FC2ブログ

Stories of fate


Horizon(R-18)

Horizon (コロシの依頼) 31

「・・・子どもが出来たら、どうするの?」

 真夜中近く、信長がベッドに入ってきた気配を感じて、ふと私は言った。あれから、しばらく私は意識不明の状態だったが、信長は起き出してお酒を飲んできたらしかった。

 彼の姿を夢の中のように見ながら、大分ぼんやりした後、私は不意に正気に返ったのだ。
 ここ最近、まったく避妊をしていない彼に、私は最近考えていた疑問をぶつけてみる。
 彼は私の顔を一瞬見つめて、起きてたの?と言う。

「今、・・・目が覚めた。」
「赤ん坊が出来たって?」

 別に驚いた様子もなく、彼は言う。

「違うけど・・・」
「じゃ、今考えることじゃないだろ。」

 私は怪訝に思って聞く。

「出来ても・・・良いの?」
「縁が深ければいずれ出来るだろ。」
「縁?」

 どう考えても、突っ込むところはそこじゃないはずなのに、私は信長の口から出るあまりに意外な言葉に、思わず、そこに食いつく。

「そうだよ。」

 信長は私の顔を覗き込んで、不意に唇をふさいだ。

「だ・・・だって、そうじゃなくて、どうすんの?」

 私は彼のお酒くさい顔を押し戻して一気に叫ぶ。

「何を?」

 ぺろりと唇を舐めてやつはにやりとする。

「身篭ったら、生んで育ててもらうよ、当然。」
「・・・私に?」
「他に誰がいるのさ。」
「でっ・・・でも、私は・・・」

 私は単にお金で買われた女で、奥さんでも恋人でもなくて・・・しかも、親の顔も知らない捨て子で、信長の家に釣り合うような何もないよ?

 そして何より。
 親の愛を知らない私が、信長の子どもを、マトモに育てられるのか分からなかった。もしかして、愛せなくて虐待してしまったり・・・。育て方が分からなくて、病気にさせてしまったりするかもしれない。

 そういうことを口に出して言ったわけじゃないのに、信長は、まるで聞こえていたように、ふふん、と笑う。

「俺の子だ。ちゃんと育ててもらうよ。」

 あんまり頭が働かなくて、私はそのとき、うまく反応できずにぼんやりと彼を見上げた。信長は私の顎をくい、と指で持ち上げて、分かった?と覗き込む。

「・・・はい。」

 反射的に私は頷いた。理解したのではない。
 信長は私の頬を撫でてベッドに潜り込み、いつものように私の腰に腕をまわして抱き寄せる。

「お前、もう少し身体鍛えないとダメだな。」
「な・・・なんで?」
「それに、この辺にもう少し肉をつけないと。」

 ぐい、と胸を掴まれて、ひゃあっ、と私は声を上げる。

「まあ、ゆっくり鍛えてやるよ。」

 言いながら、信長は私の前髪をかき上げてそのまま髪の毛を鷲摑みすると、有無を言わさず舌を絡めてくる。

「んっ・・・ふぅ・・・っ」

 何を意図してそんな風に言われるのか、さっぱり分からない。
 考えようとしても、この状況では、ほぼ無理だ。
 もう、頭の芯が甘く痺れてくる。信長の手はただしっかりと私の背中を抱いて、髪を撫でる。

 あれ・・・?
 と、私は何かを思い出しそうになった。
 この感じ・・・?
 そして、官能に溺れる前の一瞬、思い出したのだ。
 ああ、そうだった・・・と。



 それがいつ頃から本性を表したんだっけ?
 闇に堕ちる寸前、そう考えたのが最後だった。
 



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←Horizon (コロシの依頼) 30    →Horizon (逃亡ゲーム2) 32
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


おひさしぶりですー
今日はようやくお休みになったのでお邪魔しに来ました
なんかまたちょっといい気分の処で
 
前回の告白もきょうれつでしたが、
今回もまた、やけにまあ、みたいな
 
fateさんの女の子はやっぱりすごくいい子で、とても可愛いなあ
男のひとは、ちょっとお相手するの大変そうだけど、ははは
(ちょっとなのか謎ですがでも、fateさんのかく、こういう女の子なら負けないだろうなと)
 
こども、
そしてこどもをそだてるっていうのはfateさんの作品では重要事項ですよね
 
今後またどうなるか楽しみです
また遊びにきますねーv
 



 
#2056[2012/04/25 15:56]  磯崎愛  URL 

磯崎愛さまへ

磯崎愛さん、

こちらこそ、実はご無沙汰っぽです。
珍しく、こちらもいろいろと疲労困憊しておりまして。
…と申しましても、単に身体が疲れているだけで、精神的にはたいしたことないっていうか。ハイ。
要するに、時間が取れないだけです。
そのうち、復活します~
 
> 前回の告白もきょうれつでしたが、
> 今回もまた、やけにまあ、みたいな

↑↑↑わはははは~(^^;
もう、笑うしかない。
 
> fateさんの女の子はやっぱりすごくいい子で、とても可愛いなあ
> 男のひとは、ちょっとお相手するの大変そうだけど、ははは
> (ちょっとなのか謎ですがでも、fateさんのかく、こういう女の子なら負けないだろうなと)

↑↑↑おお、いつも驚かされます。磯崎さんの視点に。
だいたい、こういう場合、男性の方に目が行って、なんだこいつ、みたいな感じになるのですが、…そうかそうかそうか。
‘女の子’という生き物の理想を模索しているんだろうな、fateはきっと。
だいたい、女の子って生き物は2種類くらいしかいないけど。
鴻子タイプと羽那ちゃんタイプ。
『花籠』の奈緒ちゃんはその中間くらいんだろうか。
 
> こども、
> そしてこどもをそだてるっていうのはfateさんの作品では重要事項ですよね

↑↑↑そうなんすよ、気が付いたら。
なんか、そういうコトに‘カルマ’でもあるんじゃないかと思うくらい。
何か、神様との契約事項があるのかも知れん。
 
> 今後またどうなるか楽しみです
> また遊びにきますねーv

↑↑↑はい、お待ちしております~(^^)
こちらからも時間が出来たら、お邪魔いたします!!
#2058[2012/04/26 07:45]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←Horizon (コロシの依頼) 30    →Horizon (逃亡ゲーム2) 32