FC2ブログ

Stories of fate


ローズガーデン(R-18)

ローズガーデン (それぞれの日常) 19

 4月。
 当然の如く、目指す大学に進学し、万理男は日常を取り戻していた。

 それでも優奈が去ってしばらく、彼自身が予想した通り、その‘不在’に慣れるのには時間を要した。疲れて帰宅すると、飛びつくように喜んで迎えてくれる女の子。振り返ると、いつでもぱっと嬉しそうに瞳を輝かせる子犬のような存在の。

 いや、誰かに心が震えるように必要とされることを、その喜びを、安堵感を、万理男は初めて体験したのだ。自分の存在を喜んでくれる。その意味の大きさを。

 二人では狭かったベッドも、一人だとやけに広く感じ、いつも腕に感じていた柔らかいそのぬくもりを、彼の身体が求めているのが分かった。

 失って初めて分かる。その存在の大きさ。
 でも、これで良かったんだと万理男は思う。

 あの子はやっと両親のもとへ、マトモな世界へ帰還したのだから、と。家に帰れば狂った状況が生み出した‘錯覚’も、きっと薄れて消えていくだろう、と。

 子どもをどうするか・・・。それは、優奈と両親が決めるだろう。
 22週までは、堕胎出来るという。
 まだ、彼女は18歳。成人してすらいないのだ。

 真佐人の思惑がどこにあって、彼がどんな結果を望んでいたのか定かではないが、真佐人が動かないということは、彼の目的は達成されたのだろう。

 もう、忘れよう、と万理男は思う。




 双子の両親が一時帰国をし、それに伴って開催される恒例の企業同士の情報交換的な集まり、新年度に催されるパーティに、今年からは双子も出席する。その会合は、会を重ねる毎に、ある種お見合いパーティの様相を呈してきていた。双子の両親も、後継者として二人のお披露目をするのと同時に、そろそろ子ども達の相手をと、そういうことも考慮に入れているのだろう。

 その頃、真佐人は、再度、一人で動き回っていた。

 彼は、高校を卒業して大学へは進学せずに、割の良い単発のアルバイトをいくつか掛け持ちしながらとにかくお金を貯めていた。そして、いつの間にかあちこちの世界に顔が利くようになっていたのだ。

 自由に生きて楽しそうな真佐人をときに羨ましい思いで見つめることがあっても、万理男は、そういう先の見えない生き方は性に合わないな、と感じる。同じ遺伝子を持つはずの双子だったが、微妙に道は分かれたようだ。

「マリ、パーティには出るだろ?」

 その週の中ごろになって、真佐人は弟の部屋を突然訪ねて聞く。

「ああ、そのつもり。兄さんも出るんだろ?」
「出るよ。いろいろやることもあるし。顔を売っとくには良い機会だしね。」
「これ以上、どこに売るのさ?」

 あちこちで、真佐人と間違えられて声を掛けられている万理男は苦笑する。

「まっとうな世界にも知り合いがいないと、何かのときに利用できないだろ?」
「俺だって、名乗れば良いじゃない?」
「その手はとっくに使ってるよ。でも、相手に関する情報もさることながら、お前の知り合いを把握しておかないと、知り合い顔されて近づかれたときに、まったく分からないじゃマズイだろ。」

 万理男は笑った。

「あとで、リストを顔写真入りで作ってあげるよ。」

 万理男は、あれ以来、まったく優奈のことは話題にしなかった。人間関係に淡白な万理男だから当然かも知れない、などとは真佐人は思わない。むしろ、想いが残っているから口に出せないのだと彼には分かっていた。それは、実際、万理男にとっても予定外、予想外のことだった。

「優奈は、どうしてるかな。」

 真佐人は呟くように口にする。
 ぴくり、と真佐人の肩が反応するのが分かった。

「・・・うん、元気でいるんじゃないかな。」

 優奈って誰だっけ?と普段の万理男だったら、言い出しそうなタイミングだったのに、彼は間髪入れずにそう答えた。

「会いたいかい?」
「・・・どうして?」

 机のパソコンに向かっていた万理男は怪訝そうに振り返った。真佐人は何も答えない。ただ、黙って弟の顔を見つめていた。

「そうだね、元気でいる姿を見てみたい気はするね。」

 万理男は微笑んで、そして、再びパソコン画面に視線を戻した。

「でも、優奈ちゃんが、もう俺たちには会いたくはないだろう。」

 真佐人はそれには何の反応も示さずに、そのまま部屋を出て行った。




関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ローズガーデン (帰宅) 18    →ローズガーデン (それぞれの日常) 20
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ローズガーデン (帰宅) 18    →ローズガーデン (それぞれの日常) 20