FC2ブログ

Stories of fate


花籠 4

花籠 4 (犠牲者) 12

「ちなみに、行方不明のメンバーってどんな能力者なんだ?」

 ‘梅’の店で支度を整えながらローズは店主に聞く。

「能力者なんていうもんじゃないね。だいたいのメンバーは特技程度だよ。あんたが特殊なのさ、ローズ。」

 店主は紫煙を吐きながら笑う。50歳はゆうに超えているはずなのに、彼女の肌は艶やかで妖艶な美しさが漂う。白銀の混じり始めた黒い豊かな髪が肩までさらりとなびき、鳶色の瞳が細められる。

「今回、行方が分からなくなった子は、スリと占い師だね。」
「スリ…って、スリのことかい?」
「そのスリだよ。まぁ、特殊技能でもあるかな。」

 くすくすと店主は笑う。彼女はそれを生業としている訳ではないが、花篭が依頼する仕事としてはいろいろ役に立つらしい。そして、占い師の男は他に奇妙な特技をいくつか持っている。そして、何故か彼は塾の講師をして生計を立てているのだ。

「あたしは直接関わったことはないが、良い子らしいよ。20代後半…って言ってたかな。占い師の男の方は50歳近かったかね? いずれ、早く見つけておやり。これが二人の写真だ。…イヤな言い方だけど、生きていれば良いね。」

 ローズは小さな写真を受け取って神妙に頷いた。ごく普通の会社員という風貌の二人。それでも意志の強い光を抱いた瞳は二人に共通していた。それにしても、行方不明とは拉致された、という意味なのか、殺されて遺棄されたということなのか。

「彼らの家の近所で大量の血痕が発見されているそうだ。…それが、人間の血だったら、生存はあまり期待は出来ないね。」

 ふと店主の横で不安そうに彼を見上げる奈緒を見つめて、ローズは不意にぞっとする。
 もしも、この子が狙われたとしたら。攫われたのが奈緒だったりしたら、と。

 スムリティの総帥が形振り構わずに花籠に助けを求めたのも、彼にとって大切な相手を攫われたからであった。

「…店主、チェリーを…頼む。」
「ああ、こっちは心配しなさんな。」

 ローズは、奈緒の心配そうな視線を受け留めて一瞬見つめ返し、そのまま出て行った。
 こうやって、その子の身を心配して待っている誰かがいる。
 その思いをしっかりと胸に刻み込んで。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←花籠 4 (襲撃) 11    →下化衆生 (甘美なる闇の中へ) 4
*Edit TB(0) | CO(7)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


コンニチワー^^

おおう……ずいぶん緊迫感漂うシーンが続きますね。李緒ちゃんがフリフリの服を着せられるところを想像して和んだりはしたけど。でも、なんといっても、サブタイトルに「犠牲者」って書いてある……。
ここまで読んだ感じだと、犠牲者はサブキャラというかモブキャラ程度のお方たちで済むのかな、それならまだいいなという安堵と(重要キャラでなければいいじゃんという残酷さ!)、人が死ぬなんて前置きがあるくらいだしそれじゃ済まないんじゃないのという恐れがせめぎあっております。
”人”を描いていらっしゃる方のお話で、非のない人が死ぬのは嫌ざんす。語尾はふざけてますけど、気持ちは真剣です!
そんなこんなで続きも楽しみにしております。

そうそう、前いただいたコメント返信にて……
>失礼ですが、感性が似てるのかも(ひゃああっ、fateみたいな変な生き物と一緒にしてゴメンナサイっ!!!)とか勝手に思いまして(^^;
ふひひ、私もちょっとそんな気はしておりました。ってことは私も変な生き物ってことでしょうか、わーい仲間だ!
小説を読んだり、こうやってやりとりさせていただいてなんとなくですけど、悪(?)や弱者に対する「やるせなさ」とか「怒り」のポイントが似ているのかなぁとか、そういうものを私は感じました。あれ、違うのかなぁ。でもそういうところ似てるかなって結構前から思ってました!
#1475[2012/01/31 13:37]  たつひこ  URL 

たつひこさまへ

たつひこさん、

き、緊迫感、ありますっ???
それなら良かった。これで緊迫感なかったら、ただの訳分かんないハナシになってしまう(--;

はい、李緒ちゃんはきっとあのお母さんにオモチャにされそうな予感がとてもいたします。
あの二人って基本同じ人間なので、双子みたいになってるんでは? と勝手にニヤニヤして。


> ”人”を描いていらっしゃる方のお話で、非のない人が死ぬのは嫌ざんす。語尾はふざけてますけど、気持ちは真剣です!

↑↑↑おおお、これっ、ほんとにそう思います。
必然に導かれて、こっちが慌てているのに勝手に死んじゃうやつもいますが、基本、fateもヒトゴロシはうなされます。っていうか、一番辛いシーンを描いた夜は間違いなく夢見が悪かった!!!
翌朝、ぐったりとしてコメ返した覚えがあります。

そして。たつひこさんのこの言葉は大きな意味を持って、終盤、生きてくるような気がします。
いや、気がするだけですっ!!

> ふひひ、私もちょっとそんな気はしておりました。ってことは私も変な生き物ってことでしょうか、わーい仲間だ!

↑↑↑た、たつひこさん、そこっ、喜ぶところじゃありませんっ!!!(^^;

だけど、なんだかここ(fc2ブログ)に来て「類友」現象にfateはちょっと気を良くして居座っておりやす。
感性の違う人って刺激になりますが、こっちのエネルギー値がさがっているときとか弱っているときって、ちょっとツライ場合があります。
ので、やはり居心地の良い相手がいてくれるとすんごい助かります。

> 小説を読んだり、こうやってやりとりさせていただいてなんとなくですけど、悪(?)や弱者に対する「やるせなさ」とか「怒り」のポイントが似ているのかなぁとか、そういうものを私は感じました。あれ、違うのかなぁ。でもそういうところ似てるかなって結構前から思ってました!

↑↑↑そうおっしゃられますと、そういうこともあるかも(^^)とか思いましたが、fateはあんまりうまく表現出来ません。空気とか、食いつく場所の感性とか…響いて欲しい場所で、的確に反応してくださるところとかで、そういうのをぼんやり感じていたんだす。
意外なところに食いつかれるのもすんげ~刺激になって面白いですが、ここ、力を込めたのに…ってところをスルーされて、ううむ、力不足であったか…とかってことも。
でも、それはそれで、ものすごい勉強になって、良い刺激です。
やはり、描いた世界を外から眺めてくれる読者さまの存在は有り難いっ!!!

でも、込めたモノを正確に受け取ってもらえるとやはり嬉しいですな。
(ということで、たつひこさんにはお礼申し上げます!!!)
そればっかりだと成長しないんだろうけどさ。
#1478[2012/01/31 14:23]  fate  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1480[2012/01/31 15:27]     

イヤな言い方だけど、って言うのが本当に不安を誘います。

もし奈緒ちゃんに何かあったら、ローズはどんだけ怒りに狂うのかな。いや、想像するのはやめとこ。

梅店主、奈緒ちゃんを宜しくね。
ローズ、気をつけて。
#1509[2012/02/03 18:36]  けい  URL 

けいさまへ

けいさん、

ここまで進んでいただきまして、ありがとうございます。
limeさんとも話し合っておりましたが、死にそうにないキャラっているけど、ローズ達って危ういよなぁ、とか。

なんか、ヒトゴロシって疲れます…
(じゃあ、なんでやる?)
#1512[2012/02/04 08:03]  fate  URL 

スリとか占いでも特殊能力と認められるわけか。
日頃は塾の講師……副業も可なわけね。

最近、お金に困っているので、
やはり登録しようかなあ。
未だ特別な能力を見つけることができていませんが……笑。
#1637[2012/02/16 22:38]  ヒロハル  URL 

ヒロハルさまへ

ヒロハルさん、

> 最近、お金に困っているので、
> やはり登録しようかなあ。

↑↑↑笑いました~

その内、説明描写が出てきます。たぶん。(読みなおしてないので、いろいろ不確かになってきました(--;)
メンバーは専属って訳じゃないんですよ。
特技に寄ってはいつもいつも仕事がある訳じゃないですから。

さて、fateも登録する場合、何か特技、あるかのぅ?
もらい泣き?
役に立たんつーの(--;

#1641[2012/02/17 09:09]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←花籠 4 (襲撃) 11    →下化衆生 (甘美なる闇の中へ) 4