FC2ブログ

Stories of fate


下化衆生 (R-18)

下化衆生 (悲しみの残像) 43

 散々泣いて、美久の心は、すとん、と静かになった。

 ふと手の中に彼の部屋の鍵があった。
 戸締りして出てくれ、ってこと?
 それとも、預かっててくれ、って?

 美久はぼんやりとそれを見つめる。使い込まれた少し古い小さな鍵。今どき、本物の鍵、なんて…。

 遼一らしい。
 あんなにパソコンには詳しいのに、彼の普段の生活はアナログ的だった。料理も電子レンジはあまり使わない。蒸し鍋やオーブンや、専用の器具を使って本格的に作業をする。調味料もマニアックなものが揃っていて、包丁も砥石も本物を使っている。洗濯機だって、今どき、二槽式だよ? ボディソープじゃなくって、石鹸使っているし…。

 美久は今さら、不思議に思う。

 みんなが意外に感じるらしい遼一の普段の生活を、私はごく当然だと思っていつでも受け留めていた。そして、彼の暗い一面を、本当は私は知っていたのかも知れない。

 知っていて、分かっていて、自ら彼に近づいたんだ。
 そうだ。なんだかんだ言って、私は、遼一のことをよく見ていた。
 興味ないって振りしながらも、一番、彼の存在を気にしていた。
 



 何を意味するのか分からない。
 だけど、遼一は私の目の前から消えてしまった。
 これが、答えだとしたら、相応の報いなんだろう。




 美久はのろのろと服を着て、支度を整えた。
 遼一のいない空間に、このまま一人取り残されたくはなかった。このままでここにいては、頭がおかしくなってしまう。

 握り締めていた鍵で、扉をロックし、その鍵はそっとバッグの底に忍ばせた。
 そして、そのまま歩いて自宅アパートへ向かう。

 どこをどう歩いたのか、気がつくと美久は自分の部屋の扉の前にぼんやりと立っていた。
 魂の半分を、いや、それ以上を一緒に持っていかれたようだった。




 それきり、遼一の消息は分からない。
 週明けに、会社帰りに彼のアパートへ寄ってみたが、戻っている気配はなかった。
 鍵を美久に預けてはいても、合鍵くらいあるだろう。
 ぼんやりしたまま、美久はそのまま自分の部屋に帰っていく。

 なんだかんだ言っても、呼び出されれば会いに出かけ、精いっぱいお洒落をして待ち合わせ場所に向かっていたこの数ヶ月。美久を見つけて微笑む、あの極上の笑顔に会いたくて、彼女はどこかウキウキと彼のもとに向かっていたのだと、今さら知る。

 彼が、恋しいのだろうか?
 覚悟を決められないのに?

 遼一は、あんなに美久を求めてくれたのに、それに応えられなかったのは彼女自身だ。

 それでも。
 それなのに…?


 
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←下化衆生 (悲しみの残像) 42    →花籠 4 (最終楽章) 45
*Edit TB(0) | CO(4)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


SMというのは、あくまでも愛し合うふたりの合意のうえでの「プレイ」にとどまっていたほうが健康的な気がします(^^;)

プレイを離れた外でも、恐怖による「支配=被支配」関係が続くようでしたら、必ずやどちらかが壊れてしまうのでは。

この小説読んでいてだんだんそういう思いが強くなってきました。

「闇」の昇華とは、そういった「恐怖」が「愛」に変わることなのでしょうか? うーむ、どこか納得いかん。
#1660[2012/02/18 13:51]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

え~っ?なんで? (?_?)

なんで、遼一さんはいなくなっちゃうんですか?
放置プレイ???

SMっていったって、愛する美久ちゃんには、鎖つけたり、首輪つけるくらいで、ちょっと危ないけど、切ない愛情表現しかしていないし・・・(ノ△・。)

愛される実感って本当に難しいから、遼一さんは焦ってるんだって・・・思ってたのに・・・

早く続きを読ませてください m(_ _)m… 
#1661[2012/02/18 23:12]  乃梨香  URL 

ポール・ブリッツさまへ

ポール・ブリッツさん、

あまり、真面目に考えちゃいけませんぜ。
これは妄想世界ですから。

> 「闇」の昇華とは、そういった「恐怖」が「愛」に変わることなのでしょうか? うーむ、どこか納得いかん。

↑↑↑ええと。
物語として、どう展開して、どう落とすか、ではなくて。
こういう‘闇(病み)’を物語という形に落とし込んで、fate自身を昇華させる作業が物語を綴っている唯一の目的です。
ですから、その世界を不快に思われる方に読んでいただくのは申し訳ないので、触れないでください、ってなモンなんです。
これは、特に初期の作品のリライト…というか、単に加筆修正版ですかね。内容は変わってませんので、闇が重い時期の作です。

で。これは、当時fateがいろいろ研究のために他作家さまの作品を拝読させていただいて、そういう世界を丸ごと取り込んだモンなんで、ものすごくぐちゃぐちゃしてます。
SMも実は必要ない。
単に他作家さまの世界に「おお!」と新鮮さがあって、使ってみただけ。
ですので、必然性のないことばっかり起こってます。

ということで、ポールさん、いちいち真面目に捕えられると、へへへへへ、と笑って誤魔化すだけっす(--;
#1664[2012/02/19 08:11]  fate  URL 

Re: え~っ?なんで? (?_?)

乃梨香さん、

> なんで、遼一さんはいなくなっちゃうんですか?

↑↑↑おおおう、なんか、嬉しいコメントありがとうございます。
そう感じていただけると、描いた甲斐があります。
ここは、ちょっと力を込めました。

> 放置プレイ???

↑↑↑これには笑いましたが(^^;

> 愛される実感って本当に難しいから、遼一さんは焦ってるんだって・・・思ってたのに・・・

↑↑↑これ、近いかも知れません。
その内、彼の葛藤がイヤってほど出てきます。(そうでもないか?(^^; ううむ、分からん。)

> 早く続きを読ませてください m(_ _)m… 

↑↑↑ありがとうございます~~~!!!
#1665[2012/02/19 08:15]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←下化衆生 (悲しみの残像) 42    →花籠 4 (最終楽章) 45