FC2ブログ

Stories of fate


Sunset syndrome

Sunset syndrome (迷子の心) 14

「月斗?」

 不意に背後から声を掛けられて、俺はぎょっとして振り返った。聞き覚えのある懐かしい声。見るとそこには慶子が立っていた。いつも持っていた大きなバッグを抱えて、いつものように結い上げた髪を後ろに器用に纏め上げて。そして、付き合っていた頃と変わらない笑顔で。

「どうしたの? 自分の部屋を見上げてため息なんてついちゃって」
「え? ため息ついてた? 俺…」
「うん、ついてたよ、何度も。どうかしたの?」

 慶子は元気そうだった。別れてから、そうか、もう一ヶ月近く経っているのか。彼女の笑顔は今でもむちゃくちゃ可愛い。嫌いになって別れた訳じゃなくて、俺は今でもこの子の勝気で元気な性格とか、朗らかさを恋しいと感じているんだろうか。

「今日は、どうしたの? まだ学校の時間じゃないっけ?」

 時計を確認するとまだお昼前だ。

「今日は実技試験だったからもう終わり。これから一旦帰って、今度は研修に行くのよ」
「そ…そうか。頑張ってるんだな」
「月斗は、なんか元気ないよ?」
「え? そうか?」
「苦しい恋をしてるとか?」
「えっ…?」
「そんな顔してるよ」

 慶子はどこか可笑しそうにくすくす笑った。

「君は、新しい彼氏出来た?」
「ううん。あたしはもう、しばらくは仕事に生きることにしたの」

 にこりと彼女は微笑む。その笑顔はむしろ力強くて、希望に満ちていて、眩しい気がした。

「そうか。…頑張れよ」
「ありがと。でも、月斗は本当に元気ないよ? どうしたの?」

 くるりと丸い目で覗きこまれて、俺は、なんだか慶子に甘えたくなってしまった。付き合っていた頃は彼女に弱音や愚痴を言うことなんてほとんどなかったのに。

 俺は、夕陽のことを出会いから順を追って話した。いつの間にか二人とも近くにあった木製の壊れかけのベンチに腰掛けていた。そこはアパートの駐車場の近くだったので、日中のこんな時間に他に通る人もなくて、俺たちは誰にも邪魔されずに、そこで長いこと語り合っていた。いや、ほぼ話していたのは俺だったが。

 聞き終わって、慶子は言った。

「月斗。それって、月斗は、その夕陽さんが好きなんじゃないの?」
「え…っ? いや、だって夕陽は親父の…」
「関係ないよ。だって、そんなに年離れてないじゃない。素敵な人なんでしょう?」
「いや、素敵って…感覚はちょっとズレてるし、料理も変わってるし、やたらと明るくて前向きだし…」
「素敵な人じゃない」

 慶子は笑った。そして、俺をじいっと見つめて、言ったのだ。

「月斗、あたし、嬉しい」
「え?」
「初めて月斗に相談された。初めてそんな弱いところを見せてくれた。…月斗は、いつも完璧な人だったから、あたしはいつでも苦しかったの。いつでも、かなわないことが悲しかったの。でも、夕陽さんの前だと、そんな風に素直なんだね」
「…そんなこと…」

 にこり、と彼女は笑った。

「今度はあたし、もっと大人になって、もっと良い女になって、月斗よりずっと良い男を捕まえるよ。そして、あたしにも頼ってもらえるような素敵な女を目指す。月斗も頑張って。良いじゃない。当たって砕けてみれば。そして、また新しい恋を探すのよ。きっとあたし達、最終的にすごく素敵な恋愛が出来るプロになれるよ。こうやって辛かったことも糧にしていけば。…ね?」

 慶子は立ち上がって、ぽん、と俺の肩を叩いた。

「うん、月斗に会って、あたしもいろいろすっきりした。ありがと」
「あ? …ああ、いや、俺こそありがとう。慶子がそうやって頑張ってることが分かって嬉しかったよ」

 ふふ、と彼女は笑って、バイバイと手を振って駆けて行った。その小柄な後ろ姿が、なんだか、とても大きく見えた。



 
‘月斗は、その夕陽さんが好きなんじゃないの?’

 慶子の言葉が心に響いていた。
 いつまでも。




関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←Sunset syndrome (迷子の心) 13    →Sunset syndrome (父の帰宅) 15
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[コメディ・恋愛

~ Comment ~


好きだということにやっと気づいて、そのくせ、慶子ちゃんにも未練があったりして。

月斗くんはマザコン(すべての男性はマザコンである、と私は思ってます。うちの乾隆也も、母という存在は気が重いとか言ってるマザコン。母を憎んでいたりする特殊なひとは、むしろマザコンになりたいのかなぁ。そこまで行くとむずかしいので、普通の母と息子関係の場合は、と言っておきます)でもあり、男性として女性を好きになるのもあり、やっぱり複雑ですよね。

ここにもfateさんの描かれる「男と女」が出てきてますね。
慶子ちゃんの台詞「男のひとに頼ってもらえる素敵な女になりたい」。
わりとこれ、逆のことを言う女も多いはず。
頼りたい、守ってほしい、ってね。

それから、私は映画だけですけど、「L」は大好きでした。
マツケンをはじめてきちんと見たのもあの映画で、原作を知らない身としましては、はまり役だなぁと思ったものです。

ライトにも私もちょっと共感してましたよ。
だけど、Lは死んでしまったから、続編は作れないのかなぁ。残念だなぁ。もっと見たいなぁ。
#2271[2012/07/21 01:12]  あかね  URL 

あかねさまへ

あかねさん、

そうです、そうですっ
ホントそう思いますよ。
何が?
ハイ、男はみんなマザコンです。
っていうか、fateの男どもはほぼマザコンです(ーー;
一番、顕著なのは聖凛だったっすかねぇ? いや、意味がちょっとチガウか・・・???

> 好きだということにやっと気づいて、そのくせ、慶子ちゃんにも未練があったりして。

↑↑↑これ、どう思われます?
男女の別れ方について。
あ、あかねさんとはちょっと論点が違っているかも、ですが(^^;
つまり、修羅場をくぐって激しく喧嘩別れしたとか、お互いに憎み合って別れた、とかでは、恐らく二度と顔も見たくない的な終わり方で、その後も偶然再会してもお互い知らない振りをしそうだけど。
嫌いになって別れた訳じゃない、ってやつ。
良い友人になる、ってのがfateには理想です。
実際は難しいかも知れないが、男女の友情ってありだ、と思う派なので。
あ、それこそ、美江子さんとFSメンバーズのように!(男女間の友情って意味ですよっ)

> 頼りたい、守ってほしい、ってね。

↑↑↑これは、ある程度、女性には必ずある依存の感情で、生命としては当然だろうな、と思います。
そういう役割で生きているだろうから。
男が外で餌を調達して、女は子どもを育てて男の帰る場所を守るってやつ。
でも、これは当たり前のことなんで、少しそれに飽きて、というか依存のみの状態を抜けて、
> 慶子ちゃんの台詞「男のひとに頼ってもらえる素敵な女になりたい」。
つまり、共に(お互いに)支えあって生きていきたい、って風になれれば良いな、と。
まぁ、そうでもない女性も多そうですが、それはそれで、「すべて俺についてこい!」の男性と生きれば良いのダ、と思うから~
(結論:男女のお互いが求める相手に出会えればそれで良いのさ!)

> それから、私は映画だけですけど、「L」は大好きでした。
> マツケンをはじめてきちんと見たのもあの映画で、原作を知らない身としましては、はまり役だなぁと思ったものです。

↑↑↑ああ、これはfateもその通りっす。それまで、彼(マツケン)の存在自体知りませんでしたので(・・;
ライトよりは合ってましたよ、彼は。
ライト役は、正直、役不足でした。もっとインテリのクール系じゃないと演じきれてなかったです。

で、fateが映画で観たのは、本編ではなくって、「L」が主役のやつでした。なんでしたっけ、あのタイトル(^^;
まぁ、良いですが・・・

#2272[2012/07/21 07:39]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←Sunset syndrome (迷子の心) 13    →Sunset syndrome (父の帰宅) 15