FC2ブログ

Stories of fate


月の軌跡(R-18)

月の軌跡 (鳥かごの小鳥) 35

 次第に夕闇が辺りを包み込み、二人のシルエットも曖昧にしていく。
 そのまま、固く抱きしめあった二人は、離れることに怯えるように、夕闇にただ溶けていた。

「連れて行って・・・。」

 澪は小さな声で呟く。

「このまま、私を連れて行ってください!」

 叫ぶこと自体、彼女にはもう辛かった。肩で息をして、それでも必死に柊の胸にしがみつく。

 そう、したかった。
 澪の顔を見て、諦めるつもりだった彼は、顔を見た途端、やはりどうしても諦めきれない想いを確認する。一緒に行きたいと訴える彼女に、想いは同じだったのだと知った。

 幸せにしたかった。一緒に幸せになりたかった。‘死’という永遠の腕(かいな)に絡めとられる前に。
 しかし、このまま澪を連れ去っても、柊が今の仕事を続ける限り、すぐに居所は知れるだろう。そして、連れ戻された澪には、もっと悲惨な檻が用意されるだけだ。

「また、会いに来るよ、澪ちゃん・・・。もう少し待って欲しい。」

 苦しそうに柊は呻く。

「イヤです。・・・もう、私はここでは生きてはおりません。ここに、澪の心はありません。どうか、身体もあなたのところに連れ帰ってください。」

 柊は、澪の細い身体を強く抱きしめた。一緒に暮らしていたとき、彼女の身体はこんなに病的なまでに痩せてはいなかったはずだと彼は思う。

 あのとき、彼女はとにかく生きてここを出るのだ、という意識で彼の与える食事はきちんと取っていたし、そして、自分で調理をし出してからは、楽しそうにむしろたくさん食べるようになっていた。

 不意に輝きだした彼女の内なる光に、彼は目を見張ったのだ。その、生命のきらめきに。‘喜び’と‘生きがい’を見つけた人の豹変の様を。それが、彼に、目を覚まさせたのだ。妹の声が届くきっかけになったのだ。

「澪ちゃん、ごめん。俺が君をこんな風にしてしまったんだね。幸せだった君の生活を壊してしまったんだね。」
「違います・・・。」

 澪は、彼の胸に顔をうずめたまま、そっと言った。

「違います。・・・フユキ、私はただ気付いてしまっただけです。自分がいる位置に。自分が信じていた世界の虚構に。・・・そして、自分が単なる世間知らずの小娘だったと知りました。」

 澪は、言いながら知ったのだ。それまで思考として明確に意識にのぼらなかった真実を。

「私は、自分がどう生きたいのかなんて、考えたことがありませんでした。すべて、親の言う通り生きてきました。それを、あなたに出会って初めて真剣に考える機会を与えられたんです。・・・私は、初めて誰かに‘ありがとう’と言われる喜びを知りました。必要とされる喜びを知りました。・・・私は、・・・私は、あなたの傍にいたいのです・・・。」

 涙が零れていた。それでも、彼女はしっかりと言葉を選んで自分の想いを伝えきった。伝える言葉が、そのまま自分自身に聞かせている言葉でもあった。それまで、考えないようにしていた心の内の叫びを。

「うん。・・・君は、本当に聡明で強い子だ。俺はそれがとても眩しかった。闇を照らされているようで、落ち着かなかった。だけど、同時に、本当に心地良かったんだ。」
「抱いて・・・」

 澪は、言った。

「抱いて、ください。」
「・・・ここで?」

 澪は頷く。家の中で、汚らわしいこの家の中で柊に抱かれるのはイヤだった。それくらいなら、外での方がどれだけマシか知れない。

 しかし、澪は立っているのがやっとの状態だった。
 むしろ、セックスが可能かどうかすら怪しいくらい弱っているように見えた。




 闇が辺りを包み始めていたが、低い生垣は二人を隠してくれるには不十分に思えた。通りには、車だけでなく時折人影が見える。

 それでも。
 もう、このまま離れたら会えなくなるような恐ろしい予感に怯えて、二人は庭の芝生の上で抱き合った。
 深い口づけを交わし、すぐに身体をつないだ。

 澪の身体はすぐに彼を受け入れたのだが、彼女はそのとき、どこかおかしかった。ただひたすら深いつながりを欲しがり、激しく柊を求めた。

「澪ちゃん・・・?」
「イヤ。フユキ・・・やめたらイヤです。もっと、・・・もっと、きつく抱いて。離さないで・・・」

 虚ろでいながら、熱に浮かされたようにあまりに必死な瞳だった。

「澪ちゃん、必ず迎えに来るから。」

 柊は、そう耳元で繰り返す。

 しかし、澪の心にその言葉が届いていたのかは分からない。微笑んだまま、澪は彼の腕の中ですうっと眠りに落ちていったのだ。




関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←月の軌跡 (鳥かごの小鳥) 34    →月の軌跡 (鳥かごの小鳥) 36
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


ひとり歩き

著者が思ってもみない方向へとひとり歩きする物語。
このストーリィがそうだというのは、わかる気もします。

私も以前に、銀行強盗に巻き込まれて犯人一味に誘拐されて、そのうちのひとりに恋をした女の子、というストーリィを書いたのですけど、あれは犯人が逮捕されて終わってしまいました。

私はどうも、恋愛系の小説を自分で書くと、結ばれさせたくはないようで。

それはそれとして、はじまりが犯罪行為であったとしても、恋愛になるって場合は現実にもありますよね。

あ、そういえば、レイプからはじまった恋も書いたことはあります。

いや、しかし、fateさんが書かれているこの物語のような説得力は全然ありませんでした。

まだ完結していないとのことですから、澪ちゃんと柊さんも、fateさんのご執筆も応援してますねー。
#2057[2012/04/26 01:00]  あかね  URL 

Re: ひとり歩き

あかねさん、

すみません、こちらからしばらくご無沙汰です。
ちょっといろいろ疲労困憊しておりまして。
その内復活いたしますので!

> 著者が思ってもみない方向へとひとり歩きする物語。
> このストーリィがそうだというのは、わかる気もします。

↑↑↑わははは~
しかし! 実はいつもそうなんです。ハイ。
これは甚だしかっただけですね。

> 私も以前に、銀行強盗に巻き込まれて犯人一味に誘拐されて、そのうちのひとりに恋をした女の子、というストーリィを書いたのですけど、あれは犯人が逮捕されて終わってしまいました。

↑↑↑おおお、スゴイ。
なんか、読んでみたいです、それっ!
そういう真っ当なラストって説得力ありますね。その結果に至る人物の心理なんかに非常に興味があります。

> それはそれとして、はじまりが犯罪行為であったとしても、恋愛になるって場合は現実にもありますよね。
> あ、そういえば、レイプからはじまった恋も書いたことはあります。

↑↑↑ああ、fateも他作家さんのそういうstoryを読ませていただいたことあります。
ヤクザさんと一般の女の子の物語で、最後は周囲に寄って引き裂かれた形の悲恋モノでしたが。
すごく、素敵でした。

> まだ完結していないとのことですから、澪ちゃんと柊さんも、fateさんのご執筆も応援してますねー。

↑↑↑ああ、すみません。そういう意味ではなかったっす。
この辺りを描いているときに、まだラストが見えていなかったということで。
はははは。
完結しております~。

#2059[2012/04/26 08:00]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←月の軌跡 (鳥かごの小鳥) 34    →月の軌跡 (鳥かごの小鳥) 36