FC2ブログ

Stories of fate


花籠 外伝集

黒椿 4

 その日の昼過ぎに、ジャスミンが帰ってきた。

「こらっ! どこ行ってたんだ。放蕩息子は朝帰りどころか昼帰りか。」

 玄関先に仁王立ちしている父親を見て、ジャスミンは一瞬、言葉を失う。一応着替えたらしく、彼は青いシャツとダークグレーのパンツを穿いて、会社員にも見えなくない、程度の軽装になってはいた。

「…あれぇ、帰ってきたんだぁ。荷物だけ先に届いていたから変だと思ってたぁ。」
「お前、深雪さんに迷惑掛けてなかっただろうな?」

 ぐりぐりと頭を撫でられて、ジャスミンはうひゃあっ、と悲鳴を上げる。

「お帰り~、父さん。っていうか、俺をいくつだと思ってんのぉ?」
「いくつになろうが俺より年下であることは変わらん!」
「まぁ、それはそうだけどぉ。」

 靴を脱いで、ジャスミンは玄関にあがる。

「父さん、昔、仔猫を拾っただろ?」
「なんだって?」
「仔猫の頭を撫でて‘迎えに来るから’って暗示入れたんだろ?」
「なんだ、そりゃ。」
「俺、もらっちゃったよ、その子。」
「何の話だ。」

 そして、椿はキッチンの深雪の気配をこっそり窺い、「お前、深雪さんに聞こえるだろう? あまり不穏な話をするんじゃないよ!」と息子の頭を小突く。

「薫、帰ったの?」

 奥から母の声が聞こえ、「は~い。」とジャスミンは答える。

「良かったね、母さん、父さん帰ってきたんだぁ。」
「そうよ、あなたも早く着替えて食事の支度手伝って。」
「…だって。」

 ジャスミンは一旦、自室へ向かい、椿は先に送った荷物に詰め込んだ家族への土産を手に、いそいそとキッチンへの扉に手を掛けた。



 





この後、本編‘4’へ続きます。

関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←黒椿 3    →花籠 4 (検索) 1
*Edit TB(0) | CO(8)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[短編小説

~ Comment ~


おお、時系列がばばっとつながりました。

ジャスミンは薫なんだ。(深入りはしない)

椿は仔猫の事を覚えていないのですかね?
ま、もらっちゃったから関係ないか。。。

お土産が気になるのですが、ここで、了、となってしまいました。見たい(笑)
#1399[2012/01/23 10:30]  けい  URL 

けいさまへ

けいさん、

うわわ…ヤバいヤバい。お土産は…内緒です(^^;
(何にも考えてなかったんだろぅ! ←ウルサイっ!!!)

> ジャスミンは薫なんだ。(深入りはしない)

↑↑↑実はこれ、その内出てくるみたいです(誰が言うてんねん…)。

> 椿は仔猫の事を覚えていないのですかね?
> ま、もらっちゃったから関係ないか。。。

↑↑↑もう少し突っ込めば思い出したかも知れないけど、そうなんです、もらっちゃったから、もうどーでも良いんです。
しかも、そういうハナシは家ではご法度なんで(^^;

ああああ、まだ訳分からん状態なのに、‘4’が始まってしまった~~~
と、おバカなfateは悶えてます~
#1401[2012/01/23 13:56]  fate  URL 

ひや~~!

>「父さん、昔、仔猫を拾っただろ?」
>「なんだって?」
>「仔猫の頭を撫でて‘迎えに来るから’って暗示入れたんだろ?」
>「なんだ、そりゃ。」
>「俺、もらっちゃったよ、その子。」
>「何の話だ。」

って~~。
この部分、萌え大賞に決定しました。
いいなあ~~。この似たもの親子。

そして、薫くんなのかあ。

なんだか、本当にノーマルな、普通の家庭のような風景が、すごく新鮮でたのしいです。
薫君かあ・・・。

次は4ですね! 楽しみです。
#1457[2012/01/29 12:30]  lime  URL  [Edit]

limeさまへ

limeさん、

こ、こちらこそ、ひゃあああああっ…(^^;でした。

> って~~。
> この部分、萌え大賞に決定しました。
> いいなあ~~。この似たもの親子。

↑↑↑おおおおお、なんか映えある賞をっ
(チゲーよっ(-"-*)

> そして、薫くんなのかあ。
>
> なんだか、本当にノーマルな、普通の家庭のような風景が、すごく新鮮でたのしいです。
> 薫君かあ・・・。

↑↑↑ああああ、limeさんをしみじみさせてしまった~~~
いや、あんまり突っ込んではいけません。これ以上の深い設定はありゃしません。

> 次は4ですね! 楽しみです。

↑↑↑うおおお、どうぞお手柔らかに~~
なんか、けいさんにイジメられてます~(ToT;
(ウソですっ、イジメられてませんっ、ぎゃああ、イジメないで~~~)

#1462[2012/01/30 09:13]  fate  URL 

彼らも人の子ということですな。笑。

こういうふうに、本編以外で登場人物の生い立ちや別の生活が垣間見えるお話は個人的にとても好きです。

ジャスミンのお父さんはこれまでで、名前をチラッとみただけなので、「どんな人だろう」と、想像の領域でしかなかったです。
黒ずくめというのは想像できましたが、息子さんと同じで、柔らかな方だったのですね。

このタイミングでこのお話を持ってくるとは、さすがfateさん。
#1529[2012/02/05 16:47]  ヒロハル  URL 

ヒロハルさまへ

ヒロハルさん、

ひゃああああっ、すみません、すみませんっ!
何故か昨日、ヒロハルさんへのコメント、すっ飛ばしてました~~~
申し訳ないです~~
一旦、ヒロハルさんのコメント返信欄を開いてから、用事が出来て席を立ち、戻ってきたら何故か閉じて次にいってしまっていた…という感じでした~~~
なんか、昨夜、寝る段階になって「あれ? ヒロハルさんへのコメント返信した記憶がないぞ!」とはっとしました。
失礼いたしました!!

> こういうふうに、本編以外で登場人物の生い立ちや別の生活が垣間見えるお話は個人的にとても好きです。

↑↑↑ありがとうございますっ!!!
そうおっしゃっていただけると、描いた甲斐があります。
fateもこういう世界好きだったりします(^^)

> このタイミングでこのお話を持ってくるとは、さすがfateさん。

↑↑↑ふふふふ。ですから、これは外伝で終わらせようとした結果なんす(^^;
まさか、‘4’があんな展開になるとは…

#1556[2012/02/08 07:11]  fate  URL 

=(@ω@)=

ふふふふふふふふふふ=(@ω@)=
ひとつ言っていいですか?
深雪さん・・・・・すごい親近感わくんですけどw

花オタなとことか、お金に興味ないとことか、人の詮索すきじゃないとことか=(@ω@)=
とりあえず暮らせれば別にたいそうな望みもないし、まったり好きなことやって、のんびりしてるのが好きです♪ いや、容貌は似てないけどね(==;

そうかぁ、花籠とスムリティを結ぶ要となる人がいたんですね。椿がそうなのかと思ったら、スタンドプレイは上手いけど、組織同士の仲介だの設立支援だのそんな面倒なことはできないタイプらしいw

なんか我が家のようでほっこりしてしまいましたw
#1577[2012/02/09 16:55]  あび  URL 

Re: =(@ω@)=

あびさん、

おおおお、あびさんは深雪さんみたいな方でしたか~~~
素敵です!!!
でも、確かにそうかも、と思いました。

> そうかぁ、花籠とスムリティを結ぶ要となる人がいたんですね。椿がそうなのかと思ったら、スタンドプレイは上手いけど、組織同士の仲介だの設立支援だのそんな面倒なことはできないタイプらしいw

↑はははは。なんというか、後付け設定ですので、なんとも…
悠馬は、いきなり出てきたんで、誰? こいつ…とfateもびっくりした彗星のような人物でした。
(どんな人物じゃ(--;)

> なんか我が家のようでほっこりしてしまいましたw

↑↑↑なんとっ
素敵なご家庭っ!!!
今後、椿宅を描く場合は参考にさせていただきたいくらいです!!!

ありがとうございました(^^)
#1590[2012/02/11 08:04]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←黒椿 3    →花籠 4 (検索) 1