FC2ブログ

Stories of fate


Horizon(R-18)

Horizon (外出) 14

 イタリア料理に中国茶なんて、変な組み合わせ、とか思って、熱いそれをちびちび飲んでいると、信長が不意にバスルームから現れ、私の格好をみて、一瞬呆れた顔をした。

「お前、誰かが訪ねてきたりしたらどうするんだ?」
「・・・誰か来るの?」
「いや、・・・もう良いよ。」

 屋敷内では私にほとんど服を着せないくせに、ここでは気になるのか。

 それは、結局、他の人間には見せるなってことだなぁ、と私はぼんやりと思う。そこで、ちらりと何かが脳裏をかすめたが、私はそれを敢えて無視した。

 信長は、バスローブの前をしっかり閉じずにただ羽織っただけの格好で、やはりカップにそのお茶を少し注いで飲み始める。それを横目でちょっと眺めて、飲み終わった私は寝室へ行って、パジャマを探した。

 ベッドの上に置いてあったそれを身につけようとしていると、不意に背後から信長の手がそれを取り上げる。

「今さらもう良いって。」

 そして、そのまま私の身体を抱え上げてベッドの上にひょい、という感じで投げる。

「ひゃあぁっ・・・ピザが逆流してきたらどうすんのっ」
「もう、大丈夫だろ?大分動けるようになったみたいだし。」

 お茶が効いたとは思わなかったが、時間が経ったせいか、確かにずいぶん楽にはなっていた。見てないようで、けっこう気をつけているんだな、とちょっと怖くなる。

 そんなことを考えている間に信長はもう私の上に覆いかぶさっていて、私は言葉を発する間もなく抵抗を封じられた。髪の毛を掴まれて、動けないより、痛い。逃げないから離して、と言おうにも口はふさがれていて、発声は意味を成さない呻き声にしかならない。

 しかも、彼の腕の下でもがいていると、まだやっぱり苦しくて途端に具合が悪くなる。
 私は、もう諦めて、彼の成すがままに従った。

「なんだ、もう諦めたのか?」

 つまらなそうに信長は私を見下ろす。

「・・・お腹が苦しい。」
「なんで、そんなに食べたのさ。」

 呆れる彼を睨みつけた。

「自分が食べさせたんじゃない。」
「別に俺がお前の口を開けて無理やり食べさせたわけじゃない。お前が自分で勝手に食べたんだろ。」
「・・・それはそうだけど・・・。」

 なんだか、もうどうでも良くなって、私はため息をついた。

「じゃあ、少し運動しろ。」

 信長はそう言って、私をぐい、と抱え上げ、自分がベッドに仰向けに横になる。そして、私を騎乗位にさせて、まだすっかり濡れてない中に、ゆっくりと突き上げてくる。

「んんんっ・・・いやぁっ、痛い・・・っ」

 しかし、それも一瞬のこと。すぐに熱い液が溢れ出し、ずぶずぶと奥まで到達する。足の力を抜くと子宮の入り口に突き刺さる熱い痛みを感じて、私は慌てて腰を浮かす。

「しっかり動け、鴻子。食後の運動にちょうど良いだろ。」

 そんなことを言われても、私はあまりこれは得意ではない。彼の上にすっかりしゃがみ込んで、何度か腰を浮かすが、動きがぎこちな過ぎるようで、大抵いつでも信長には不評だ。結局、彼の手でお尻を抱えられて、すとん、と落とされることを繰り返すだけで、私はもうイキそうになってしまう。

「いやあっ・・・ダメぇ!」

 ぐい、と腰を引かれて彼が身体の奥に突き刺さり、私は半べそで悲鳴をあげる。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←Horizon (外出) 13    →Horizon (外出) 15
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←Horizon (外出) 13    →Horizon (外出) 15