FC2ブログ

Stories of fate


下化衆生 (R-18)

下化衆生 (陰謀) 81

「遼一さんの子どもを私に育てろ、と、そうおっしゃるのですか?」

 笙子は、特に驚きもせず、正子の申し出に不快そうな表情を浮かべた。

 正子の部屋に通された笙子は、ショッキング・ピンクのスーツに同色の手袋をはめていた。潔癖症の彼女は、他人の家で手袋を外すことすらほとんどないのだ。

 運ばれてきた飲み物にも口をつけず、スカーフを敷いてソファに腰を下ろす。
 そこまで徹底されると、正子も不快感を示すことすらバカらしくなる。

「ええ。あの娘とは別れてもらいますが、子どもは引き取ります。その子をあなたの子としてここで育てていただきたいのです」

 正子はあくまで静かに言い放つ。

「おばさま、それで、あの女は納得して子どもを渡すとでも? 子どもを取り戻しに来るに決まっているじゃありませんか」
「そんなことにはならないように、こちらでなんとかします」
「おばさま、それは甘いですわ」
「笙子さん、下手なことはいけません。警察に探られるような真似は困りますからね」

 テーブルを挟んで、二人は見つめあった。

「分かりました。では、その件につきましてはお任せいたします。」

 笙子は言って、にっこり微笑んでみせる。納得したようには見えなかったが、正子はそれで満足する。

「総帥は、遼一さんが引き継ぐということですよね?」

 笙子は最後に一番肝心なことを確認する。
 そう、彼女にとってはそれだけが重要なことである。好きでもない男の子どもを母親として育てていかなくてはならない。まして、遼一の子どもを生むことなんて、笙子には耐え難いことだ。しかし、それがこの家に入るためには必要なことだった。

 二人は幼い頃からお互いの相性は最悪だった。相応の見返りがあってこその取り引きである。

「そうすることが結局は生まれてくる子どもにとっても、あの女にとっても最善のことだと、遼一もいずれ分かるでしょう」

 正子は、遼一の母親のことを思い出していた。
 息子が、どうしてもと望んでこの家に入れた身分違いの女性。彼女は結局、この家に馴染めず、それがもとで病気を患い、逝ってしまった。そして、息子はそのショックから立ち直れないままに、彼女の後を追うように事故でこの世を去ったのだ。

 同じ過ちを繰り返したくなかった。
 正子は、彼女なりの愛情で遼一のことを想っていたのである。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←花籠 4 (終幕) 52    →下化衆生 (陰謀) 82
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1883[2012/03/14 18:42]     

ポール・ブリッツさまへ

ポール・ブリッツさん、

お心遣いありがとうございます!
はい、fateさんは東北です。被災県です。原発はありません。って言ったら2県しかありませんが(^^;

昨夜は、揺れが奇妙に長くて変な揺れ方だったので、正直、津波は来る! と瞬間的に思いました。
震源の遠近に寄って揺れ方が違うんです。けっこう遠い海域だろうと思えましたので。
これは、アウターライズ地震の可能性があるのかな??? と最近は妙に詳しくなって(^^;
そんなことまで思いましたが、津波自体はそれほどではなくて良かったです。
ただ、沿岸部は、もう守りがありませんので、どんなに小さな津波でも被害は今後ダイレクトに受けます。
それを考えると心配ですし、岸壁に積み上げられたままのガレキの行方も心配です。

などと、珍しくマトモなことを申し上げてしまいました~~

#1884[2012/03/15 07:09]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←花籠 4 (終幕) 52    →下化衆生 (陰謀) 82