10]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←紺碧の蒼 (最後の仕事) 15    →紺碧の蒼 (エピローグ) 17