Stories of fate


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←虚空の果ての青 (狩られた仔猫) 7    →虚空の果ての青 (狩られた仔猫) 9
*Edit TB(-) | CO(-) 

虚空の果ての青 第一部

虚空の果ての青 (狩られた仔猫) 8

 幼い頃、彼女に暴力を振るっていた男は、優が逆らうことをひどく嫌った。ちょっとでも「No」の意思表示をすると気が狂ったように彼女の身体を痛めつけた。今でも彼女の身体には当時の傷跡が随所にうっすらとだが、残っている。

 そして、優は、その父親と名乗る男に執拗な性的虐待を受けていた。

 その後、施設に保護されて診察をした医師が、優は将来、妊娠することが出来ないかもしれないと言ったそうだ。生理もマトモにくるかどうか分からないと。

 何度かカウンセリングを受け、専門の医師の診察を受け、投薬もされた。しかし、優の閉じきった心にそれらは何の変化も及ぼさなかった。

 誠実で温かい言葉。励ましや労わり、共感、そういうもの一切が、彼女の心に触れることはなかった。



 そういうことの全てを、樹は、鹿島が持ってきてくれた報告書で知っていた。



 樹が施設の子どもの調査報告書を依頼するのは珍しいことではなかった。

 彼は、施設に入所している成績優秀な子どもや、将来性の見込みのある子どもを拾い出し、もちろん、本人の意思を最優先はするが、教育の援助をし、将来的に組織に取り込む或いは特出した才能を示す子には、相応の職を探し与え、外の情報源とする、ということをやっていた。

 これはマクレーン財団が昔から行っている人材発掘の方法だった。

 そのため、彼の父の会社は、マフィアという組織を根底に構成しながら、特にえげつない社会悪を行うことなく、地下深くに繁栄を極めることが出来ているのだ。

 そう、彼らの育てた優秀な人材は、世界各国の警察内部にも、政界にもひそんでいるのだ。


 
 その施設長からの報告書を読んで、樹は、驚くと同時にどこかで「やはり…」という感を否めなかった。

 病的に細い身体、誰にも心を開けない精神疾患のような状態、常に何かに怯えておどおどしている野良猫のように閉ざされた心。それは普通に育ってきた人間の性質ではなかった。

 そして、最後に樹が眉をひそめたのは、その男は、幼児虐待と共に、錯乱状態に陥った彼から優を救い出そうとした福祉施設の職員に殴りかかり、傷害罪で捕まって服役したことがあるということ。更に、彼は、出所してすぐに再び優を施設からさらい、散々連れまわした挙句、同じことを繰り返したという事実にだった。まだ、小学生だった彼女を、だ。優は、以来、益々誰にも心を開けなくなった。幼い身体に刻まれた卑猥で卑劣な行為の爪あと。恐らく恐怖と嫌悪でしかなかったその体験。

 あんなに綺麗な容姿をしているのに、花を咲かせることもなく、誰にもその花を見せずに生涯を終えること。

 試験結果を見る限り、本をかなり読み込んでいる彼女は相当頭は良いはずなのに、それを生かすことなく生涯を終えてしまうこと。

 このまま放っておかれれば、そうなってしまう確率は高いだろう。そして、何の処置も治療も受けずに大人になってしまえば、もう生涯誰にも心を開けずに年老いていくだけだろう、とそれは想像に難くなかった。

 樹はそれを少し惜しいと思ってしまった。

 そして。
 最たる本音は、その禁断の花の蜜を味わってみたい、ということだ。その、無機質な人形のように美しい肢体。虚空の果てを見つめる、現実を何も写さない淡い瞳。その澄んだ鏡のような瞳に自分の姿を写しこんでみたかった。

 ガラス細工のように固く閉ざされた、儚く美しい彼女の内なる世界、未だ誰も侵入を許されないまっさらな世界に自分の足跡を刻みこんでみたかった。

 身体で覚えさせられたことは、身体に教えるしかないのだ。

 暴力という言語でしか生きることを教えられなかった彼女に何かを伝えるには、やはり身体に刻み込むしかない。別の道があることを、暴力とは対極の方法で。

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←虚空の果ての青 (狩られた仔猫) 7    →虚空の果ての青 (狩られた仔猫) 9
*Edit TB(1) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[恋愛小説

~ Comment ~


ううーん・・・

大多数の子どもには普通に両親がいて、家があって、試験の点数や友だち関係に悩みながら育っていく。
実はそれって恵まれたことなんだなぁと、思ってしまいますね。
先日も悲しい家族のことを聞いたばかりで(詳細は言葉にするのも・・・ですよ)、
いつでも子どもはその犠牲になってしまうのが悲しいですね>w<

どうやらこちら、かなりボリュームのあるお話のようですね。
でも、fateさんが描きたい内容が詰まっているような気がします。
ゆっくり読ませていただきますね^^
#2341[2012/08/26 04:29]  あび  URL 

Re: ううーん・・・

あびさん、

うひゃあああああっ!
何故、こんなところに~~~~っ

(ウロたえるなら、描くなよ、載せるなよ(ーー;)

> 先日も悲しい家族のことを聞いたばかりで(詳細は言葉にするのも・・・ですよ)、

↑↑↑あびさんの周りには多いっすねぇ、そういうおハナシ・・・
そのままではなくても、その事実を伝えるような物語を書いて欲しいということだろうか。

> いつでも子どもはその犠牲になってしまうのが悲しいですね>w<

↑↑↑はい、これが大きなテーマの一つです。

> どうやらこちら、かなりボリュームのあるお話のようですね。

↑↑↑いえ、無駄に長いだけです(ーー;
しかも、けっこう重い・・・だけじゃなくって、反吐が出そうな展開になります。

ご無理はされず、はい、途中退場可ですので~(^^;
#2342[2012/08/26 19:32]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


まとめtyaiました【虚空の果ての青 (狩られた仔猫) 8】

 幼い頃、彼女に暴力を振るっていた男は、優が逆らうことをひどく嫌った。ちょっとでも「No」の意思表示をすると気が狂ったように彼女の身体を痛めつけた。今でも彼女の身体には当時の傷跡が随所にうっすらとだが、残っている。 そして、優は、その父親と名乗る男に執拗...
[2012/05/02 00:28] URL まとめwoネタ速suru

  ↑記事冒頭へ  
←虚空の果ての青 (狩られた仔猫) 7    →虚空の果ての青 (狩られた仔猫) 9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。