FC2ブログ

Stories of fate


光と闇の巣窟(Another story)

光と闇の巣窟(Another story) ‘復讐’ 5

 ついでに飲み物と食料を調達して、昼近くになってから俺はその山小屋へ戻った。扉は固く閉ざされたまま、開けられた形跡はない。

 中へ入ってみると、少年は椅子の上でぐったりとしたまま眠っているように見えた。もし、間違って死んでいても構うことはなかったが、一応呼吸を確認する。

 まだ、息はあった。

 どのタイミングで、どうやって殺すのか、実はまだ考えていなかった。目的は高篠夫人を苦しめることだ。この子をあまり苦しませたくはなかった。眠ったまま、何も分からない状態で死なせてやりたいと思った。

 俺は、窓を開けて、買ってきたパンを食べ、缶コーヒーを飲んだ。
 茉莉は・・・ 
 俺は窓の外をぼんやり見ながら思う。

 あの子は、そういえば、昼食は大抵サンドイッチだった。パンが好きなのかと思ったが、そういう訳ではなかったらしい。食が細かったあの子のために、三島さんが提案してくれたメニューだったそうだ。パンを小さくカットしていろんな食材を挟み込み、好きなだけ食べられるようにと。

 結局、彼女も初めから茉莉を憎み切れなかったのだろう。
 俺にとって、茉莉を失ったあの日から一分だってときは進んでいなかった。

 あの日、茉莉の遺体を抱いてあの高原の別荘に着いた俺は、このまま一緒に逝ってやりたいと何度思っただろうか。土に埋めてしまうことが忍びなくて、泣きながら裏の草原に穴を掘った。野草に囲まれた小高い高原の見晴らしの良い一画に、俺は彼女を眠らせてあげようと決めた。

 ありったけの花をかき集めて彼女の身体を覆い、顔が土で汚れてしまわないように、薄いヴェールをかぶせた。本当は茉莉に花嫁衣裳を着せてやりたかった。真っ白い衣装に身を包み、幸せそうにはにかむ茉莉の至福の一瞬を見たかった。

 あのとき、俺の心も一緒に土の中に埋もれ、ここには抜け殻があるだけだ。
 人間らしい心も、良心や理性や・・・そんなものは、心の綺麗な部分は茉莉と共にあの丘に眠っているのだ。




 生かしておいても、この子の苦しみが増すだけだ。
 もう、殺してしまおうか。

 しかし、どうやって・・・?

 ここに来て、俺は何も考えていなかったことにようやく気付く。苦しめたい本人ではないため、あまり苦しまない方法で・・・などと考えることを引き伸ばしていたお陰で、本気で何も考えてはいなかったのだ。

 縛った残りのロープが足元に無造作に落ちている。
 これで、背後から首を絞めれば良い。

 俺はそう思い立って、飲み終わったコーヒーの缶をテーブルにとん、と置いた。すると、その音で少年は微かに目を開けた。

 何故か俺は一瞬、身動きが取れずに、彼を茫然と見つめてしまった。

 卓也は、虚ろに辺りを見回し、俺を見て何かを言いかけ、そして、・・・俺の背後に視線を移して、呟くように言ったのだ。

「・・・姉さん・・・?」

 何と言ったのか、初め、俺は分からなかった。しかし、少年が俺の背後を見ていることだけが分かり、俺は誰かいるのかと、ぎょっとして振り返った。しかし、薄明るいその小屋の中に、他には誰もいない。扉の開いた気配もなく、物音ひとつしなかった。

 俺は、ゆっくりと前を向き直る。
 卓也は再びとろとろと眠りに落ちていくところだった。

 ‘姉さん’

 と、その唇が動いたような気がした。この子が姉と呼ぶのは茉莉以外にいない筈だった。

「茉莉ちゃん?」

 俺は立ち上がって扉へ向かう。薄闇の中を必死に彼女の姿を探す。彼に見えたものが何故俺には見えない?何故、俺に感じられない?どうして、俺の前には現れてくれないのだ?

「茉莉ちゃんっ?」

 しかし、いつまで経ってもそこには俺の声が虚しく響くだけだった。
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←光と闇の巣窟(Another story) ‘復讐’ 4    →光と闇の巣窟(Another story) ‘復讐’ 6
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[ミステリ

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←光と闇の巣窟(Another story) ‘復讐’ 4    →光と闇の巣窟(Another story) ‘復讐’ 6