FC2ブログ

Stories of fate


花籠 4

花籠 4 (最終楽章) 45

「龍ちゃん…」

 蒼白な表情で羽鳥は彼を見上げた。青白い光が彼女の顔を照らし、赤い点滅が明滅していた。

 二度目の緊急信号。‘梅’の店が爆破されたのだ。そこが無人であることを知っていたことだけがせめてもの救いだ。それに、恐らくそうなることを予測して、彼女は奈緒を連れ出し、更に、彼女の持つすべてのデータを羽鳥に送っていた。そこに犠牲はほとんどない。

 しかし、つい先ほど、‘竹’の遺体発見の一報が‘松’から届いたばかりだった。龍一の精神的ダメージは計り知れない。その報告を受けてから、龍一はまったく口をきかなかった。涙を見せはしなかったし、怒りすら表さなかった。…いや、彼は、まだ信じていないのだと羽鳥は思った。

 まだ、彼は納得していない。認めていないのだろう。

「ああ、大丈夫だ、羽鳥。何より今俺らのすべきことは―」

 龍一は心配そうな彼女の視線に軽く微笑んでみせる。そして、ついと窓辺に寄り、カーテンを僅かに開けた。パソコン画面だけしか灯りのないその部屋の窓を、そのガラスに映る自身の顔を睨んで彼は低く呟く。

「これ以上の犠牲を出さないことだ」

 龍一の声は自らに言い聞かせているようで、羽鳥は辛かった。

「本当に、これで良かったの?」

 そっとその背中に寄り添って彼女は呟く。

「龍ちゃん、『花籠』をこんな風に大きくしちゃって、こんな事件に巻き込まれて…本当は、ただ、居場所のない人を集めて仕事を与えて、それで良かったんでしょ?」
「良いんだよ、羽鳥。組織ってのは個人の持ち物じゃない。もう、俺の手を離れて『花籠』は独立した意志を持ったんだ。椿や悠馬がどんな理想を抱いて、どこまで行けるのか、俺も見てみたい。『花籠』をつくるときに俺は自らの‘血’を越えてヒトとの出会いを求めた。血の戒めに縛られて、好きでもない女を抱いて子を生ませ、その子を憎んで生きた父親の生き方を受け継ぎたくはなかったんだ。‘血’に縛られた生き方はイヤだと思った。」

 何度か聞いた龍一の独白。羽鳥はその背中にしがみつくようにして、何度目かのそれを聞いた。

「椿に出会って、俺はこの組織を立ち上げて、続けていくことに初めて夢を抱いた。生まれて初めて友人を得たんだ。そして、悠馬が、他組織との連携を敷いてくれた。あの二人がいてくれて、俺は自分の存在を初めて信じることが出来たんだよ。彼らがいなければ『花籠』は「花籠竜一」は今存在していない。だから、俺はあの二人を失う訳にはいかない」

 龍一は、それまであったもともとのツテで仕事を請け負い、報酬を要求し、仕事を直接こなした相手に支払うというシステムを作り上げたのだ。そして、それ以外の謂わば一般の人間からの細かな依頼も請け負うために‘店’を置いた。その過程で龍一の周りに集まった人間は、彼が何よりも欲しかったもの、たった一つ彼が持ち得なかったものをくれたのだろう。

 父の代から彼についてきた松守、彼が日本を3拠点にした3つの店を配置し、影から龍一を見守り続けてきたのだ。

「俺についてきたばっかりに、松守は裏切り者として死ぬしかなくなったんだ。あいつが生きている間は、俺は進んでみせる。守人として仕えた俺が、どんな風に生きて死んでいくのかを見届けたいだろう。花篭の末裔の最期を」
「最期じゃないよ」

 龍一もまた、何度か聞いた羽鳥の告白を黙って背中に聞く。

「あたしがいるじゃない。あたしが龍一の子どもを生むよ。もう少し待ってよ」
「バカを言うな」
「バカだもん!」
「お前の才能を、能力を、若さを、俺のために浪費するんじゃないよ」
「龍一のバカっ!!!」

 しがみつく小さな身体を、その熱さを背中に感じながら、龍一は暗い空を仰いで目を閉じた。やがて、羽鳥は小さく息をついて、言った。

「あたし、…弥生ちゃんのとこに行く」
「ああ。…そうしてくれ」

 龍一と羽鳥は目で頷きあった。
 何があっても、彼女だけは守る。

 コスモスは結局戻れず、帰ってくる予定だったメンバーはすべて‘竹’と共に一夜を過ごすことになったようだ。大抵のメンバーは、彼の管轄でない者を含めて、彼を知っている。直接顔を見たことはなくても、何らかの仕事で関わっていることが多かった。

 本来、真っ先に彼の元へ駆けつけたいのは龍一だろう。しかし、彼が動くことを待っている敵のために姿を現す訳にはいかない。龍一を守るために戦った各店主の努力を無にする訳にはいかない。

 そばにいてやった方が良いのか、羽鳥には判断がつかなかった。しかし、一人にしてやろうと彼女は決めた。
 何より、他組織から預かっている弥生を、必ず守らなければならない。自らの命と引き換えても。

「一緒に寝て良い?」

 枕を持ってやってきた羽鳥を見て、弥生は笑みを見せた。

 データの内容はよく分からなくても、尋常ではない量を処理した弥生も、何かが起こっているのではないか? と予想はついていたかも知れない。それでも、弥生は敢えて何も聞かなかった。

 劉瀞が狙撃され、庸が撃たれて、現在、彼が生死の境を彷徨っていることも、庄司がそのために劉瀞の命を受けて『花籠』の中で動いていることも、弥生はまだ知らなかった。

「ここって、周り、とても静かね」

 並んでベッドに横たわると、ふと弥生は言った。

「うん、夏になると虫がいっぱい入ってきて大変だよ?」
「えええ、虫がいるの?」

 うん、と羽鳥は不思議そうに彼女の方を見た。

「あれ? だって、弥生ちゃんがいた施設ってすんごい自然の中じゃなかった?」
「そうなの。だから、大変だった…」

 半ば本気で顔をしかめた弥生に、羽鳥はくすくす笑い出した。

「虫が出たら、どうしてたの?」
「ううん、施設では大抵大丈夫なの。いつも、傍にいる誰かが捕まえて追い払ってくれるから。それよりも、今住んでるところって一人だから、本当に困る」
「じゃあ、虫が出たらここではあたしが退治してあげる」

 羽鳥は笑った。

「ありがとう」

 こっちが年上なんだけどな、と苦笑しながら弥生はあったかい気持ちになった。一歩外へ出ればいろんな悲しいことが起こっている。何か、得体の知れない恐怖はまだ続いている。

 だけど。
 ここはあったかい。少なくとも、この部屋の中、このベッドの中。彼女の隣は温かい。

関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←下化衆生 (悲しみの残像) 43    →下化衆生 (闇を探って) 44
*Edit TB(0) | CO(6)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


龍ちゃんは父親との確執があるのでしょうか。
うーん、気になる花籠一族。歴史もので是非。

今いる場所は相手に知られていないんですよね。
ここだけが静か。けど龍ちゃんの心は嵐?

椿と悠馬に出会って、自分を信じることが出来るようになった。
龍ちゃん、それまでは辛かったんだねぇ~。

ここは二人を信じて、踏ん張ってくださいね。。。
子生む気満々の羽鳥ちゃんもいるし^^
#1849[2012/03/10 09:01]  けい  URL 

けいさまへ

けいさん、

> 龍ちゃんは父親との確執があるのでしょうか。
> うーん、気になる花籠一族。歴史もので是非。

↑↑↑なんかねぇ。あったみたいっすよ。
単なる能天気のフザケた男かと思ってたのに。
なんか、そういう悲哀を告白されると、やはり外伝か? という気になりますね~~
でも、描いてやるかどうかは分からんよ~~~
だけど、龍ちゃんは他のヤロー共に比べたら、けっこう素直かも。

> 椿と悠馬に出会って、自分を信じることが出来るようになった。
> 龍ちゃん、それまでは辛かったんだねぇ~。

↑↑↑こういうものがないと、意味分かんないっすよね。
しかし…悠馬はともかく、椿はあんまり何にも考えてなかったと思うんだな~~
龍ちゃんの片想いかもよ???

> 子生む気満々の羽鳥ちゃんもいるし^^

↑↑↑羽鳥こそ、どっから出てきたんだろうか。
龍ちゃん、どこで拾ったんだろ???
#1852[2012/03/10 09:25]  fate  URL 

ここは、やんわりと終わったけれども、
あっちもこっちも、まだ気になる段階ですね><

椿は?
奈緒ちゃんは?
コスモスは?

龍一も孤独だったんですね。
やっと友と夢を得たのに。
子供を産んでもらうのもいいけど、先ずは自分の人生を、精一杯生きてね!

>劉瀞が狙撃され、庸が撃たれて、現在、彼が生死の境を彷徨っていることも、庄司がそのために劉瀞の命を受けて『花籠』の中で動いていることも、弥生はまだ知らなかった。

・・・そうだ、庸はどうした!
#1853[2012/03/11 15:12]  lime  URL  [Edit]

肉体を雇うことはできても、心まで雇うことができる人はなかなかいませんよね。

組織は大きくなると、統制がとれなくなると言いますが、「花篭」にも腐った連中はいるのでしょうか?

ここまで読む限り、いない気がするのですが、果たして……。
#1854[2012/03/11 15:48]  ヒロハル  URL 

limeさまへ

limeさん、

> 龍一も孤独だったんですね。

↑↑↑そうらしっす。
ヒトの原動力って、そういうことなんだろうと思います。正義のためなんかではなくって、孤独や渇望や悲しみを埋める…。
それでも、そのカナシサを知っている人は、道を踏み外さないのかな、とか。

> ・・・そうだ、庸はどうした!

↑↑↑そうだよっ
どーなってるんだよっ!!!
#1857[2012/03/12 06:46]  fate  URL 

ヒロハルさまへ

ヒロハルさん、

> 肉体を雇うことはできても、心まで雇うことができる人はなかなかいませんよね。

↑↑↑おお、深いご意見を…
これは、原動力がどこにあるかに寄るような気がします。
そして、ヒトを愛しているかどうか。仕事ってそれに尽きますね。

> 組織は大きくなると、統制がとれなくなると言いますが、「花篭」にも腐った連中はいるのでしょうか?

↑↑↑どうだろう。
権力的なモノってあんまりないからなぁ。不正をハタラクとしたら、中間役職だよな。でも、中間にいるのって、店主と椿と悠馬くらい…じゃね?
一番、頭が良いのはきっと悠馬だから、こいつが一番危ないかもな~~~

#1858[2012/03/12 06:50]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←下化衆生 (悲しみの残像) 43    →下化衆生 (闇を探って) 44