FC2ブログ

Stories of fate


アダムの息子たち(R-18)

アダムの息子たち (新月) 11

「あぁ・・・っ、やめ・・・て!・・・イヤ!」

 聖凛は小枝子の両膝の間に足を滑り込ませて、抵抗をふせぎ、次第に液体の漏れ出る穴へ指を侵入させていく。刺激を受けるとその液はますますとろりと湧いてくる。そして、乳首への舌の刺激はますます激しさを増す。もう、触れられるだけで、背筋に電流が走ったように背中がはねる。

 びりびりと下半身から熱が背筋を通り抜ける。緩く、激しく、彼の手は小枝子の身体の反応を完全にコントロールしている。もう、彼女には、自分ではどうすることも出来ない。

 やめて!・・・やめて!!・・・どうして?

 叫んだつもりが、言葉になっているのかすら分からない。

 聞こえている喘ぎ声が誰のものなのか。熱い息遣いは誰のものなのか。身体が不規則に震え、息を整えることが出来ない。次第に高まる身体の熱を、どうして良いのか分からない。

 怖い・・・!!!

 突然、頭上を貫いて何か閃光が走り、その直後、小枝子の身体はつま先までがくがくと震えが走った。そして一気に全身から緊張が抜ける。

 はあはあと喘ぎ呼吸をする小枝子を冷静に見下ろし、聖凛は、今度はもう逆らう気力も残っていない小枝子の両足を持ち上げ、大きく開かせると、その太ももの間をゆっくりと指で押し広げ、茂みの中を観察する。

 恥ずかしい部分をじっと見られている感覚に、小枝子は真っ赤になって、足をばたつかせる。

「あ・・・あ!・・・イヤ!・・・離して・・・っ」

 それを両手でぐい、と押さえつけると、聖凛は不意にそこに顔を埋める。そして、先ほど指先で丹念に愛撫した場所を今度は口全体でゆっくりと吸い付く。

 びくん!と小枝子の身体が反応する。

「・・・お・・・願い・・・、やめ・・・」

 びくびくと身体は震え続け、小枝子は頬を涙が伝っていることを知る。
 どうしてこんなことをされるのか分からなかった。

 そもそも、彼は誰なのか?
 小枝子は彼のことを名前以外まったく知らない。

 聖凛は、小枝子の声など聞こえていないかのように、音を立てて溢れる蜜を吸い取る。ごくりとおいしそうに彼の喉が鳴り、次の瞬間には穴の奥へと深く舌を差し入れていく。

「ひゃああっ・・・いやぁぁああっ」

 一旦悲鳴をあげた小枝子だったが、すぐにそれは喘ぎ声にとって変わられる。何度も抜き差しされる舌は、小枝子の中を熱く刺激していく。

「あ・・・っ、あぁっ・・・あ、あ、あ、あぁぁ・・・っ、んんっ・・・」

 びくびくと身体ははねて反応する。もう、どんな刺激も過剰に頭に突き抜けていく。漏れ続ける声すら、もう、自分では抑えることも出来ない。身体はまったく統制を失い、ぴんと絃を張った楽器が、奏者に奏でられてその絃を震わせ、音楽を奏でているに過ぎなくなってくる。

 楽器に意思も権限もないように、小枝子には自分の身体を自らの意思で動かすことも、増して止めることも出来なかった。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←アダムの息子たち (新月) 10    →アダムの息子たち (新月) 12
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[ファンタジー小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←アダムの息子たち (新月) 10    →アダムの息子たち (新月) 12