Stories of fate


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 futari 34    →業火 kazoku 36
*Edit TB(-) | CO(-) 

業火 ~fell fire~(Rewrite編)(R-18)

業火 futari 35

 すっかり昼夜が逆転した二人は、食事を取り、家中を掃除してその夜を過ごした。ソファの上に敷いたシーツは洗濯し、部屋中に掃除機をかけ、テーブルも壁も磨いた。ダイニングやキッチンも基が使った後は残さないよう、食材もある程度処理し、簡単なシチューを大量に作った。

 床を磨き終えて、葵は辺りを見回して思わず感嘆する。

「なんか、年末の大掃除より綺麗になったみたい」
「へえ、それは良かったね」

 同じように雑巾を手にしていた基が汗をぬぐいながら僅かに笑みを見せ、その笑顔に葵は意図せず心臓が鳴った。作った笑顔ではなくて、それは達成感が見せた純粋な喜びの表情だった。

「え…と、じゃ、コーヒーでも飲んで休もうか」
「淹れてくれるの?」
「も、文句言わないならね」
「言ったことないだろ」

 時計の針は真夜中過ぎを差している。キッチンに漂うコーヒーの香りに、基も掃除用具を片付けてテーブルに就いた。

「基は」コーヒーをカップに注ぎながら、葵は何の気なしに聞いてみる。「将来、何をしたいとか考えてるの?」
「将来の夢、ってやつ?」

 ふん、とカップを受け取りながら基は皮肉な笑みを浮かべる。

「ホストでもするかな」
「ホ…ストって、あの、ホスト?」
「そうだよ、ホストクラブのホスト」
「…な、なんで? 基なんて頭良いし、どんな仕事だって選び放題なのに」

 もったいない、と葵は目を丸くする。

「葵はどうなのさ?」
「私は、特にやりたい仕事なんて…」

 どこかごにょごにょと言葉を濁す姉を見て、基は、ふうんと笑う。

「せっかくやりたいことがあるなら、挑戦してみろよ」
「でも、私、あんまり成績良くないし」
「夢には関係ないだろ、そんなこと」
「でも、まずはその学校に入れないと、勉強すら出来ないじゃない」
「勉強なんてどこでもいくらでも出来るよ」
「…そ、そうかな」

 思わず上目遣いで賢い弟を見つめる。自信家の彼にそんな風に言ってもらえると、根拠なんかなくても説得力がある気がする。

「でも、まぁ―」目を細めて基はさらりと恐ろしいことを口にする。
「赤ん坊を身篭ってしまったら、それどころじゃなくなるだろうけどな」
「な…っ、ななな、何よ、それ」

 基は涼しい顔をしてカップを傾ける。そして、ぼそりと本音ともつかない言葉を漏らした。

「親が一番望まない生き方をするのが俺の‘夢’だよ」


関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 futari 34    →業火 kazoku 36
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[恋愛:エロス:官能小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←業火 futari 34    →業火 kazoku 36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。