FC2ブログ

Stories of fate


アダムの息子たち(R-18)

あとがきに変えて・・・

Fc2小説でいただいた感想集(名前をそのまま載せてしまいました。不都合がございましたら、お知らせください。削除させていただきます。)

アダムの息子たち
• 投稿者:fate
• 投稿日時:2011-08-10 10:07:48
Kokoroさん、大変嬉しい感想をありがとうございます。
涙もろいfateはちょっとウルウルしてしまします。
『アダムの~』はfateの一番初めの模索的作品でした。それ故(自分では実は恥ずかしくて読み返したことがありませんが)愛着はあります。
この作品もブログに転載していこうとは思います。
もしかして、加筆するかも知れませんが・・・
(そうすると、イヤでも読み返さなければならなくて、苦悩するところです・・・)

本当に本当にありがとうございました。

• 投稿者:Kokoro
• 投稿日時:2011-08-10 04:34:24
もう、アダムの息子たちは読めなくなってしまうのですか?7月の後半に初めてこのお話を読ませていただいて、とても感動して大好きになって、何度読み返したかわかりません。恥ずかしいですが、セイリンに恋するぐらいの勢いでのめり込んでしまいましたσ(^_^;)8月で読めなくなってしまうのはとても残念です。fateさんの別のお話も読んでみたいと思っていたところです。官能は、手法・手段であり、目的ではないというお考え、私はとても納得できました。官能は官能でいいと思うし、クロスオーバー的なものだっていろいろあっていいと思います。テレビや映画などでは込み入った官能的シーンなんてなかなか難しいですけど、人間の1番大切な部分ってそういうところだったりすると思います。普段なかなかそんな作品にも会えないところをfateさんは描き出して下さってたので本当に楽しく最後まで読ませて頂きました!セイリンや小枝子の愛の深さもそういうシーンがあってからこそより深く伝わると思います。fateさん、素敵なお話をありがとうございます。もしもよかったらこのまま、また読ませて下さいU^ェ^U

• 投稿者:fate
• 投稿日時:2011-06-02 08:05:40

うさぎポンさま、
レビューありがとうございます。
官能シーンについては皆さんに指摘され、fateもちょと反省モードです。
なにせ、初めての発表作品で、ジャンル設定後、どの程度どういう手法を使えば良いのか、どの程度官能シーンを盛り込めば良いのか、まったく分かってなくて、まさに暗中模索でした。
実を言うと、今では恥ずかしくて読み返せません。
fateの作品自体、fate自身、ほとんど読み返しません。
書いているときは勝手に進んでいくのですが、冷静になって眺めるととてつもなく一人で赤面してしまっております。(じゃあ、なんで書く?)
官能ジャンルでなく、いつかこういう物語を描きたいと思います。
官能は、手法・手段であり、目的ではないので。
というと語弊がありますが、決してこのジャンルを軽視しているのではありません。fateは、憧れている官能作家さんがこのサイトにも数名いらっしゃいます。
fateの場合、使い方が間違っている感が無きにしもあらず・・・ですが。

ではでは、心から、ありがとうございました。

• 投稿者:fate
• 投稿日時:2010-08-10 19:10:27

まりえるさま
過大な評価・ご感想、恐縮です。
大変、嬉しく思います。そんな風に読んでいただけるとは、感動でした。
私は無宗教者なのですが、宗教には興味があります。
特に、『聖書』という経典のあるキリスト教は、宗教の中の宗教、という感じで、やはり無視できません。
実を言うと、もっと、いろいろなことを勉強してから執筆すべきだったと、書きながら反省しました。日本の古来の神話や八百万の神、巫女というもの。そういう世界をもう少し、突っ込んで描ければ内容に深みが増しただろうに・・・と、思いながら、果たせずじまいでした。
何かの機会に、また、そういう世界に触れたいと思います。
本当に、本当に、心からありがとうございます。

• 投稿者:まりえる
• 投稿日時:2010-08-09 22:21:49

fateさま、こんばんは。
こちらのお話も、一気読みさせていただきました!
官能的なシーンもなかなか読み応えがありましたが、
壮大な愛の物語って感じで、とても良かったです。
主人公の聖凛が、哀しくて切なくて…。
普通の人よりも遥かに長い寿命も、歳をとらない容姿も…本来、望むべきものなのに、独りきりでは無意味なのだということ。
ただ単に肉欲的な情愛ではなくて、本当はもっと深い複雑な愛情。
とにかく感動的なお話、ありがとうございました!

• 投稿者:fate
• 投稿日時:2010-07-29 17:15:22

seisyuu さん、感想ありがとうございました。大変、嬉しいです。
アダム・・・に関しましては、けっこう早い段階で、ラストが見えてきました。
輪廻とか因果応報、自ら発したものは巡り巡って還ってくる・・・、というテーマをちょっと乗せてみました。
が、毎回のことながら、書き始めの時点では、どこにたどり着くのか、落としどころはどこなのか、テーマは?というものが何にも決まっておりません。
もっと、すっきりとhappy endにしたかったのに、最後に、聖凛に言わせたい一言のために、こうなってしまいました。
「次は白龍に会えるだろう・・・」
ということを。
最後までお付き合いくださいまして、心よりありがとうございます!

• 投稿者:seisyuu
• 投稿日時:2010-07-29 02:56:36

 官能だけにとらわれない、とても綺麗な小説ですね。ラストは涙しました。fateさんの人柄でしょうか、全体的に「静謐」さを感じます。かなり、大好きです。今後の執筆も楽しみに、おっかけします!

• 投稿者:fate
• 投稿日時:2010-07-10 21:14:27

miskitty さん、感想、ありがとうございます。
実は、まだ執筆中で、完成していないので、最後がどうなるのかfateにも分かりません。
最後までお付き合いいただければ大変嬉しいです。

• 投稿者:miskitty
• 投稿日時:2010-07-09 19:27:55

すごく、おもしろいです。夢中になって読みました。
官能的な場面が多いですが、それ以上に、切なさも入り混じって、
読んでいて、ぞくぞくした感じとともに、涙がでてきました。
早く、続きが読みたいです。
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←アダムの息子たち (エピローグ) 127    →光と闇の巣窟 (生贄) 11
*Edit TB(0) | CO(8)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[読書感想

~ Comment ~


読み終えました

はぁ……
余韻に浸っています。

私の想像では聖凛さんは小枝子さんに……こう思っているともできるし、ああしてしまうともできるし、と勝手に妄想していました。

私の変な想像(まだ読んでいらっしゃらない読者の方が私のコメントを見られるかもしれませんので、ネタバレにならないよう、書いてます。そのせいであやふやですみません)の通りに進まなくてよかったと思ってます。

聖凛さんの気持ちは、こうだといいな、と思っていたほうに進んで、切なくも美しく……よかったです。

ここまで、本当のラストまで描かれるとは思っていなかったので、ここまで読ませていただくと充足感がありますよね。

ああ、でも、彼とか彼とかを主人公にして、続編は書けるんじゃありません?

あの邪悪な美女の双生児にはお咎めはないのでしょうか? あのシーンはなくてもいいかなぁ、と思わなくもなかったのですけど、ああなってああなってああつながっていくのだから、必要だったのかな。

奈々子さんのあの言葉のためにも、必要なシーンだったのでしょうね。

ところで、「月と氷」という物語と詩のサイトに、fateさんも行っておられたでしょう? 私もリンクさせてもらいました。

小説サイトめぐり、楽しいですよね。
私もお互いに趣味の合う方を見つけるためにも、勉強させていただくためにも、続けてみるつもりです。

あ、それから、fateさんの小説では次はなにを読むといいでしょうか。
おススメがあれば教えて下さいね。

#91[2011/10/05 12:15]  あかね  URL 

Re: 読み終えました

まずは、長いstoryを読破してくださいまして、ありがとうございました(^^)
おつかれさまでした!!!大変、嬉しかったです。
小説サイトでも思いましたが、ご感想くださる皆さんって、ネタばれにすごく気を使ってくださるんですね(^^;
fateの感想は、感想自体がボヤん…としているので、内容にあまり触れてないだけで、恐らく何か琴線に振れて感動すれば、むちゃくちゃ書きまくりそうで怖いです。というか、感想欄から見る輩は内容を知ってしまっても仕方がないだろう、と開き直ってる感があって(fateもたま~に感想欄から入ることがありますが、むしろ、内容を知りたいからだったりするので)皆様の対応を、すげ~、大人だ!!!といつも感動します(fateがガキなだけ???)。

「月と氷」確か、ご訪問いたしました。そのブログ名を聞いただけで、絶対、行ったことが分かります(^^;
好きなんです、月が。小枝子の一族も月と関係ありましたし。実は、この後も、また月巫女という言葉が出てくる物語をupする予定です。(どんだけ、月に恋してるんだ…)

> あの邪悪な美女の双生児にはお咎めはないのでしょうか? あのシーンはなくてもいいかなぁ、と思わなくもなかったのですけど、ああなってああなってああつながっていくのだから、必要だったのかな。

↑↑↑なるほど!…というか、確かに余計だったかも知れないですね。
あまり、意味はなかったです、正直。
ただ、fateはこういう‘女’が大嫌いだよ~ん、という意味を込めただけで。
お咎めは、教授陣にバレただけで充分では?特にああいう気位ばっかり高い女たちは…、って思ったので、敢えて触れませんでした。
話しても分からない輩には話すだけ無駄。「人」は説得されたりしないもんです。
自らが、自らを反省して心を新たにすることが出来ない限り、罰を課しても関わっただけ徒労に終わりそうな気がして(^^;
何気にfateは嫌いな人間には冷たいです。いえ、表面上はにこにこしてるかも。ただ関わらないようにへらへらしているだけで、肝心なこういう話は一切してあげません。本気で大事な相手には厳しいことも言いますが、どうでも良い相手は、まさにどうなっても構わないので、にっこり微笑んで放っておきます。

あ、話がそれました。
次に読んでいただきたいもの。いやいやいや、読んでいただけるなら何でも!
う~ん、R指定じゃないものだったら、『紺碧の蒼』がfateのお気に入り(?)かな(^^)
割と短いので、けっこう楽に終われると思います。
あとは『永遠の刹那』もコメディタッチなので軽いです。R指定でも、『サードゥ』とかは軽い方です。
あとはお任せです(^^;

あちこち共に放浪しつつ、今後ともよろしくお願いします(^^)

#93[2011/10/06 07:55]  fate  URL 

終わりましたね…。

これは、時を超えた母恋物語であり、悲恋の物語であり、かつまた普遍的な幸福譚であり…。

一見狂おしいまでのセイリンの恋物語でありながら、幾重にもテーマのある作品のように思えます。

偶然なのか、意識されているのか、最初のお話の「優ちゃん」も、この物語の「小夜子さん」も、一見驚異的な力を持つ(この場合、超能力だけではなく、社会的な意味合いも含めてです)男性に庇護され、翻弄されるように見えながら、実は彼らに憩いを与え、癒しを与え、精神的イニシアチブを執っているのは「護られている女性の側」である…という仕掛けも見え隠れしていました。この「アダムの息子」では、それがより顕著でした。

とまれ、この物語が、幸せに幕を閉じたことは、特に女性読者にとっても「救い」になるのではないでしょうか?

もしかしたら、もうお書きになっているのかも知れませんが、私はfateさまの「先頭きって戦い幸せを勝ち取る女性」というのも見てみたい気もします。

素敵な物語を、ありがとうございました!
#647[2011/11/23 10:18]  有村司  URL 

Re: 終わりましたね…。

有村司さん、深いコメントに、fateもしばし考えました。
母恋物語。
ああ、まさにそうですね。結局、聖凛が求めたのは‘恋人’としてよりも、‘母’としての彼女だったのかも知れません。
息子たちが言ってるように、この一族は‘マザコン’です(^^;
普通の人間にとっては‘永遠’に近い時間を彷徨わなければならない‘血’は、結局は孤独の象徴です。
そこに女性を引き込まなければならない負い目のようなモノを常に抱いて、それでもその‘孤独’を埋めたくて、女性に恋焦がれる。いろんな複雑な想いが絡まって、‘母’を崇拝し、愛し、同じように‘恋人’を求める。

fateの描くキャラは、鬼畜の男性と聖母、或いは異形と女神、という感じかも知れません。
ご指摘いただいて、そんな風にはっとしました。
最近、異形と‘神’について西幻さんと語り合ったところでした。
そして、fateの描く女性は2種類しかおりません。
優ちゃんと雅子さん。
小枝子と奈々子さん。
そういう対比の女性たち。
だから、雅子さんや奈々子さん的な女性を主人公に描けば、そういうジャンヌ・ダルクのような物語が出来あがるかも、とちょっとfate自身わくわくです。
それに近い女性が、『スムリティ』かな。
これはまだupしておりませんが。しかも、これもR指定入りまくりだし(^^;

なんか、いろいろ省みて考える機会になりました。
ありがとうございます!



#650[2011/11/23 18:14]  fate  URL 

一気に読了です。
素敵なお話でした。

皆様の感想が素晴らしく、的を得ていらっしゃるので、私ごときが何を言うか、のような感じなのですが・・・

聖凛が壮大な時間をかけて求めてやまなかったものが、やっとかなって、癒されて良かったです。

出逢いと別れが何年にもわたって繰り返される中で、聖凛と小枝子がきっちり出会って、お互いの存在を確かめあうことが出来て良かったです。

アダムの息子たちの物語がまだまだ続くような余韻が良いですね。

良いこと尽くし^^

fateさんの原点を見た!?
#2087[2012/05/07 22:34]  けい  URL 

けいさまへ

けいさん、

おお、ありがとうございます。
ここにコメ返が久々でちょっと嬉しいfateです(^^)

> 皆様の感想が素晴らしく、的を得ていらっしゃるので、私ごときが何を言うか、のような感じなのですが・・・

↑↑↑またまた~
何をおっしゃる女神さまがっ!
でも、確かにこちらへいただいたご感想は華麗にて過大なお言葉が多く、fateも今読み返して「ほえええええっ」と恐縮いたしました。
いや、こんなfate worldごときに皆様、素晴らしいご感想をくださってますなぁ。
これも、R指定を抜いて再upしようかな、という気になってきました。

そういえば、田島くんは元気に旅していらっしゃいますね!
今度こそ、コメント残します!

> 聖凛が壮大な時間をかけて求めてやまなかったものが、やっとかなって、癒されて良かったです。
>
> 出逢いと別れが何年にもわたって繰り返される中で、聖凛と小枝子がきっちり出会って、お互いの存在を確かめあうことが出来て良かったです。

↑↑↑前世からの因縁を引きずって・・・というテーマ、どうもfateは安易に使いたがるようです(^^;
奇跡みたいだけど、きっと約束してたんだね、って感じが好きなんだろうか。
いやいや、しかし、女神さまにこんなR指定はいりまくりな変な世界を読破していただき、ただただ恐縮っす~
ありがとうございました~~~

> アダムの息子たちの物語がまだまだ続くような余韻が良いですね。

↑↑↑これは、いろんな方がおっしゃってくださいました。
聖凛の息子を主人公にして、まだ物語描けるじゃん、と。
そんなことを言われる度に、描きたくなってみたりしておりましたが、まだ修正中の中途半端作品が山のようで、そこまで手が回らないのダ~
『花籠』の外伝もまだしつこく描いているし。
なかなかfateも昇華されるには時間がかかりそうっす(ーー;

> fateさんの原点を見た!?

↑↑↑はい、これと『虚空の果ての青』がfateの[原型]っぽいっすね~(^^;
#2091[2012/05/08 13:28]  fate  URL 

宿題^^

聖凛の息子を主人公にして、まだ物語描けるじゃん。

↑fateさん、よ~くおわかりじゃん^^

fateさんの原点回帰・・・?
#2096[2012/05/10 18:39]  けい  URL 

Re: 宿題^^

けいさん、

ひょええええっ!!
宿題を出されてしまった~~~

そんなら、あれだね。
(どれだよ(ーー;)
やはり『虚空の~』みたいに改稿しつつ、新たな世界を模索しようかね。
いつになるか分からんが(^^;
#2098[2012/05/11 07:42]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←アダムの息子たち (エピローグ) 127    →光と闇の巣窟 (生贄) 11