FC2ブログ

Stories of fate


Horizon(R-18)

Horizon (逃亡ゲーム) 1

「逃げたいのか?」

 と、信長はにやにやと聞く。戦国武将の名前を付けるって、こいつの親ってどうよ?しかも、本人(?)の顔は知らないけど、性格は思い切り名前の通り、激しくて辛らつで高慢だ。

 いや、性格だって、私は当の歴史上の人物のことはよく知らないのだが。

「・・・別に。」

 縛られていて、逃げられるわけないし。
 私は、ぷいとそっぽを向く。

 その部屋の端にある丸い柱に、私は後ろ手に縛られた状態で、大理石調の冷たい床の上にぺたんと座ったままだ。上着もブラウスもとっくに剥ぎ取られていて、スカートも半分捲り上げられ、ほぼ下着だけの格好だ。冷えた日本酒のグラスを手にして、まるで酒の肴か何かみたいに私の身体を弄んでいたくせに、途中でやつはそんなことを言い出す。

「良いよ。逃げてみな。そうだな、一時間やるよ。それで逃げ切れたら俺はもう追わないよ。お前は自由だ。」

 絶対に無理なことを提示して私をいたぶる。ほんっとに性格悪い。どういう育て方をしたら、こんな人間が出来上がるの?

 縛っていた縄をほどき始めた信長は、なかなかうまくほどけなくて、途中で苛立って、結局ナイフを使って、やっと外した。

 桐生信長。こいつは私の所有者だ。そして、・・・もう、金額すら定かではない。私をお金で買った人間であり、私はこいつの所有物に過ぎないのだ。

 という表現はちょっと適切ではない・・・かもしれない。
 私は彼に助けてもらった形なんだから。



 
 私は親の顔も知らない。
 家族というものも知らない。

 中学校を辛うじて卒業した私は、高校も中途半端で退学してしまい、職業訓練校みたいなところに半年通ったが、それも続かなくって、もう、学業からは卒業させていただいた。それで、施設も居辛くなって逃げ出してしまった。先生方は辛抱強く私にいろんな道を提示してくれたけど、私の中のゆがみやひずみは、もうどうしようもないところにまできていたんだろう。

 そして、もう決められた暮らし、単調で退屈な毎日に突如として絶望してしまったのだ。

 お金も頼る当てもない私はあっという間に闇の世界のお世話になってしまった。平たく言えば、ヤクザに捕まって売り飛ばされそうになったのだ。

 そこで、何の気まぐれか・・・この、信長に拾われた。

 そんなところで私を見つけるくらいだから、こいつだって、マトモな種類の人間ではないだろう。だいたい、どう見てもまだ10代後半から20代前半・・・?って年にしか見えないのに、何とかっていう有名な会社の重役だという。

 私は自分の正確な誕生日も知らない。保護されたのが4月だったから、4月生まれになっている。高校へ一年間、翌年は職業訓練だとかいろいろふらふらした挙句、半年前に信長に出会った。だから、この4月で私は18歳になっていた。

 名前は先生と市長が相談して付けてくれたことになっている。

 『第57条 棄児を発見した者又は棄児発見の申告を受けた警察官は、24時間以内にその旨を市町村長に申し出なければならない。
2 前項の申出があつたときは、市町村長は、氏名をつけ、本籍を定め、且つ、附属品、発見の場所、年月日時その他の状況並びに氏名、男女の別、出生の推定年月日及び本籍を調書に記載しなければならない。その調書は、これを届書とみなす。』

 と民法戸籍法にあるそうだ。

 成島鴻子というのがそのとき与えられた名前だ。こっちは完全に名前負けっぽい気がしないでもないが、そもそも鴻の字が何を意味するかもあまり興味ない。鳥偏だから、鳥の種類なんだろう。

 と、いうことで、一度聞いたがゼロが多くて覚えられないくらいの金額で、信長は私を買い取ってくれたのだ。

 あのままだったら、ポルノ映画の女優とか、娼婦まがいのことをさせられて一生終わっていた・・・と恩着せがましく言われたことがあったが、今の状況だって、実はたいして変わってないじゃない、と一度言ったことがある。信長は怒るかと思いきや、その通りだね、と豪快に笑いやがった。憎たらしいやつ!

 だけど、あのままあの世界に捕らわれていたら、信長の言葉よりも、本当はもっと悲惨なことになっていたことだけは分かる。

 捕まってから一週間ほど、私は、本当に死んだ方がマシだという思いをした。

 それがもっと時間が経っていれば、もう、それすら曖昧になるほど、すべてを諦めて、狂うのを待つだけだっただろう。

 他にも何人かいた少女たちの姿を見て、私はそれを正確に知った。



 
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←Horizon (あらすじ)     →Horizon (逃亡ゲーム) 2
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#2013[2012/04/13 22:37]     

ポール・ブリッツさまへ

ポール・ブリッツさん、

鍵コメでご指摘ありがとうございました。
実は、使い方、ほんとによく分かっておりません(^^;
一応、お教えいただいたようにやってみたつもりですが…
また何か気が付いたことがございましたら、ご指摘及びご指導いただきたく思います。
で、今回の結果も、「ダメじゃん!」でしたら(^^;
再度、試してみます。
よろしくです~

#2019[2012/04/14 19:31]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←Horizon (あらすじ)     →Horizon (逃亡ゲーム) 2