Stories of fate


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 kazoku 36    →業火 motoi 38
*Edit TB(-) | CO(-) 

業火 ~fell fire~(Rewrite編)(R-18)

業火 kazoku 37

「これは、いったいどういう意味さ?」

 階段を上りながら基の声はこれ以上ないくらい不穏だった。後ろをついてきた葵は、聞かれた意味が分からなくてぽかんと立ち止まる。

「…何が?」
「この‘お守り’とペンだよ」
「ああ」葵は何のことはない、という風に笑った。
「お母さんは毎年私たちにお守りを買ってくれるのよ。それから、このペンは、きっと一応受験生だからってことかな」
「受験生だから?」
「う~ん、だから、…筆記用具?」

 基は、不意に立ち止まって振り返った。

「そうじゃないよ。なんだって、色違いの同じ物を俺たちに買ってきたのか、ってことだよ」
「…双子だからじゃない?」

 きょとん、と葵は答える。

「ふん」と基は、冷酷な視線を階下へ向ける。「俺たちのことは分かってるっていう警告かと思うけどな」

 ぽかん、と葵は弟を見上げる。

「何言ってんの?」

 基は、そのまま階段を上りきり、部屋への扉に手を掛ける。

「待って、基。本当に、何考えてんの? お土産が気に入らないの?」
「そういうことを言ってるんじゃないよ」
「じゃあ、そんな言い方はやめてよ」

 何故だか、葵は泣きそうな気持ちになった。扉を開けた基の背中に追いすがり、階下の母に聞こえないように声をひそめる。

「お母さんは、ただ、私たち…違う、きっと基に喜んでもらいたくて、一生懸命お土産を探して選んできたんだから」

 一歩部屋に足を踏み入れ、振り向いて姉を見下ろした基の表情はとても冷たいものだった。

「だから、お前たちはおめでたいんだよ」
「どういう意味?」

 基は、もう何も答えずに彼女の目の前で扉を閉めてしまった。

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 kazoku 36    →業火 motoi 38
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[恋愛:エロス:官能小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←業火 kazoku 36    →業火 motoi 38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。