FC2ブログ

Stories of fate


ローズガーデン(R-18)

ローズガーデン (狂気の行方) 17

「ああ、そうだな。」

 真佐人はあっさりと肯定する。

「そろそろ家に帰すか。約束だったしね。」
「どうやって、家まで送るんだい?」
「タクシーで、あいつの家の近くまで乗せて行くよ。あとは自分で帰れるだろう。」
「・・・いつ?」
「そうだな、明日にでも。」
「・・・じゃあ、俺が学校に行っている間に連れ出してくれる?」
「去っていくところを見たくない?」

 万理男は頷いた。

「やっぱりちょっとは寂しいね。‘不在’に慣れるのには時間がかかりそうだ。」
「分かった。」

 真佐人は笑いもせずに頷いた。

「お前、登校する前に、あいつに外出用の服を着せておいてくれるかい?」
「・・・そうだね。なんだか、騙すみたいでちょっと気は重いけど。」

 翌朝、万理男は、優奈に彼がクリスマスに買ってあげた服を着るように言った。優奈は、それを聞いてぱっと嬉しそうな表情をした。また、万理男と外出できるのだと思ったらしい。その無邪気にかがやく笑顔に、万理男の胸は痛んだ。

「・・・優奈ちゃん、俺は学校に顔を出してくるけど・・・」

 あとは、兄が・・・と言い掛けて、万理男は言葉が続かなくなる。

 どうして、この子は、こんな風に無理矢理その軌跡を歪められなければならなかったのか。確かに兄には何か考えがあったのだろう。この子も素性もなんとなくは分かる。だけど、誰も他人の人生に勝手に介入し、相手の自由を奪ってその思考さえ縛る権利なんてなかったのだ。

 万理男は、言葉に詰まり、優奈の身体をそっと抱き寄せて優しく抱きしめた。

「・・・マリ・・・?」

 いつもと違う彼の様子に、優奈は不意に不安になった。

「いや・・・、マリ、捨てないで。」
「違うよ、優奈ちゃん。」

 身体を離して万理男は微笑む。
 捨てられるのは俺の方だ。

「じゃ、行ってくるから。」

 そう言って、ふっと離れていく万理男の瞳の色に、優奈は敏感に反応する。

「いや!マリっ・・・行かないで!」

 必死に追いすがる優奈に、最後に気丈な笑顔を見せて、万理男は言う。

「俺の勉強の邪魔はしないこと。そうだろ?」
「・・・っ」

 一瞬、動きが止まった優奈を見つめ、万理男は部屋を出て行った。




 そして、帰宅した万理男は、優奈が彼女の本来の世界に戻ったことを知る。

「おかえりなさい。」
 と飛びついてくる優奈の幻が霧散して消え、その喪失感に生まれて初めてぎゅっと胸を引き絞られるような痛みを感じた。

「聞きたいかい?どうやって帰ったか?」

 真佐人はやや茫然としている弟の後ろ姿を眺めながら、戸口に背をあずけて立った。

「・・・いや。良いよ。無事に帰ったんだね?」
「ああ。家に入っていくところまで確認した。」
「分かった。」

 万理男は振り返って微笑んだ。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ローズガーデン (狂気の行方) 16    →ローズガーデン (帰宅) 18
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


錯覚の恋?

♪あのひとの微笑み、優しさだけだと
知っていたのに、それだけでいいはずなのに
愛を求めた片想い。

私はこうやって歌詞にたとえて妄想するクセがあるのですけど、そんな感じの恋は、書いたこともあります。

優奈ちゃんの気持ちはそんなふうなのでしょうけど、
万理男くんの心は? 真佐人くんはいかに?

「野獣のような双生児」との記述を読んで、私んとこの野獣のような双生児(野生児の本橋栄太郎と敬一郎)とはえらいちがいなのに、同じようなフレーズが使えるのだなぁ、と妙に感心してしまいました。
#572[2011/11/18 12:42]  あかね  URL 

Re: 錯覚の恋?

あかねさん、素敵な歌詞付きのコメントありがとうございます。
錯覚。
まぁ、fate world の‘恋’は錯覚ばっかりですな。
恋自体が錯覚かも、と思わなくも…(^^;

万理男はねぇ、まだ彼自身が自分の心をよく分かってないんです。
それでも、感情を表に出さないから、このままの状態だと、いろいろ精神的にマズイだろうね。

野獣かい~(^^;
笑うしかないな。誰が悪いって? 誰だろう?

#577[2011/11/18 14:11]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ローズガーデン (狂気の行方) 16    →ローズガーデン (帰宅) 18