Stories of fate


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 kazoku 37    →業火 kazoku 39
*Edit TB(-) | CO(-) 

業火 ~fell fire~(Rewrite編)(R-18)

業火 motoi 38

「三者面談? 何、それ?」

 義母の疲れたような声が遠くに聞こえる。

「進路なんて、好きに決めて良いのよ。あたし達は干渉はしないわよ」

 小学校、中学校と両親は学校へ顔を出したことは遂に一度もなかった。息子の成績にも学校の評価にも関心がなく、彼が普段何を考え、どんな思いをしているのかすら、まるで知ろうとしなかった。

 親の関心を引きたいがため、問題児になる子どもが多いのに、基はそうはしなかった。周囲の大人たちが、こぞって彼を褒めるので、褒められる良い子でいることが、大人の気に入る子どもなのだと思い、親に愛されたいがために、必死に優等生を演じ続けてきたのだ。

 そして、彼らの愛情を得ることをすっかり諦めた頃、優等生の仮面はすでに彼の衣服というよりは、身体の一部となって彼の本当の心を覆い隠してしまっていた。

 自らの傷にすら気付くことが出来ない。
 その奥で闇はどんどん暗さを増し、傷は膿み、腐敗し、すべての感情を曖昧にさせてしまった。

 校内では成績優秀、部活でも活躍する模範生。しかし、一歩外へ出ると、彼は手当たり次第に女の子を誘い、身体を求め、相手が本気になって付き纏うようになると、手ひどい裏切り方をして捨てていくということを繰り返していた。

 それは、彼を捨てた母、彼をまったく省みない義母への復讐に他ならない。
 彼は‘家族’という存在の意味を知らなかった。

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 kazoku 37    →業火 kazoku 39
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[恋愛:エロス:官能小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←業火 kazoku 37    →業火 kazoku 39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。