FC2ブログ

Stories of fate


月の軌跡(R-18)

月の軌跡 (覚醒) 42

 極限まで落ちた身体の機能と、体力、筋力。
 澪のリハビリは辛いものだった。
 言葉を発することすらきつい時期を経て、それでも、澪はどんどん回復していく。




 父、相良が複雑な表情で柊と顔を合わせ、お互い言葉も交わさず、軽く会釈をして別れた場面をぼんやりと見つめていた澪は、それだけでだいたいの事情を察した。

 そして、夫だった男と縁が切れたことを母から告げられ、彼女はほっと息をついた。
 これ以上、いろんな人を巻き込むことは、もうイヤだった。
 ただ、彼女は自分に世界への扉を開いてくれた柊と生きてみたかっただけだ。しかし、今の自分では、忙しい彼の仕事の負担になってしまうだけだ、と澪は悲しく思う。

 恐らく、もう、子どもは作れないだろうと医者の言葉が浅い眠りの中で聞こえていた。
 それでは・・・、と澪は思った。
 自分が、彼のためにしてあげられることが、もう何もないのでは・・・?と。

「澪ちゃん、君が目覚めたとき、俺は決めた。」

 澪の心の内を見透かしたように、ある日、柊は言った。まだまだ体力がなくて、澪がほとんど動けなかったときだった。仕事の合い間をみて、夕方遅くに彼女を訪ねた嵐の夜だった。

 その日、澪は、あまり食欲がわかず、病院の食事もろくに食べられず、彼がいつも差し入れてくれる生ジュースも一口程度しか進まなかった。

 澪がどこかふさぎ込んでいる様子に、柊は、ベッドの傍らの椅子に腰を下ろしたまま、彼女の細い手を取った。

「君が、俺の声を聞いてくれたと信じている。約束を忘れずにいてくれたんだと。だから、俺はその約束を一生かけて果たしていく。・・・そばにいて、欲しい。俺は、もう君を手放さない。」

 何かを言おうと口を開きかけ、澪は声にならずに、ただ一粒の涙を零した。

 それが、悲しみや諦めの涙ではないことは、その、彼を見つめる瞳の熱さで分かる。だけど、澪は、頷くことが出来ずにいた。

「待つことは、もう、やめた。出来ることから始めれば良いよ。今、出来ることだけで良い。無理することはないし、頑張る必要もない。・・・もう、君は、今、生きているだけでこれ以上ないくらい頑張っている。」

 柊は、微笑む。
 澪は、目を見開いて一生懸命、彼の顔を見つめた。

‘今生きているだけで、これ以上ないくらい頑張っている・・・’

 それは、澪自身が意識せずとも、一番、切なく辛く感じている現実だった。

 目覚めているだけでだるくて、食事も会話も身体を動かそうとすることも、何もかもが辛い強制労働のように彼女の気力を削ぎ取っていく。

 そんな中、誰もが彼女の回復を望み、一刻も早く元気になってくれることを祈っている。それは十字架のように重い期待だった。

 一番、それを望んでいるのが柊だろうと、澪は思っていたし、そのためにどんなに辛くとも頑張るしかないと覚悟を決めてもいた。

 それは、嬉しいことであると同時に、重く苦しく、いつか潰れてしまうのではないかという恐怖との戦いでもあった。

 それを、柊は今、事も無げに澪の心から取り払ってくれた。
 彼のその大きさに澪は胸がいっぱいになったのだ。
 何も言えずに、ただ涙を零す澪の頭をそっと優しく抱き寄せて、柊はその髪に口づけた。

「一緒に生きてみようか、澪ちゃん。」

 澪は、彼の胸で小さく何度も頷いた。




関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←月の軌跡 (覚醒) 41    →月の軌跡 (覚醒) 43
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←月の軌跡 (覚醒) 41    →月の軌跡 (覚醒) 43