FC2ブログ

Stories of fate


下化衆生 (R-18)

下化衆生 (樹木は樹液を) 53

 翌朝、なんだか不思議な感覚で美久は目を覚ます。

 誰かが髪を撫でている…?
 そっと。繰り返し。柔らかく優しく。
 お母さん…?

 なんだか、まどろんだ気持ちになって、幼い頃の夢をみていたような気がした。
 ふうっと目を開けて、目に映った世界に、美久は一瞬、自分がどこにいるのかさっぱり分からなかった。

 たった今まで、自分は幼い少女となって母親の膝に抱かれていた、気がしたのだ。暖かい日差しの中で。自宅のリビングでテレビを観ながら…。

「…遼一?」

 目の前の、明らかに母ではないのその人物は、美久の呼びかけに笑顔で答える。

 遼一が、いる。
 あれ? 私はどこからどこまで夢をみていたの?

「遼一?」

 頭は混乱したままなのに、遼一がそっと背中に腕をまわして抱き起こしてくれたその腕に、美久はただ必死にすがりついた。

「遼一…、遼一…っ」

 ひたすら名前を呼び、その姿が幻となって消えてしまうのを恐れるように、その身体が本当にここにあるのかを確かめるかのように、美久は泣きながら遼一の胸にしがみついた。

「美久ちゃん、ごめんね。もう大丈夫だよ」

 そっと美久の髪に唇を寄せて彼はささやく。
 幻のように何度も聞こえていた彼の声。今、ようやくそれを確かに聞いた。

「遼一…呼んで。もっと、私の名前を呼んで」

 何度も聞こえていたのに、名前を呼んでも答えてくれなかった幻。
 何も聞きたくなかった。この、声以外は。

「愛してる、美久ちゃん」

 どくん、と心臓が鳴った。

‘愛シテル’

 一度も言ってくれなかった、ただ、それだけを聞きたかった、恋のように焦がれた言葉。それだけを言って欲しかった。

「りょ…いち。遼一、遼一…」
「ごめんね」




 聞キタカッタ。ダケド、聞クノガ怖カッタ。
 ソレハ、封印ノ、言葉ダッタカラ。




 不意に逃れられない睡魔に襲われた。
 美久ちゃん? と遼一の心配そうな声が遠くに聞こえた。




関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←下化衆生 (樹木は樹液を) 52    →花籠 4 (ピアノソロの調べ) 47
*Edit TB(0) | CO(4)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


たくさん記事アップされている!と思い、つい早足で読みました^^
うおお……遼一と美久ちゃんがついに再会!!
ってついに再会とか言ってしまっていますが、いきなり離れ離れになったのにも驚いて、そしていつのまにか戻ってきたのにも驚いてと、忙しくストーリーを追っかけていたのでありました。
それにしても、気持ちを確かめ合う前に婚姻届出してたなんて、やっぱり遼一は極上の変態野郎だったんだな(褒めてます。笑)
さあ、変態野郎は早くすべてを語るといい!!!というわけで続きも待ってます。
#1673[2012/02/20 13:15]  たつひこ  URL 

たつひこさまへ

たつひこさん、

確かに…。
ここ2日間くらいでupした箇所では、いなくなってみたり戻ってきたりと忙しいやつでしたね、遼一。
少し落ち着けよ、って感じですが、まぁ、fateが描いてるんだから無理であろう(--;

> それにしても、気持ちを確かめ合う前に婚姻届出してたなんて、やっぱり遼一は極上の変態野郎だったんだな(褒めてます。笑)
> さあ、変態野郎は早くすべてを語るといい!!!というわけで続きも待ってます。

↑↑↑爆笑っ!
遼一は、とにかく、自分が決めたことを遂行していくために、もうなりふり構わないって感じです。
ってことを、恐らく正しいと思って進んでいる。
だけど…
って展開になっていくかな~
(ほんとか?(--;)

#1679[2012/02/21 08:18]  fate  URL 

封印の言葉?

愛してる、なのですね。

物語も移り変わっていっていますし、fateさんのお言葉も、ファンタジーなのかな? どうなのかな? って感じですし。

とにかく、一筋縄ではいかないキャラ、ストーリィってところなんですよね。
ちらちらっとこの先のみなさまのコメントなども覗き見しましたところ、遼一くんがどうしてこうなったのか、も書かれているようで、先がますます楽しみです。
#1795[2012/03/04 01:00]  あかね  URL 

Re: 封印の言葉?

あかねさん、

> 愛してる、なのですね。

↑↑↑これ、加筆前の方が、ものすごく意味あることでしたが、今回、さらっと流してしまったので、ちょっと分かりにくいかも知れません(^^;
それが封印解除のキーワードになっている、って程度ですね。

ううんと、あれです。『アダム~』に似てます。
基本、同じことばっかり言ってる気がしますわ(^^;

> ちらちらっとこの先のみなさまのコメントなども覗き見しましたところ、遼一くんがどうしてこうなったのか、も書かれているようで、先がますます楽しみです。

↑↑↑おおお、そんな反則技を。
なんて。fateもたまにやらかしてます~~(^^;
先の記事じゃなくて、同じ記事への他作家さまのコメントとかも拝見すると、その方の物語とか思考とかがなんとなく垣間見えるものっすね~
#1801[2012/03/04 09:56]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←下化衆生 (樹木は樹液を) 52    →花籠 4 (ピアノソロの調べ) 47