FC2ブログ

Stories of fate


『花籠』シリーズ・総まとめ編

『花籠』 3-12

 庄司が向かったのは、組織が半分出資しているホテルのレストランだった。エントランスのすぐ脇には一般客向けの平常営業のレストランが、その奥には宿泊客専用の完全予約制のレストランが隣接している。そのレストラン内部にある個室を借り、飲み物だけをオーダーして、庄司は二人を中へ案内する。ローズは一瞬個室の中へ入るのを躊躇って言った。

「ここは?」
「心配ない。部外者は出入り出来ない空間だ」

 それが心配なんじゃないか、とローズは思う。

「一緒に来る筈だった仲間に連絡を入れても良いかい?」

 入り口につっ立ったまま、ローズは言った。庄司は振り返って少し渋い顔をした。

「それとも、この場所を知られたら何か不都合でも?」
「…いや、構わない。ご自由に」

 庄司は言いながらゆっくりとテーブルへ向かい、奥の席の椅子を引いて腰を下ろす。それを目の端に捕えながら、ローズは堂々と通信機でスミレに現在の居場所を告げた。

 二人の間に漂うぴりぴりとした空気を感じて、奈緒も無言で彼の傍に佇んでいる。しかし、彼女はあまりイヤな気持ちにならなかった。いつか感じたようなどす黒い、暗いモノがこの空間には存在していない。触れれば切れそうな研ぎ澄まされたモノは、だけどきーんと透明な氷のような気がした。

 あっためれば溶けてしまう。そして、溶けて流れた先に落ち着くのは澄んだ湖水を湛える深遠だ。

 奈緒を先に中に入れ、ローズは神経を研ぎ澄ませながら彼の斜め向かいの椅子を引く。そこに奈緒を座らせ、自身は庄司の正面に位置した。
 一瞬の沈黙の後、庄司は口を開く。

「自己紹介をすべきですか?」
「我々はコードネームしか名乗らないが、それでもよろしければ」
「…こちらも、姓はありません。便宜上は名乗ってはおりますが、俺は、『スムリティ』の庄司。それだけです」
「俺はローズ、この子は…チェリー」

 一瞬躊躇って、ローズは奈緒を紹介する。

「はじめまして」

 不意ににこりと奈緒は庄司を見つめる。瞬間、その空間を覆っていた張り詰めた緊張の糸が不意に緩んだ。庄司は僅かに表情を動かし、そして、笑みを作って奈緒を見つめた。

「はじめまして、…チェリー。素敵な名前だね」
「はい、ありがとうございます」

 そこへ、ドアをノックして飲み物を運んでウェイターが入ってくる。

「皆さん、コーヒーでよろしかったかな?」

 庄司は二人を交互に見つめる。

「構いません」
「ありがとうございます」

 どうぞ、と言いながら庄司はカップに手を伸ばす。一口それを口に含み、彼は一瞬空(くう)を見上げ、劉瀞の言葉を反芻する。

「『花籠』からのご提案を、こちらでは請けかねると、総帥から預かっているが…そちらの考えはお変わりないということか。それとも…」

 ローズはまったくコーヒーに手をつけなかったが、奈緒はそっとカップに手を伸ばそうとしていた。

「それとも、何か他に要求…ご提案をご持参いただいているのかを、まずうかがいたい」
「…その、『花籠』からの提案というものの内容をお聞かせいただいても?」

 ローズは一瞬、眉を動かしたが、表情を動かさずに相手を見据えてみる。
 庄司も一瞬だけ訝しそうな色を浮かべたが、そのまま静かに言葉を紡ぎ、劉瀞から聞いた限りのことを話した。

「…つまり、ここは、その交渉の席を設けていただいたと?」
「違うのですか?」

 ローズは大きく息を吐いて、静かにカップを傾けている奈緒を視線の端に捕えながら唸った。

「何か行き違いがあったのか、花篭が故意に内容を伝えなかったのか分からないが、我々は…実は何も聞いていないし、花篭からの伝言や交渉事を預かってきている訳ではないんだ」
「しかし、交渉要員を向かわせると、総帥は請けたようなんだが…」
「…」
「…」

 二人はそのまま沈黙し、奈緒は二人をそっと見つめながら、添えてあったチョコレート菓子に手を伸ばした。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←『花籠』 3-11    →『花籠』 3-13
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←『花籠』 3-11    →『花籠』 3-13