FC2ブログ

Stories of fate


光と闇の巣窟(R-18)

あとがきに代えて 3

fc2小説にいただいた感想集です。(コメントいただいたお名前をそのまま載せてしまいました。不都合がございましたら、どうぞご連絡ください。)

光と闇の巣窟

• 投稿者:fate
• 投稿日時:2011-08-09 22:12:51

キャラメルビッチさん、ご感想並びに評価・レビューありがとうございます。
fateはどこか甘いので、キャラメルビッチさんのように、深淵を覗き、地獄の淵を垣間見るような壮絶な物語は描けなのですが、その甘さと勢いで今まできてしまっております。

夫人の断末魔!
すごい!そんなこと、考えませんでした。なるほど。そういう風に世界を終結させて、最後を飾るのも素敵?ですね。

またゆっくりお邪魔させていただき、他作品も拝読させていただきたく思います。
ありがとうございました。

• 投稿者:キャラメルビッチ
• 投稿日時:2011-08-09 00:06:30

一気読みしました。

どうにかしてあの夫人の断末魔を聴きたくなりました。

PS

レビューありがとうございました。
これからもよろしくおねがいします。

• 投稿者:fate
• 投稿日時:2011-06-23 08:24:20

ミサトさん、ありがとうございます。
fateは何気に気が弱くて、自分が悲しい気分を引きずるような作品は結局書けないかも、です。
本当は徹底的な悲劇も一度挑戦したい願望はあるのですが・・・。
茉莉の‘生’を喜んでいただけて、心から嬉しいです。

• 投稿者:ミサト
• 投稿日時:2011-06-22 09:00:39

よかったー、茉莉ちゃん生きてた。
お医者様と三島さんナイスです。
これからの展開を楽しみにしてます。

関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←あとがきに代えて 2    →コメントのみ
*Edit TB(0) | CO(4)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[読書感想

~ Comment ~


取りあえずホッとしました。

夫人の「復讐の館」に、集められた人間たち…。

私はこの「夫人」という人が非常に気になりました。

幾重にも張り巡らされた「巣」の中央で待つ絡新婦(じょろうぐも)のようでありながら、実は、復讐のために集めた駒の思惑は、各々バラバラで…。

一番孤独な牢獄の中にいるのは夫人ではないかと思いました。

茉莉ちゃんの「死(取りあえず)」で、復讐と欲望の全てが潰えた夫人は、あの復讐の館で、今何を思っているのでしょうか?

ありがとうございました。
#674[2011/11/25 12:22]  有村司  URL 

Re: 取りあえずホッとしました。

有村司さん、ありがとうございます。
この未亡人というか、高篠夫人ですよね。fateも何気に気になる女性です。あまり内面を描けなかったので、謎の人物で終わってしまいました(^^;
‘復讐’はやっちゃいかん、というのが持論ですが、でも、…fateはうやるだろうなぁ、と思います。
恐らく、他人の手を借りたりしないであろう。
復讐は、直接手をくださない限り、意味はないから。
な~んつって。

何故、‘復讐’に反対か?
それをAnother story でちょっくら描きました。
復讐は連鎖だから。終わりがないから。
裁くのは人ではない。神様が裁いてくれるよ、と『紺碧の蒼』で静かに伝えたつもりです。

いや、こちらこそ、ありがとうございました(^^)



#678[2011/11/25 15:06]  fate  URL 

どきっの意味はわかりましたよ

ロミオとジュリエットふうであろうとなんとなく予測してしまっていましたので、茉莉ちゃんは死なないと確信して、安心して読んでいたところはありますね。

fateさんの他の作品では人が死ぬってこともあったのですけど、このタイプのストーリィだと茉莉ちゃんは死なないと勝手に思ってました。

私も高篠夫人は気がかりです。
彼女は茉莉ちゃんが生きていると知ったら、幸せに暮らしていると知ったら、なにを考えるのでしょうか。
哀しいひとでもある高篠夫人を救済する方法はないんでしょうかね?

fateさんの世界では、主人公カップルの間に通う愛は永遠に醒めないんですよね。
ふたりが年老いていって、想いが醒めるのではなく枯淡の境地に入り、穏やかな老夫婦になるのかぁ。
そういうの、理想ですよね。
#2431[2012/09/22 01:23]  あかね  URL 

Re: どきっの意味はわかりましたよ

あかねさん、

> ロミオとジュリエットふうであろうとなんとなく予測してしまっていましたので、茉莉ちゃんは死なないと確信して、安心して読んでいたところはありますね。

↑↑↑ううむ、甘さを見抜かれていたか~~
でも、当初はこれ、徹底的な悲劇にして、‘復讐’をもっとダークに語るハナシを描こうとしたんですよ~ん。
いや、ほんとですって!
ところがっ
描いていてfateの方が辛くなって、結局、生き返らせてしまった・・・
ああ、根性なし。
これじゃ、‘復讐’が完結せんじゃないかっ
ということで、悶えた挙げ句、・・・
はい、前述の通りです(・・;

> 哀しいひとでもある高篠夫人を救済する方法はないんでしょうかね?

↑↑↑哀しい人。
そうですなぁ。
彼女の復讐は、一旦、遂げられたんだと思います。有村さんがおっしゃっていたように。
なので、これ以降は心穏やかに生きていって欲しいな、と祈ります。そして、いつか何かの瞬間に気づくんです。
愛する相手を奪われる苦しみをイヤというほど味わった筈の自分が、何をしようとして、何をしたのか。
そこで、後悔が出来るなら、彼女の魂も救われるだろうと。
本来、復讐を考える人間とは、情の厚い人だろうから。

> ふたりが年老いていって、想いが醒めるのではなく枯淡の境地に入り、穏やかな老夫婦になるのかぁ。
> そういうの、理想ですよね。

↑↑↑まったく、なんと申しますか。
ただの‘理想’を語りまくってますなぁ(^^;
でも、理想だと思える人間は正常なのであって、そこに救いや癒しを見いだせるなら、描くことに意義はある、と思いたい。
物語世界でくらい、究極の理想を見たい。
それが描く意味かなぁ、fateにとっては。
へへへ(´∀`)

#2433[2012/09/22 08:47]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←あとがきに代えて 2    →コメントのみ