FC2ブログ

Stories of fate


光と闇の巣窟(R-18)

光と闇の巣窟 (生贄) 3

 少女はおどおどと立ち上がり、継母の方へ歩み寄り、隣に立つ俺を怯えた視線で見上げる。

「先生、これが茉莉です。どうぞ、厳しく躾けてやってください。作法も何も知りませんから。」
「・・・分かりました。」
「先生のお部屋は隣ですので、・・・ご案内はよろしいですね?」
「ええ。けっこうです。」
「では、わたくしはこれで。」

 彼女はもう継子の顔を見ようともせずに、部屋を出て行く。

 ばたん、と扉の閉った音に、茉莉は心細そうに扉を見つめる。見知らぬ男と二人きりにされて、どうして良いのか分からないのだろう。

「茉莉ちゃん?」

 俺が屈みこんで声を掛けると、彼女ははっと怯えた視線を俺に向ける。

「はじめまして。俺は今日から君の家庭教師だ。名前は如月京介。」

 茉莉は何も言わない。
 右手を差し出すと、彼女はびくりと一歩後ずさった。

「よろしく、茉莉ちゃん。」
「・・・あ、・・・あの・・・」

 どうも、彼女は家庭教師を雇うという話をまったく聞いていなかったのではないかと思った。

「俺は、君に勉強を教えるために雇われたんだ。分からないことがあれば何でも聞いてくれて良い。どういう方法で勉強を進めるか、これから一緒に話し合いたいんだけど、どうかな?」
「・・・べ・・・んきょう・・・」
「そうだよ。教科書のようなものはあるの?」

 茉莉は怪訝そうな表情を浮かべる。

「じゃ、普段読んでいる本を持ってきて。」

 しばらく俺を見上げてびくびくしていた彼女は、やがて、ゆっくりと机の上から一冊の本を持ってきた。それは植物の図鑑だった。

「これで、勉強しているの?」

 俺は首をひねる。
 茉莉は、聞かれている意味をよく分かっていないようだった。

「分かった。教材は俺が準備する。今日は・・・じゃあ、どうしようかな。」

 塾から何か教材を持ってくるべきだった。まったく勉強道具がない状態とは、正直予想していなかった。

 文字通り、この子は、ただ生かされてきたに過ぎないらしい。最低限の作法と躾のみで、それ以上の教育をほとんど施された様子がない。言葉の読み書きも出来るのだろうか?俺は途端に不安になる。

 それを、俺にわざわざ預けるというのは、どういう趣向なのだ。
 一瞬だけ、俺はその子に同情した。まるで人間の扱いではないその仕打ちに。

 しかし、次の瞬間、俺は感情を排除する。俺の仕事はこの子に勉強を教える。それだけだ。
 それ以上のことに関わりたくなかった。

 彼女はとにかく怯えていてほとんどマトモな話も出来ないので、俺は一旦、その部屋を出た。隣が俺の部屋だといわれていたので、隣の扉を開けてみる。中の造りは彼女の部屋とそれほど変わらなかった。

 ベッドと書棚と、机、そしてパソコンが置いてある。インターネット接続は有線で、電話機もあった。
 そして、ベッドと反対側のスペースにはソファとテーブルが置かれてあった。
 この家の当主の部屋より家具が多くて良いのか?
 俺は、苦笑と共に違和感をおぼえる。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←光と闇の巣窟 (生贄) 2    →光と闇の巣窟 (生贄) 4
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[ミステリ

~ Comment ~


ぞくぞくします。

R-18というのがまたなんとも。
#871[2011/12/10 12:10]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

ポール・ブリッツさまへ

ポール・ブリッツさん、

> R-18というのがまたなんとも。

↑↑↑fateのR指定には懲りたのかな~、と思っておりましたのに、懲りてなかったんですね~
まぁ、これは、あれよりはマシです(^^;

#877[2011/12/10 19:11]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←光と闇の巣窟 (生贄) 2    →光と闇の巣窟 (生贄) 4