FC2ブログ

Stories of fate


花籠 外伝集

桜舞う 1

『花籠』外伝2

これは、‘3’から続くジャスミンと李緒ちゃんの物語です。

まぁ、外伝ですので、本編のつなぎ、それからfateの趣味の世界です。
(それはアブナイかも~(^^;)


はい、ではどうぞ~↓




「今年、桜観た?」

 不意に話しかけられて、李緒ははっとジャスミンを見上げた。彼の瞳には、ただ甘い光が浮かんでいるだけで、何を感じ、何を考えているのかさっぱり分からない。

 ただ、その背にまわされた腕の、しがみついている胸の熱さだけを全身で感じている。
 泣いた後の喉の奥の痛みだけを夢のように味わっている。

 何かを聞かれたことを思い出し、李緒は声を出そうとしてみたが、訳も分からず怖くなって、息を吸い込んだだけでやめた。このまま何かがほんの僅かズレだけで、何かが動いただけで、夢が覚めてしまう気がして、また、一人ぼっちの闇に取り残されそうな気がして、彼女は息を詰めて暗闇に震える。

「李緒ちゃん、そんなに必死にしがみつかなくたって、俺はどこにも行かないよ?」

 くすくすと上から声が降ってくる。

「ほら、外を見てご覧、綺麗な月だよ?」

 言われて初めて、カーテンが僅かに開いていたことを知った。恐らく、ジャスミンが開けたのだろう。李緒はいつもカーテンを閉めきっている。窓の外を見下ろして、誰もいない外の風景を見るのが辛くて、彼女はカーテンを開けたことがない。あの日、彼がここを出て行って、そして、窓の外にもその姿が見えなくなってしまった頃にカーテンを開けて見た、誰もいない並木道を見下ろす苦痛が、あのときの身を切られそうな絶望感を思い出したくなくて。

 身体を起こして壁に寄りかかり、ジャスミンは頭一つ分小さな李緒の身体を片手で抱いたまま、ふうっと視線を空へと向ける。半月よりも少し太った月がぽっかりと空に浮かんでいた。星の瞬きが分かる程度に、周囲は暗いのだろう。住宅地であるそこは、ネオンのある街中よりも空が綺麗に見える。部屋の明かりを消して、無音の中で、腰から下だけを毛布で覆った状態で二人は抱き合っていた。
 いつからそうしていたのか、もう時間の感覚が李緒には分からなくなっていた。

「李緒ちゃん…」

 言いかけて身体を離そうとしたジャスミンに、李緒は悲鳴をあげてすがりつく。

「ええと…」

 思わずそのまま彼女の身体を抱いて、ジャスミンは次の瞬間にふっと笑った。

「体勢変えようとしただけなんだけど。」

 そして、ぐい、とその細い肢体を抱き上げてふわりと一瞬宙に浮かし、ひゃっ…と声をあげた彼女をすとんとベッドに沈めた。

「寝よっか。」
「…え?」

 言われた意味を反芻し、李緒は思わず傷ついたような瞳でジャスミンの顔を見つめる。

「どうして?」
「うん。なんかさ、君が欲しいのは、あれだろ? 男としての俺じゃないだろ? たぶん。」
「…そんなことっ」
「俺も今、まだ親父の気分を引きずってるし。」
「え…、え?」
「君が、最初に会ったのってきっと俺の父親だよ。そっくりだろ?」

 にこりと微笑んで、ジャスミンはすっぽりと二人に毛布を掛けて包み込む。部屋の中の幾分温かい空気ではあったが、やはり触れ合っていた部分以外、肌が少し冷えていたらしい。柔らかく抱きしめられて、李緒はその至福感に頭の芯が甘く痺れるような恍惚感を味わう。

 そっくりだろ…?
 あれは、ジャスミンじゃなかった…?
 真っ黒な衣装で、どこか甘い、同じ瞳をしていたのに?

 ゆっくりと彼の瞳を見つめて、不思議な気分に陥る。今がいつなのか、自分がいくつなのか曖昧になってきた。
 そして。どうして、さっき泣いたんだっけ? と彼女は思う。

 初めて他人と裸で抱き合って、その熱い肌に強く抱きしめられた瞬間、李緒は雷に打たれたように一瞬訳が分からなくなった。喜びとか幸せとか、そんな優しい感覚では到底ない、もっと生々しく狂暴な思いに翻弄された。それは、李緒自身、意識していなかった‘命’そのものの叫びのような何かだった。

 そのとき、息もつけないくらい、巨大な何かに押し潰されそうになり、必死にすがりついたジャスミンは、まるで赤ん坊のように泣き出した李緒に驚いて「…ど、…どうしたの?」と彼女を抱えるように抱き起こした。

 まったく李緒にも訳が分からなかった。
 恐怖でも嫌悪でもない。

 その感情の渦が何を表しているのか分からないのに、李緒はただひたすら泣いた。涙をぽろぽろ零して、必死に声を押し殺そうとしながらも、しゃくりあげるまで泣き続けた。

 その、熱い身体に必死にしがみついて、生きている、その事実を確かめようとしているかのように。
 ここに、本当に彼が存在していることを感じられるように。

 ジャスミンは、もう何も言わずにただ李緒の身体を抱きしめて、時折、そっと髪を撫でたり、内側から指で梳いたりしてくれていた。そのとき、どんな表情をしていたのか、李緒には分からない。困ったなぁ、と途方に暮れていたのか、ただ淡々といつもの曖昧で甘い笑みを浮かべていただけなのか。

 だけど、存在を許されている空気があって、初めて李緒は人前で、いや、誰かの胸で泣いた。

 それは、今まで満たされることのなかった幼い子どもの想い。寂しさ。愛しさ。切望。渇望。悲しみ。きっとそんなものだったのだろうか。

 求めても得られないことを悟ったとき、諦めた筈のすべての思い。愛したい、愛されたい、慈しみ、支え、守りたかった一切。押し込められて忘れ去られて、閉じ込められていた鬱積した感情の爆発。

 ふと気が付くと、ジャスミンの胸は、李緒の涙で濡れていて、ようやく彼女は自分が泣いたことを知って愕然とする。こんな風に彼の前で形振り構わずに涙を零したことに。そして、自らの‘闇’の深さをそこに見たのだ。

 一度で良い、抱きしめて欲しかった。
 存在を認めて欲しかった。
 ただ、自分を生み出してくれた―‘母親’―に。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←花籠 3 (花の宴) 24    →桜舞う 2
*Edit TB(0) | CO(6)
Tag List  * |

ジャンル:[小説・文学] テーマ:[短編小説

~ Comment ~


李緒ちゃん、いっぱい泣きな、ね。
泣いて泣いて、流せるだけ流せると良い。

泣くことで満たされることはないけど、受け止めてはもらえる。今はジャスミンに。やた。

もう、絶対に離しちゃダメ。
ジャスミンも、どっかに行っちゃダメよ。釘刺し。
#1343[2012/01/17 07:16]  けい  URL 

けいさまへ

けいさん、

李緒ちゃんを応援してくださって、ありがとうございます(T_T)
李緒ちゃんも奈緒ちゃんも壮絶な過去を抱いているけど、李緒ちゃんの方が切ないかもな~
実の親に殺されそうになるってどんな闇だろ?
fateは実はかなり‘虐待’を扱ってます。
『虚空の果ての青』も、目いっぱいそれです。それ以上に変態ですが(^^;

> 李緒ちゃん、いっぱい泣きな、ね。
> 泣いて泣いて、流せるだけ流せると良い。

↑↑↑泣くことの浄化作用の大きさをあちこちで聞きますね~
洗い流すことで、闇を薄く出来るなら、そうした方が絶対良いのに、こういう子って泣けないんです。泣くと怒られたから。うるさい、と殴られたから。だから、自己主張が出来ないし、嫌われないように、ということが人生の最大の関心事であり、生きるための本能だった。
だから、むしろ、奇妙な闇に生きるジャスミンに惹かれたんだろうね。
彼がモノゴトをあまり深く捕える人間じゃなくて、争いを好まなくて、言葉通り来るものは拒まず、受け留められる度量がある男だったから、つまり、彼だからこそ李緒ちゃんは救われた。
これがローズだったら、…やつは固いからなぁ。まぁ、無理だったろう。

なんて、今更しみじみ思ったよ(・・;
#1347[2012/01/17 08:59]  fate  URL 

ジャスには李緒ちゃん

そうですよね、やはり李緒ちゃんは、ローズには無理なような気がします。
ジャスミンのふわりとした、いい意味の優柔不断さが、李緒ちゃんには一番心地よいのかも。

しっかりとした意思を持ってる奈緒ちゃんには、ちょっと手の焼けるローズがいいんですよね^^

いつもfateさんは、男には興味がないとおっしゃってるんですが、そうなんですか?
ここに出てくる男たち、とっても味わいがあって、気に入ってるんですが。
でも、きっとそう言ってるだけで、根っこの部分ではちゃんと愛してあげてるんですよね。
そうでなきゃ、大切な女の子たちを委ねられない^^

このあとも、李緒ちゃんと、のんびり屋のジャスミンを、眺めさせてもらいますね。
(でも一度、死に物狂いに真剣なジャスも見てみたいです)
#1403[2012/01/23 18:10]  lime  URL  [Edit]

Re: ジャスには李緒ちゃん

limeさん、

コメントいただいて、更にいろいろ考えました。
そうなんすよ~。
ローズって何気に許容範囲が狭い。実は一番手がかかる男かも知れん(--;
奈緒ちゃんくらいしっかりしてないと、手に余すだろう。そして、なんでローズは奈緒ちゃんが良いのか? と言ったら、一応、見かけは小さな女の子で「父親代わり」だなんて都合の良いコトを言って自分を納得させられる程度に庇護本能を刺激されるからであろう。
本来の立場は既に逆転しているのに、それを感じさせない程度に奈緒ちゃんが甘えてくれるし。
ああ、なんて都合の良い子だ~!
チクショー、ローズにあげるんじゃなかった、もったいない!

> いつもfateさんは、男には興味がないとおっしゃってるんですが、そうなんですか?

↑↑↑ここでも、立ち止まって、しばし考えてしまった。
愛情があるのかは別として、やはり、興味はないようですなぁ。
思い入れ? という点では、なんとなく奈緒ちゃん、李緒ちゃん、それから弥生ちゃん(今後、出てきます)とか女の子系が出てくるんだけど、これって、思い入れが強すぎるのか? ふと気付くと区別がつかないくらい似たような女の子になってしまった…。
あああ、この描き分け能力のなさ~
恐らくあれです。男はどうでも良いから、いろんな人物が出てくるんです。かたや、‘女の子’って至上の生き物だから、イメージが固まって、神聖化してしまって、似たような子しか描けない。
うわあああっ、そんなぁ!
じゃあ、女の子を嫌いになれってか?
ムリだ~~~~っ
(うるさい(-"-*)

> (でも一度、死に物狂いに真剣なジャスも見てみたいです)

↑↑↑これ、どうなんだろう???
怒ってても、本人が怒っていると気付いてない…みたいな。
実はけっこう情緒欠陥人間だからなぁ、こいつ。
#1407[2012/01/24 08:37]  fate  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1458[2012/01/29 19:33]     

乃梨香さま 

乃梨香さん、

拍手コメントありがとうございます(^^)
素敵なコメントで嬉しかったです!!!
いやいやいや、お陰でようやく拍手コメントという存在を知りました。
アブナかった~~~

これは、本編から続く外伝ですが、まぁ、独立しても良いかも、と元来いい加減なfateは特に気になりませんが、いずれお時間ございましたら、『花籠』本編も覗いてやってくださいませ(^^)


#1463[2012/01/30 09:17]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←花籠 3 (花の宴) 24    →桜舞う 2