FC2ブログ

Stories of fate


花籠 4

花籠 4 (そして、検索) 53

 久しぶりに部屋に戻って、牡丹はパソコンを立ち上げた。あれ以来、用心した彼はネットカフェとか、大学の図書館のパソコンを利用していたのだ。

「新しいのを買おうと思ってたんだけど、もう大丈夫…かな?」

 牡丹は、再度、検索をかけてみる。

「花籠」「依頼」「仕事」。検索。
―検索結果は0件です
 解除されたらしい。

 っていうか、検索結果が0件って…良いのだろうか? 仕事、なくなっちゃうじゃん。

‘アリョーシャ’が、部下を使って設定した検索の罠だったのだが、その誰もが今はもう日本にはいない。そして、アイリスの毒は、命を奪わなくても、相応のダメージを肉体に与え続ける類のモノだった。彼らが再びこの検索結果を使う事態は二度と訪れることはない。

 アイリスは何食わぬ顔で戻ってきて、アカシアも特に何も言わなかった。二人は、恐らく椿の後方支援を果たし、姿を現さずに戻ってきたらしい。恩師へのせめてもの恩返しとでもいうのか。

 椿からも何も聞いていないジャスミンも、もちろん、二人がどこでどうしていたのかは分からない。無事に顔を合わせた二人に、ああ、良かったぁ、と気の抜けた挨拶をして呆れられたのみだ。

 後は通院のみで良いよ、と化膿止めをもらって退院した牡丹だったが、しばらく激しい運動は禁じられている。
 彼は、ターゲットに近づかずに、蛇だけを操る方法を目下、検討中である。

「花篭龍一」。
 検索。

 その途端、またどこかのサイトに強制的に引っ張られ、すぐにメールが届いた。

「牡丹、今、忙しいんだから邪魔しないでくれる?―ハトリ」

 牡丹はくすくす笑った。

「本部の管理者か。なんだ、いつの間にか僕の(メール)アドレス知られていたのか」

 彼女が、新たにサイトを開設中なのかも知れないな、と牡丹は微笑む。
 そして、彼は静かに電源を落としてパソコンを閉じた。




第四部 完





※ 第4部はかなり重く長いハナシになりました。
ここまで、お読みいただいた皆様、心よりお礼申し上げます。

今後、外伝がいくつか続きます。



関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←下化衆生 (陰謀) 85    →下化衆生 (千年の罪) 86 
*Edit TB(0) | CO(10)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[短編小説

~ Comment ~


私もようやく完走ですっ!
でもでもでも、奈緒ちゃんがまだですよね……??
これは続編に持ち越しでしょうか、それとも、組織のメンバーたちが大きな試練を乗り越えたなかの犠牲のひとつのカタチとしてこのまま残るのでしょうか。植物状態ではない、という表現にひとすじの希望を感じていますが、でも、奈緒ちゃんも死ぬかもしれないことを承知でやったことなので、かつて犠牲者が出たときに「うわああ」ってコメントで暴れたような気持ちにはなりませんでした。多分、奈緒ちゃんのほうに現実を受け入れる準備が出来ていたから私もそういう気持ちになったのかも。
あ、あと前回コメントしそびれていたのですが、ヤバそうな金持ちグループの一例で不知火グループとSETAグループって書いてあったところに実は反応してました。SETAがこんなところに出てくるとは!しかもあっちはあっちで、カッコイイお姉さんがいずれ潰そうとしているしているんだよなぁって思い出しちゃって。笑 小ネタがリンクしていると見つけたときの楽しさ倍増ですね!

そんなこんなで執筆お疲れ様でした(エア・コーヒーを差し出す)ああ、例のゲーム発売前にきちんと読めてよかった(笑)
いつだったか、コーヒーか紅茶なら断然紅茶だというお話をしましたが、私、コーヒーはダメでもミルクたっぷりカフェオレならいけるんです^^!飲みすぎると寝つきが悪くなるんですけど……ってなんか子供みたいですが。ちなみに今日はミネラルウォーター片手に読了しました。

外伝もまた覗いてみようと思います~!
#1881[2012/03/14 17:28]  たつひこ  URL 

たつひこさまへ

たつひこさん、

うおおおおう、なんか嬉しいご感想をありがとうございますっ!!

奈緒ちゃんは…はい。今だから言います。
最初、ローズは死んじゃうかな、と思ってました。彼の能力に寄って、なのか、戦いに巻き込まれて或いは奈緒ちゃんを庇って…とか。
なので、最初に、逝く人…として想定していたのはローズでした。
しかし、奈緒ちゃんが身代わりみたいになってしまって、fateもえええええええっ!!! とかって絶叫して、なんとか救う方法はないんかい??? とシキミくんを出してみたりして(^^;

まったく犠牲もなく平和が戻りました、って結果はなんだか想定しにくかったんです。
ああ、これは誰かが犠牲になるなぁ、と当初からぼんやり思っていて、もしかして、牡丹も殺す気だったかも(^^;
はははは。                    

> かつて犠牲者が出たときに「うわああ」ってコメントで暴れたような気持ちにはなりませんでした。多分、奈緒ちゃんのほうに現実を受け入れる準備が出来ていたから私もそういう気持ちになったのかも。

↑↑↑はい、実はfateもちょっと迷ってます。
奈緒ちゃんはすべて分かった上で、それでもローズを失うことをなんとしても回避したかった。これは、ある種のわがままです。っていうか、この二人は本気でわがままです。自らの命で相手を救えると思っている。これは究極のエゴで、相手の心を想いやれない酷さです。相手を失うことを恐れるあまり、自らの命を粗末にする。
正直、これはやってはけないことです。
ジャスミンと李緒ちゃんのカップルとは対極です。
いや、どっちが良いとか悪いとかじゃなくって。
でも、ローズと奈緒ちゃんはいずれ、こういうことになっていたでしょう。
彼らは、学ばなければならなかった。ヒトを愛することの本当の意味を。相手を想うことと自分を大事にすることはイコールであり、どちらを欠いてもいけないってことを。
でも、学んだんだから、助けてあげてくれよ、と言われたらその通りなんだけど、なんだか、二人のその後は遅々として進まず、もしかして、このままかも…(^^;(酷いっ!!!)

> あ、あと前回コメントしそびれていたのですが、ヤバそうな金持ちグループの一例で不知火グループとSETAグループって書いてあったところに実は反応してました。SETAがこんなところに出てくるとは!しかもあっちはあっちで、カッコイイお姉さんがいずれ潰そうとしているしているんだよなぁって思い出しちゃって。笑 小ネタがリンクしていると見つけたときの楽しさ倍増ですね!

↑↑↑おおおおおおっ!!!
超! 嬉しいです(^^)
はい、実はSETAグループのその後、真理子さんがどうなっているかをちょっと言及してやりたくて出したのに、その暇がなかった~~
彼女はたぶん、グループ解体を断行中だと思うんだ。けど、反対勢力に命を狙われたりしていて、かなり危ない目に遭っているだろうと思う。(良いのか、こんなところでネタバレ発言!!!)

> そんなこんなで執筆お疲れ様でした(エア・コーヒーを差し出す)ああ、例のゲーム発売前にきちんと読めてよかった(笑)

↑↑↑うわあ、ありがとうございます!!!(エア・コーヒーを受けとる!)
そうだそうだ、ゲーム、そろそろってか、今日ですね!!!
ふふふふふ。なんだか、こっちも楽しみだ!!

> いつだったか、コーヒーか紅茶なら断然紅茶だというお話をしましたが、私、コーヒーはダメでもミルクたっぷりカフェオレならいけるんです^^!飲みすぎると寝つきが悪くなるんですけど……ってなんか子供みたいですが。ちなみに今日はミネラルウォーター片手に読了しました。

↑↑↑そ、そうなんですか。
fateは寝る直前まで濃いコーヒー飲んでます。大抵ブラックで。でも、最近、蜂蜜入れたりしてたまに贅沢してます(^^;
もう、カフェインにも見放されて、いつでもどこでも眠い生き物です(--;

> 外伝もまた覗いてみようと思います~!

↑↑↑はい、お待ちしております~~~(^^)
#1885[2012/03/15 07:34]  fate  URL 

最後、再び牡丹の検索で幕を閉じるところが、すごくいいですね。
前話で牡丹の相棒が、また戻ってきたところ、じ~んとしました。
爬虫類って感情が薄いのかと思ってましたが、ワニと暮らす人のドキュメントを見て、改めました。
彼ら、すごく感情豊かなんですよね。
そしてなにより、牡丹ちゃんが元気になってくれて、すごくうれしいです。

奈緒ちゃんのことは、もしかしたらローズがこの先、心に痛みを抱きながら寄りそっていくという未来が、一番ふさわしいのかもしれませんね。
出来れば首謀者の方にだけ、傷をおってほしいと欲しいと願うのですが、戦うって、そういうことなんですよね。

李緒ちゃんは、すももちゃんか。
なるほど・・・果物だww
(でも、桃も、花だし、良いよね)

この後続編はあるんでしょうか。
それも楽しみです。

さて、私、次はどれを読もう。コスモスは、以前に慌てて呼んだので他の外伝を攻めて行きます!

花籠4、楽しかったです!!お疲れ様でした^^
#1897[2012/03/17 15:32]  lime  URL  [Edit]

おお、奇しくも読み終えた日がlimeさんと同じでした。笑。

それぞれが自らの力を使って、自らの役割を果たして切り抜けた危機。
大きな組織、というより社会の中に身を置いていると、いつの間にか知らないうちに、危機に見舞われていることってあるのかもしれませんね。
何気ない検索が実はとても恐ろしいことに繋がっていたり……「ググってはいけない言葉」みたいなもんですかね。

登場人物、一人一人にドラマがあってそれをうまくまとめあげているところに感嘆しました。

相棒が帰ってきたことに涙ぐむ牡丹の姿も良かったなあ。

完結までの執筆、お疲れさまでした!
時間をかけて楽しませていただきました。
ありがとうございます。
#1898[2012/03/17 23:40]  ヒロハル  URL 

limeさまへ

limeさん、

この長丁場にお付き合いいただき、ありがとうございます。
こちらこそ、お疲れさまでした。しかも、あんまり精神衛生上良くない世界に(^^;

牡丹って、何気に素朴で好きでした。fateにしては珍しくフツーの男の子みたいで。
そして、はい、相棒が戻ってきたところにはfateもちょっとカンドーしました。
まぁ、顔を出すだろうとは思ってたけど。相手はきっと何にも考えてないっていうか、逃げろと言われたから逃げて、呼ばれたから出てきただけなんだろうけど、それこそが‘絆’とか‘信頼’みたいなことなんかなぁ、と。
そして、理解はしにくいけど、確かに感情ってモノは抱いているんだろう。好き嫌いはあるよな、と思います。牡丹が嫌いだったら言うこときかないだろうしね。
牡丹は彼女出来そうにないなぁ! 蛇が一緒でも良いよ、なんて奇特なヒトはそうはいないだろう。しかも、蛇さんもいっぱしにやきもちとか焼きそうだし(・・;

奈緒ちゃんとローズはしばらくこのままと思われます。
奈緒ちゃんが完全に元通りになることはないだろう、と。でも、ローズが言ってたように、更に奈緒ちゃん自身がローズを失うかもしれない状況で祈ったように、相手が「ここに、生きていてくれる」だけで良いんです。
失ってはいない。
まだ、ここにいて、出来ることがあるから。

戦いの傷跡って、痛々しい。
復讐もそうだけど、すべての戦いは虚しい。結局、罪のない誰かが必ず傷つくのだから。
虚しい争いは、じゃんけんでケリをつけようではないか!
え? …それもチガウか??

> 李緒ちゃんは、すももちゃんか。
> なるほど・・・果物だww
> (でも、桃も、花だし、良いよね)

↑↑↑こ…これ、他の読者さまにも散々考えていただいたのですが、最終的にジャスミンがテキトーなことをやらかしました(^^;
名付け親はfateじゃにからねっ!!!
やつにとっては、コードネームなんてどーでも良いから、テキトーに付けたんであろう…

> さて、私、次はどれを読もう。コスモスは、以前に慌てて呼んだので他の外伝を攻めて行きます!

↑↑↑え? Cosmosはもう読んでいただいたんですか???
まぁ、あれはいつ読んでもどうでも良い感じでしたので、恐らく混乱はされなかったと思いますが…(^^;

> 花籠4、楽しかったです!!お疲れ様でした^^

↑↑↑うひゃああ、ありがとうございます(^^)
#1901[2012/03/18 13:41]  fate  URL 

ヒロハルさまへ

ヒロハルさん、

> おお、奇しくも読み終えた日がlimeさんと同じでした。笑。

↑↑↑おおお、そうでした!
なんて意気が合ってるのっ!

ヒロハルさんのご意見は会社組織との対比などがあり、いつもなかなか深いものでした。
でも、確かに龍ちゃんは、ある種、究極の理想のトップでした。はい。
組織を束ねるトップに必要なモノって、仕事の能力でも技術でもなくって、カリスマ的な才能っていうか、ただ、ヒトを愛している、という姿勢のような気がします。
そして、周囲に頭の良い人材をそろえて部下を信じれば、仕える方は、「この人のためなら」とそれこそ必死に、死に物狂いで働く訳っすよ。縛り付けたって人は動かない。心を動かされないとね。
と、いうことで、本人はマジで核の役割をしていただけで、…実際は能力があってもあんまり表に出ないし、裏でこそこそしたことで遊んでいただけでした。
しかし、いつもは何やってるんだろうね?
ギモンだ…(--;

> 何気ない検索が実はとても恐ろしいことに繋がっていたり……「ググってはいけない言葉」みたいなもんですかね。

↑↑↑これは、実は伊坂worldのパクリです。
そういうのがあったんですよ、ある一定の単語を並べて検索すると命を狙われる的な物語が。
彼は、そういう機械に支配されるなんてバカだ、という風刺を描くので。

> 登場人物、一人一人にドラマがあってそれをうまくまとめあげているところに感嘆しました。

↑↑↑え、そ、そうっすか??? 嬉しいっす!
うまくまとまりましたかね~(^^;

> 相棒が帰ってきたことに涙ぐむ牡丹の姿も良かったなあ。

↑↑↑ありがとうございます!!!
fateも好きでした、あのシーン。ちょっとカンドーしました(^^;
limeさんにも申し上げましたが、蛇さん自体はあんまり何にも考えてないような気がしないでもないけど。ただ、彼(蛇さんね)が牡丹を好きなんだな、というところが良かった!

> 完結までの執筆、お疲れさまでした!
> 時間をかけて楽しませていただきました。
> ありがとうございます。

↑↑↑いえいえいえいえっ
こちらこそ、この長丁場にお付き合いいただきまして、感謝です!!!
本当にありがとうございました(^^)
#1902[2012/03/18 14:00]  fate  URL 

う"・・・了、です。

この数ヶ月、花籠に浸ってきました。
4は、交響曲がバックに流れる中での展開。
圧巻でした。

中身はえらいこっちゃなのに、最後の爽やか感がたまりません。牡丹、良い子だ。

これからの建て直しでまたみんながさらに強く繋がっていくのでしょう。

今回の傷がいつか癒されますよう、お祈りしていますね。

じゃあ、fateさん、カフェに飲みに行こか。
今誰もいないからマスター独り占めだよ。
てか、マスターも寂しがっているから。
#1918[2012/03/20 17:05]  けい  URL 

けいさまへ

けいさん、

ああああ、まずは、ここまでの長丁場、お付き合いいただきましてありがとうございます!!!

> この数ヶ月、花籠に浸ってきました。

↑↑↑ほぼリアルタイムで追ってくださいまして、いろいろご意見いただく中でその都度加筆させていただき、fateが一人で描いた世界より、大分重厚になった気がいたします。
これも、読者さまのお陰っす(^^)

> 4は、交響曲がバックに流れる中での展開。
> 圧巻でした。

↑↑↑おお、そういう風に捉えていただけるとなんとなく交響曲が聴こえてくるような気がします。
刑事ものでも、最近はバックにクラシック流れますね~、そういえば。
ああ、あんな感じ、良いな~!!

> これからの建て直しでまたみんながさらに強く繋がっていくのでしょう。
> 今回の傷がいつか癒されますよう、お祈りしていますね。

↑↑↑皆様にそうおっしゃっていただき、今更改めて、そうだよ、これから大変だよ(・・; とやっと愕然としたfateでした。
同じッすね。被災地の今後と。
でも、形あるものは破壊されても、‘絆’はより強固になって残った。
よし、頑張れ! りゅうちゃん達!! (丸投げ!!)

> じゃあ、fateさん、カフェに飲みに行こか。
> 今誰もいないからマスター独り占めだよ。
> てか、マスターも寂しがっているから。

↑↑↑そういえば、マスターは一人置いてけぼりだ~~~
おおう、コーヒー飲みに行っちゃるで~
ワーイ、女神さまに誘われちったよ~ん! 一緒に行きましょうっ(^^)

#1922[2012/03/21 08:14]  fate  URL 

お疲れ様でしたっ!!!

なんか大きな話で、しかも登場人物たちを細かく追っていて、ややこしくこんがらがりながら進んでいって・・・・。これ、どう決着つけるんだーってハラハラしながら読みました。
最後はそれぞれが、それぞれの静かな日常を取り戻せてよかったです^^ 
もちろん大きな犠牲もあったけれど、この事件を機に花籠は少し変わっていくのかもね?

気がかりは奈緒ちゃんでしょうか。
ローズの献身っぷりを彼女に見せてあげたいですね^^
少しづつではあるけれど、きっと回復してくれると信じています^^ 
たとえ視力は失っても、できることはたくさんあるわけだしね^^

とてもドラマチックなお話でした^^
読ませていただきありがとうございました♪
#1931[2012/03/21 12:01]  あび  URL 

Re: お疲れ様でしたっ!!!

あびさん、

こちらこそ~
ここまでお付き合いいただきまして、本当にありがとうございましたっ!!
背景としてはやたら壮大になってしまいましたが、それぞれがやっていることって、特に変わり映えしないというか、ちまちましていたに過ぎないんですが、いろいろバラバラ動くので騒々しくも「うおぉぉぉぉうっ、大変だ~~~っ」という気になってましたなぁ(^^;

ああ、なんとか収まるところに無理やり収めましたが、なかなか収束が大変でした。
しかも、今後どうなるのかはそれぞれに丸投げしちゃったし。

はい、奈緒ちゃん…
一番の犠牲者は彼女ですかね。
でも、この二人はいつかどうしたって、こうやってお互いを傷つけることになっていただろうから、今回、かろうじて奈緒ちゃんが死なずに済んだことで、知って欲しいですね。
人を大切にするのは、同時に自身も共に生きることだと。

> とてもドラマチックなお話でした^^
> 読ませていただきありがとうございました♪

↑↑↑わあああっ(^^;
な、なんかそんな風におっしゃっていただくと照れます(^^;
こちらこそ、読んでいただきましてありがとうございました!!
#1936[2012/03/22 07:04]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←下化衆生 (陰謀) 85    →下化衆生 (千年の罪) 86