FC2ブログ

Stories of fate


業火 ~hellfire~(R-18)

業火 2

 二階にある3部屋を、3人の子ども達に使わせようと、それまで使っていた寝室を空けて、両親は一階の客間へ移った。階段を上って手前から由美、葵、そして廊下を挟んで向かい側の両親の使っていた部屋が当分の間、基が使うことになった。

「姉さん、俺のこと知ってた?」

 夕食を終えて部屋に戻るとき、階段の途中で基は振り返って葵を見下ろした。それでなくても背の高い基を、葵は思い切り見上げて小さく首を振る。葵の母は、今回のことがなければ、きっと彼女に実は双子の弟がいるのだとすら、話す気はなかったのではないだろうか。

 それは、母親が隠していた、というよりは、話す機会がなかったからという感じで、今回、基をしばらく預かることになった、という事態になって、突然、打ちあけられた話だった。

 由美は夕飯の後片付けを手伝って階下に残っていて、受験生の二人は先に部屋に戻って来たのだ。

「そうなんだ。・・・俺はずっと知ってたよ。会えるのをずっと楽しみにしていた、・・・ずっとね。」

 階段を上りきって、基はにこりと姉を見下ろす。

「会いたかったよ、姉さん。」
「・・・あ、そ・・・そう・・・なの?」

 葵は弟に間近でじっと見つめられ、思わずどぎまぎして視線を泳がせた。いくら弟だと言われても、引き離されたのが生まれてほんの数ヶ月の頃だったそうだから、二人にお互いの記憶などないはずだった。何故、基は自分を知っているのだろう?

「君の・・・って、ああ、そうか。俺の母でもあるんだよね。お母さんがずっと君の写真を送り続けてくれていたからね。父親ってのはそういうことをマメにしないから、きっと君の方では俺の写真なんてほとんどないんだろう。俺は、ずっと姉さんの成長を見つめてきたよ。小学校の入学、卒業、中学校の入学、高校入学。」

 基は、俯いたままの姉の顎にくい、と指を掛けて上を向かせる。

「これは、俺の女だって、決めてた。」
「・・・え???」

 なんだか恥ずかしくて顔を上げられずにいた葵は、弟の言動に、一瞬、頭が真っ白になった。

「な・・・?」

 何、言ってるの?と言おうとした途端、不意に唇をふさがれた。

「んっ、んん・・・っ」

 驚いて暴れると、基はすぐに彼女を離した。

「なっ・・・何、するのっ?」

 真っ赤になってうろたえる姉をくすりと見下ろし、基はからかうような口調で言った。

「姉さん、もしかして、キスもまだ未経験?じゃ、まだ処女なの?」
「な・・・ななな、何言うのよっ」
「じゃ、俺が一から教えてやるから、今夜、俺の部屋においで?」

 軽い口調で、基はにやりと微笑む。

「バカなこと、言わないでっ」

 冗談だろうとは思っても、葵は頬の熱がますます上がって声が上擦ってしまう。その様子を見下ろして基はくすくす笑いながら自室の扉を開けて消えていった。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 1    →業火 3
*Edit TB(0) | CO(4)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[恋愛:エロス:官能小説

~ Comment ~


よいお年を~

ってこの小説でいうか(笑)
#1169[2011/12/31 23:33]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

ヒロハルさまへ

ヒロハルさん、

年末にこちらにいらしたんですな…
年越しでこの世界…(--;

いや、もう明けましたが。
ご無事でしょうか。
#1179[2012/01/01 23:39]  fate  URL 

前置きが怖いので

マジでおススメしません!! と宣言されておられますので、どきどきしながら入ってきました。

そうか、そう来るか、そうなのかー、という展開で、ちょっと怖いですが、読ませていただきますね。

fateさんはまだ、体調がよろしくないのですよね。
お大事にして下さいませ。
#1970[2012/03/31 00:42]  あかね  URL 

Re: 前置きが怖いので

あかねさん、

ああ、これ。
ちょっと加筆したいのに、まだしてません(^^;
でも、大筋は変わらないっすけど…

> マジでおススメしません!! と宣言されておられますので、どきどきしながら入ってきました。

↑↑↑ええとぉ。
これ、男性には特にお勧めしません。
でも、あかねさんなら、何これ~! とおっしゃりながらも読破してくださりそうな気が…(^^;
だけど、これは正直、姉弟の相姦モノを描いていた作家さんがいらして、へぇ…と思ったので、マネしただけで、何も意味もありませんでした。

> fateさんはまだ、体調がよろしくないのですよね。
> お大事にして下さいませ。

↑↑↑うう、なんというか。
描くのは良いのですが、文章を読むためにじっと画面を目で追うのが今ツライのです。
眩暈っていうか、これ、地震の影響もありますな。最近、またやたらと多くて、来る前に「ああ、また揺れるな」ってのが分かるようにすらなってしまった。
だけど、たまに本当に揺れているのか、眩暈なのか分からないこともあったりして。
良性発作性頭位眩暈症ってのは、ナデシコの選手で騒がれる前からfateの持病としてあったのですが、それが地震波の影響で酷くなっているのかも。
あああ、もう余震は要らんっつ~の(--;
年度が明けて少ししたら、華麗に復活したいと目論んでます。
ご心配いただきありがとうございます!
#1971[2012/03/31 09:19]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←業火 1    →業火 3