FC2ブログ

Stories of fate


未分類

秋沙さんworld!

A HAPPY NEW YEAR
今年もよろしくお願いします!!!

お待たせいたしました~(^^)
New year's 企画
fateのリンク先自慢、もう第何段なのか分からんっ!!!(どーでも良いっ)

fateのリンク先の方々には実はお馴染みですが、ご存じない方のために、ここにご紹介させていただきます。
秋沙さんの『もうひとつの「DOOR」』
実は、今回は特別のゲスト回答者…いや、違う、ゲストの皆様にご紹介を一任してしまおうという丸投げ企画です。
わははははは~っ

では、fateの言い訳やらごたくやらは後回しにして、まずは、秋沙さんと言えばこの方!
『小説ブログ「DOOR」』のlimeさんより、ご紹介いただきましょう!

limeさんのブログはご存じ、常にランキング上位をせめぎ合っている素敵なブログさんです(^^)
既にご存じの方も「おお!」と思われた方もどうかお立ち寄りいただき、その世界を堪能していただきたい!
こちらも超! お勧めです~



秋沙さんのブログのご紹介!という、重き任務を預かりましたlimeです。
これは・・・簡潔に書かないと、一晩でも語ってしまいそうです。

秋沙さん自身の人となりも語りたいとこですが、きっと終わらないと思うので涙を飲んで割愛します(>_<)

秋沙さんのブログ『もうひとつのDOOR』では、その名が示す通り、私のブログの作品のスピンオフが綴られています。
私の『白昼夢』という作品を心底愛してくださって、そのキャラ達に、またひと味違った息吹を与えてくださっています。
著名な作家さんの作品ならいざ知らず、無名の私の作品を・・・(涙

秋沙さんのすごいところは、一般にいう二次創作とはひと味違い、同じキャラたちを使いながらも、秋沙さん独自の世界観を広げていってくださるころです。
キャラ達は、丁寧に性格、口調、人生観を把握され、揺るぎはありません。
それなのに・・・・秋沙さんが描くと、殺伐とした私の物語が、とたんに、人情味の溢れる、血の通った文学作品になっちゃうんです。

『くちなしの墓』の過去の回想の始まりなど、すっぽりと昭和の人々の生きる優しげな世界に引き込まれ、登場人物と一緒にお茶をすすり、焦れったい恋に身をよじり・・・。

つまりは・・・、本家の作者が悔しがるほど、味わい深い物語を展開していって下さるのです。

秋沙さんは、「limeさんの物語の、点と点の間を膨らませているだけですよ」なんて謙虚におっしゃるんですが、そんなレベルじゃ無いことは読者さんみんな、知ってますよね。
何より・・・大事に大事に世界を広げてくださって、産みの親はとにかく楽しませてもらってます。(本当にありがとう!)

私の『白昼夢』本編を読んでいないと分かりにくい、という部分もありますが、
fateさんのように、まず最初に秋沙さんの物語を読んで、惚れて、『白昼夢』を読みに来て下さる素敵な読者さんもいらっしゃいますし^^

どうか、まだ読んだ事のない方は、是非『もうひとつのDOOR』へ。

スピンオフだけではなく、胸の疼くような、ほろ苦いような、恋にまつわるエッセイだって置いてあります。
これがもうねえ、ちょっとカクテルでも飲みながら読みたくなる、大人なエッセイなんですよ。
やがては、オリジナル小説やエッセイを、どんどん書いて行って欲しいですね。絶対!

まだ語り尽くせませんが、今日はこの辺で。
(10分の1も語れてないけど(>_<))

あとは、 fateさんにバトンタッチね^^



※残念ながらfateはバトンタッチされずに、次の方に丸投げするんダ~


ここで、作品の触りをほんの少し。↓↓↓


『やがて、店のドアが開く音がして、緊張した面持ちの小夜子が、赤ん坊を背負って入ってきた。

「やぁ。呼び出したりして申し訳なかったね。」

梶田の兄が立ち上がって声をかけると、小夜子は黙って一礼すると席に座った。

小夜子は、ウェイトレスにオレンジジュースを注文すると、おんぶしていた赤ん坊を、前に抱きなおした。
梶田の兄は、赤ん坊の顔を覗き込み、言った。

「もうこんなに大きくなったのか。」

壮太は、そのメガネの奥の瞳が微笑んでいるのを見ているとき、やはり梶田の兄なんだなとぼんやりと思っていた。
あまり似ていない兄弟だと思っていたが、こうして微笑んでいる横顔はどこがどういうふうにと言えるわけではないのだが梶田によく似ている。

しかし、兄はその笑顔をひっこめると、メガネを指でちょっと直して真顔になった。
「以前にうちに来てくれた時には、母があんなことを言って申し訳なかった。
 僕も部屋の外で聞いてしまったんだ。」
 
「いえ・・・私たちも、お母様のご心労も考えず、失礼しました。」

意外なほどにはっきりと、小夜子が答えた。
なんとなく、赤ん坊を抱く小夜子の手に、力が入ったように壮太は感じた。

「今ではだいぶ、母も落ち着いてきてね。やっと弟の死を受け入れることができたようだ。
それで・・・。」

兄はそこで言いよどんで、珈琲に口をつけた。

小夜子の緊張が伝わってくるようで、壮太も思わず膝においた手をにぎりしめた。

兄は珈琲カップをかちゃん、と皿に置いて言葉を続けた。

「弟の子供が生きているのなら、会いたい、と最近よく口にするようになってね。
なんとか会えないものかと・・・。なんなら、子供だけひきとって育てたいとまで言い出して・・・。」



「お断りします。」

壮太が少々面食らうほどの即答を、小夜子が断固とした口調で言い返した。』


これは、『くちなしの墓 第一部』のほんの一部です。
この物語は何度拝読させていただいても、何度でも泣きそうです。
まぁ、背景とかいろいろあって、こちらはlimeさんとの絡みもありますが、独立したstoryとしても秀逸です。




そして、はいお次。
『ロックンロール・ヘイズ』の西幻響子さんです(^^)

西幻さんの世界もこのコーナーでご紹介させていただいおります。
お時間ある方は、「西幻響子さんworld!」にも立ち寄られてください~



秋沙さんの書かれる小説にはいつも唸っている西幻です。
どこに唸っているのかと申しますと、まず情緒あるしっとりとした描写。
重厚感あるドラマを見ているような錯覚を覚えるほど、それはそれはしっかりとした文章をお書きになられます。とくに「濃緑の葉」~「くちなしの墓」あたりなどはセピア色の映像がイメージできます。

この描写がまた、的確なのです!
そのシーンごとにきちんと合った言葉を選ばれているので、頭にすっと入ってきます。だからとても安心して読めます。読んでいる途中で、「えっとこれはどういう意味…?」と、読むのが止まってしまうことがないんです。読むのが止まるとつい集中力が散漫になるものですが、それが秋沙さんの文章にはないので、どんどん映像が進んで、そのぶん物語に感情移入しやすいのです。

そして忘れてはならないのが、秋沙さんの素晴らしい読解力!
秋沙さんの作品はlimeさんの小説「白昼夢」の二次創作なわけですが、この二次創作、なかなか侮れません。そうそう簡単に書けるものではないと、西幻は改めて感じました。

秋沙さんの作品の場合、「白昼夢」のキャラ、とくに陽と坂木と辰巳の性格や態度、行動をすべて把握していなければなりません。そうしないと「白昼夢」とは違うものになってしまうからです。そこのところ、秋沙さんはしっかり、きっちりと把握なさっていて、キャラがとても自然に描かれています。limeさんの書かれる陽たちとの齟齬(そご)がないのです。

これはなかなか凄いことです。読解力がなければ、ここまで完ぺきには書けるものではありません。limeさんが秋沙さんのブログのコメントでいつも感動されておりますが、それも深くうなづけます。

しかし秋沙さんの書かれるキャラの魅力はそれだけではありません。
なんといっても、秋沙さんの小説の醍醐味は「脇キャラ」!!
とても魅力的な脇キャラをお書きになられるのです。

最近の作品では小夜子をはじめ、佐藤のおやっさん、「てつ」夫婦、小夜子さんの祖父母、やくざのタカシ、などなど。非常に「いい味」を出していて、リアリティのあるキャラなのです。
そしてそこにはとてもあたたくも哀しい、切ない空気が流れて、物語のなくてはならないスパイスになっています。


これからも秋沙さんの「白昼夢」二次創作、そしてもちろんオリジナルの作品も楽しみにしております。がんばってくださいね!!




そして、そして、最後のシメを飾るのが『憩』の‘けい’さんです(^^)

けい姉さんを知らないアナタ! ぜひ、女神のようなけいさんのブログにお越しくださいませ。
いかに素敵な方かお分かりになりますよ~ん。



秋沙さんの描かれる物語に、あー、とか、うー、とか、おー、とかの音物の感想(感想じゃない)しか書けない私の
ような若輩者が、fateさんの主催されます‘秋沙さんworld’に乱入してしまって良いものかと0.5秒迷いました
が、お招きいただきましたことを嬉く、ありがたく思いまして、ここで秋沙さんについて語らせてください。

と、言うほど、秋沙さんとのお付き合いは古いわけではないのですよ。まだほんの数ヶ月。ね(って誰に向かって聞
く?)。そんな新参者も違和感なく受け入れてくださる秋沙さんは、気さくで素敵な作家さんです(と確信)。

なので、これから秋沙さんとお付き合いしたい皆様、今からでも全然遅くはないのです。けど、ラブラブなだんな様が
いらっしゃいますから、そこんとこはお気をつけて。(どんなお付き合いに注意しとるん?)

さて、しょうもない前置きが長くてすいません。作品についてです。

まずは、おぉぉーー、次に、うぅぅ・・・、それから、あぁぁ~~

・・・すいません! すいません! でも、ご覧いただければ私のこの想いがお分かりいただけるかと・・・ (わから
んっすよね。すいません!)

何と言っても、描写です。一に描写、二に描写、で、きっちり描写、です。映像が目に浮かび、流れるのと、それだ
けでなく、残るんです。

まさに記録と共に記憶に残る描写。人物描写、状況描写、心理描写、色々描写、それはそれはお見事です。あえ
て例はピックアップしません。秋沙さんのところで目にしていただきたいからです。

それからもちろん、ストーリ展開です。どうなるの? どうなるの? というわくわく・ドキドキ感を(良い意味で)裏切
ってくれます。

散りばめられた伏線、秘密の解放、それが披露された後の優しい読後感・・・ もう、余韻にどっぷり浸れます。

あまり喋らないほうが良いですね。なので、これでやめときます。

秋沙さんをピックアップされたfateさん、お目が高い! そして、この企画に参加させていただきましてありがとうござ
います。

何だかよくわからない紹介文で申し訳ないです。言葉で通じなくても、心がお届けできればと・・・ なんて言い訳です
いません。

これからも、お二方を一読者、一ファンとして、応援させてくださいね。

2012年、が地球の皆様にとって素敵なお年となりますように。

けい m(..)m



もう、皆さまご紹介がすんばらしくって、新参者のfateは、言うことない状態です。
だけど、企画の発案者として最後にひとことだけ。

秋沙さん、limeさん、お二人の合作で『白昼夢』を出版される場合は、ぜひぜひfateにサイン本をプレゼントしてくださいね~(^^)

(どこが紹介じゃ~~~~~っ!!!)

ぎゃあ、すみません、すみませんっ

いや、秋沙さんのオリジナルも可愛らしく素敵で、やはり清らかなる幻想世界を漂うことが出来ます。
皆様、どうか足を運んでそのガラスのように脆くも美しい、だけど根底に芯の通った強さを秘めた、秋沙さんworldを堪能してくださいませ~

関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←花籠 3 (動き出した輪) 10    →花籠 3 (動き出した輪) 11

~ Comment ~


さ、最初にコメしちゃダメだ~~と思いつつ、
あまりに面白いのでついつい、先にコメしちゃいました。(ごめん!)
いやあ、fateさんの企画力も、抜群ですね!
(大東和出版にスカウトしちゃいたい)
ニヤニヤ、ワクワクしちゃいましたよ。

西幻さんの分析力、けいさんの可愛らしい人情コメントも、最高。
ね? 語りつくせないですよね。秋沙さんの魅力。

とても楽しい気分で新年を迎えられました^^ありがとうございます。

あ、ハッピー・ニューイヤーです♪
今年もよろしく!
#1170[2012/01/01 01:22]  lime  URL  [Edit]

明けましておめでとうございます!!

いやー新年第一弾が秋沙さまのご紹介とは…!!

私も秋沙さまの作品すべてに目を通したわけではありませんが、本家limeさまにも負けない奥深さに、毎回「おおお…!!」となっている一人でございます。

御三方の解説、素晴らしい!と思いました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします^^
#1172[2012/01/01 10:14]  有村司  URL 

A Happy Happy New Year!
ことよろ~、です~。

私も秋沙さんより先にコメしてはいかん、と思いつつ・・・

女神発言でこちらへ(コラ)

fateさんworldの広がりに感動しています。

fateさんご自身もたくさんの素敵な作品をお持ちなのに、こうして周りの皆様をご紹介する姿勢は、本当にすばらしいと思います。

こうして、いろいろな作家さんのいろいろな作品がたくさんの方々の目に触れるようになることは、とても良いことだと思います。

そんなfateさんを、これからも応援させてくださいね。
2012年のfateさんのご活躍をお祈りしています^^
#1174[2012/01/01 11:38]  けい  URL 

ご挨拶

謹んで、新春のお慶びを申し上げます。
昨年は、からくり童子 風のジードをご訪問頂き、誠に有難う御座いました。
本年も、変わらぬご愛顧を宜しくお願いいたします。

からくりオム
#1176[2012/01/01 18:13]  オム  URL 

2012年ですね!

あけましておめでとうございます。
昨年は本当にありがとうございました。fateさんにコメントをたくさんいただいて、日々のエネルギー源になっていました。
fateさんの作品にも触れることができて、とても幸運な出会いだったと思っています。
毎日更新されているfateさんに近づけるように、少しでも執筆速度を上げていこうと思います。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。
#1183[2012/01/01 23:57]  かおるさとー  URL  [Edit]

あけましておめでとうございます

どこに新年のご挨拶を書こうか悩みましたが、ここでいいかな。今年もよろしくお願いいたします。
忙しくてご無沙汰していた間の作品を拝読しなくては!
#1186[2012/01/02 07:46]  鏡秋雪  URL 

今年もよろしくお願いします!

limeさん、有村さん、けいさん、早速のコメントありがとうございます。
今回は本当に皆様の多大なるご協力のもと、年末のお忙しいお時間を割いていただいての我儘企画でした~
だけど、お陰さまで本当に素晴らしい記事が出来ました。
この企画もどんどん進化を続けて、いずれ、宇宙の果てまで届きそうです!!(何が???(--;)

それもこれも皆様あってのfateですので、どうか見捨てず、今後ともよろしくお願いいたします(^^)

それから、オムさん、かおるさとーさん、鏡秋雪さん、ご年始のご挨拶ありがとうございます!!
こちらこそ、平によろしく(そんな日本語あったか?)お願い申し上げます~
(意味合いというか、空気は分かっていただけたでしょうか…(^^;)

2012年始まりました。
後は前へ進むだけ。
出来ることだけ尽くしていきます。
(疲れることと体力的に無理なことと精神的に無理なことは初めから放棄です。わはは…)
#1191[2012/01/02 12:24]  fate  URL 

あけおめで~す!

あいかわらずのご紹介上手のfateさんのリンク紹介、楽しませていただきました ^^
limeさんとけいさんの推薦文も素晴らしい!
なんとも良い新年の幕開けというかんじですね。

これからもこの企画、楽しみにしております。
今年もよろしく♪
#1192[2012/01/02 14:49]  西幻響子  URL  [Edit]

ぎゃ~~~~~っっ!!

遅くなってすみません!
あけましておめでとうございます!!(^^;

新年の挨拶もまだ皆様にしていないのに、まさかfateさんの新年一発目が、わわわわわ私の紹介だったとわ・・・


・・・・不覚  orz

ご、ごめんなさいっっ

limeさんからメッセージで「fateさんのところに面白い企画がありますよ」と聞いたので、
「あら、リレー小説でも始まるのかしら」なんてちょこっと覗きに来てみたら・・・Σ(´∀`;)

あぁだけど、今、家族が「初詣行くぞ~~~」と出かけて行ってしまいました。
なので、「後から追いかけるから先に行って!」と叫び、急いでこのコメント書いてます。

もう、なんか今はただ感激で(;_;)ウルウル

後ほど、きちんと落ち着いてお礼に参りますので、ご容赦願いますっっ。

fateさん、本当にありがとう!!
#1194[2012/01/02 15:48]  秋沙   URL  [Edit]

年末はいろいろといそがしいですね^^

あけましておめでとうございます^^
年末年始は、訪問少なくすみません。
訪問&コメ、去年は本当に私たち大変励まされました!
fateさんに仲良くしてもらってほんと光栄におもっています。

ぜひこれからもよろしくお願いします^^
素敵なサイトにこれからも応援声援♫
#1195[2012/01/02 20:09]  結 麻月  URL  [Edit]

あらためまして・・・・

気持ちを落ち着けて改めて・・・と思ったんですが、

だ~~め~~~だ~~~~(^^;

読み返すたびに感激しちゃって、言葉が出ません(ToT)

いつの間に、こんな企画をしてくださってたんですか!! しかも新年の最初に・・・。

いつもfateさんの「リンク先自慢」を楽しみに読ませていただいており、「そのうち秋沙さんのところも紹介しますよ」とおっしゃってもらってはいましたが、fateさんのリンク仲間様、素晴らしいブログばかりなので「私の順番が来るのはあと5年くらい先かしら」なんて思ってたんですよ(^^;
だから本当に本当にビックリしてしまいました。
しかも、limeさん、西幻さん、けいさん、3人もの方に紹介文を書いていただけちゃうなんて・・・

なんて幸せものなんだ、私。・゚・(ノ∀`)・゚・。

元々は、ただの「妄想」をちょっとドラマ仕立てにして楽しんじゃおう、くらいに思って書き始めた小説。
いや、「小説っぽい文章」くらいでしか無いレベル。

小説の書き方を勉強したこともないし、決して読書家とも言えない私です。
limeさんの「白昼夢」に惚れ込んで、(元々オリジナル小説が書けるほどのネタもなく、また書きたいと思っていたわけでもなかったので)、「きゃ~~~~!この世界、私も書きたい~~真似したい~~~」と始めてしまった「もうひとつのDOOR」。

リンク仲間の皆様の小説や文章を読むたび、「あぁ、私なんてお遊びの域を脱していない物しか書けなくて・・・」と、恥ずかしいやら申し訳ないやらの日々です。
それでも、lime様に喜んでもらうことができて、皆様に読んでいただけて、「もっと書きたい!」という気持ちにさせていただき、それだけでも私には充分過ぎるくらいなのに・・・。

あぁもう、長くなってしまうので、私のブログの方へ改めてお礼の記事を書かせていただいてもよろしいでしょうか?

本当に、本当に、ありがとうございました!


(あ、fateさんが一部紹介してくださった「くちなしの墓」。「何故この部分?」と笑ってしまいました(^^;
なんか、すごく、マニアックなところを抜粋してくださって、それが妙に嬉しかったりします)(笑)。
#1198[2012/01/03 01:54]  秋沙   URL  [Edit]

西幻響子さまへ

西幻響子さん、

こちらこそ、ご協力大変感謝です!!
お三方の多大な犠牲を払ってのご協力の賜物です~
fateは「お願いね~」「おお、やった~♪」「はい、完成~」で終わりましたので(・・;(殴られそうだ…)

思いつきと惰性と我儘のみで生息しているので、周りにとっては迷惑この上ない生物ですが(^^;
まだしばらく死滅しそうにないですので、もうちょっとお付き合いくださいませ~(^^)
今年もよろしくです~
#1199[2012/01/03 07:42]  fate  URL 

Re: 年末はいろいろといそがしいですね^^

結さん、

こちらこそ、よろしくお願いいたします~
年末年始はそりゃあ、皆さまお忙しくて当然です。
暇なのはfateくらいです(--;
が、いくらfateが暇でも、パソコンの部屋が暇でなかったり、まぁ、いろいろありまして、仕方がないので大人しくしております。

後ほど、fateもゆっくりご訪問させていただきます(^^)
とても、よろしくです!!!
#1202[2012/01/03 07:51]  fate  URL 

Re: あらためまして・・・・

秋沙さん、

予想通りの新鮮な反応でfateは満足!!! ほほほほっ!(^^)
が、これは、fateが企画しただけで、後は紹介文を書いてくださった(しかも、年末のご自身の記事でお忙しいときに! limeさんなんて、クリスマス前のマジ忙しいときに!)limeさん、西幻さん、けいさんのお陰です~
お礼は三人の御令嬢に!(^^)

> fateさんのリンク仲間様、素晴らしいブログばかりなので「私の順番が来るのはあと5年くらい先かしら」なんて思ってたんですよ(^^;

↑↑↑甘いな。fateは思いつきだけで生きているから、いつ何どき、何が起こるか分からないのダ!
(威張ることか…(--;)

> (あ、fateさんが一部紹介してくださった「くちなしの墓」。「何故この部分?」と笑ってしまいました(^^;
> なんか、すごく、マニアックなところを抜粋してくださって、それが妙に嬉しかったりします)(笑)。

↑↑↑これも、熟考した訳じゃ~ございません。
ただ、あまりネタバレしない箇所、更に、‘母’ということを強く意識に置いてあったんだろうと思われます。fateもある意味「マザコン」らしいから(^^;
マザコンで変態な生物、っていったい…(ぎゃあああっ、キモイよ~!!!)

と、新年からウルサイ(-"-*

せっかく感激のコメントいただいたのに、この返信は何じゃ。
うう、こんな生物でも、皆さま、どうか見捨てなきよう…

#1203[2012/01/03 08:02]  fate  URL 

あけましておめでとうございます!

ご挨拶が遅れちゃいまして、大変申し訳ありません(*- -)(*_ _)

昨年は大変お世話になりました。
いろいろと激動の年ではありましたけれども、
でもfateさんやミサトさんを始め、
本当によい出会いにも恵まれた1年でした^^

今年もどうぞよろしくお願いしますね^^
#1206[2012/01/03 15:51]  しずく  URL  [Edit]

Re: あけましておめでとうございます!

雨美しずくさん、

> ご挨拶が遅れちゃいまして、大変申し訳ありません(*- -)(*_ _)

↑↑↑いえいえいえいえっ
こちらこそ、マトモな挨拶もせずに失礼いたしました。

激動は、fateもでした。
あの騒動っていったいなんだったんだろう? と今はちょっと思います。
マジで管理者サイトの手入れ? みたない何か思惑が働いたのだろうか? などと。
(あっという間にアカウント毎消えてましたし…)
常連さんを少し揺さぶって動かしてみようか、とか。何か変化を求めるためだったのか、とか。

ただ、おっしゃるように、多くの方とご縁が出来て、こうやってこちらでも活動させていただくようになりましたので、実はメリットの方が多く残りました。

神様の采配が少しはあったのだろうか、と。
ヒトの力より状況が動く方が影響力が大きいので。
名前を変えて誹謗中傷を渡り歩く人物って、特定の誰かの可能性もありますが、管理者サイトの何かかも知れませんね。館長もおっしゃっておりましたが。

ともかく、今年もよろしくお願いいたします(^^)

#1213[2012/01/04 07:22]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←花籠 3 (動き出した輪) 10    →花籠 3 (動き出した輪) 11