Stories of fate


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 futari 31    →業火 futari 33
*Edit TB(-) | CO(-) 

業火 ~fell fire~(Rewrite編)(R-18)

業火 kazoku 32

「ねぇ、お姉ちゃん、好きな人が出来たんじゃない?」

 新しい年を迎えた瞬間、皆で「明けましておめでとう」と言い合って、翌日の初詣のために布団に潜り込んだ後、不意に闇を見つめて由美は言った。家族は畳敷きの部屋に一緒に布団を敷いてもらって、3人が並んで眠っていた。父と祖父は気持ちよく飲んだお酒の勢いでもうすっかり夢の中だ。

「ど、どうしてそう思うの?」僅かにぎくりとして、なんだか眠れなかった母は娘の方を向いた。

 明かりは消しているので、お互いに表情は分からない。

「なんとなく」

 由美の答えに、母も頷く。

「そうね、なんとなく、ね」

 そして、二人とも口をつぐんだ。相手は―。ほとんど出掛けない葵に、外に思い人がいるとは考えにくく、そんなソワソワ、ウキウキした感じは見受けられない。

 まさか、と二人は同時に思っている。
 まさか―、と。

 それで、その話は終わり、由美はすうすうと寝息を立て始めた。しかし、母の心にはずっしりとした重石が圧し掛かり、まったく眠れなくなってしまった。基がやってきてから始まった僅かな違和感。葵の様子がどこか変で、しかし、彼女自身がそれを必死に否定している。その不可解さを由美も感じていたのだ。気のせいと誤魔化してきたことが、それでは済まなかったことを知ってしまった。

 お互いの存在をまったく知らずに育った‘きょうだい’。しかし、姉弟だと分かっていて、恋に落ちたりするものだろうか。
 もしも、そんなことになっていたとしたら。
 それは、離婚し、二人を引き離して育てた夫婦の責任だ。
 しかし、まさか…、と思い直す。
 まさか、そんな筈はあるまい。知らずにどこかでばったり出会ったのならともかく、二人は姉弟だとお互いに分かっているのだから。

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←業火 futari 31    →業火 futari 33
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[恋愛:エロス:官能小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←業火 futari 31    →業火 futari 33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。