FC2ブログ

Stories of fate


閑話休題

閑話休題 第3段! その⑤

fc2小説サイト「Tome館長 」作品及びその感想欄で繰り広げられるAnother world へようこそ!!!



実は今回、「意味分かんないんですけど」誰もが連発する事態になってるのダ!
それ、fateの台詞だから~っ



『許されぬ恋』


「いけないことよ」
「そんなのわかってる」

「ああ、駄目だったら」
「我慢できないんだ」

「そんなことしたら」
「ごめん。許してくれ」

「まあ、信じられない」
「やってしまった」

「もう、どうするつもり」
「自首するしかないさ」

「ちょっと待って」
「他に方法はないよ」

「ここをこうして」
「おい。なにやってんだ」

「遺伝子配列を換えてるだけ」
「なんだって」

「これで正当防衛が成立するわ」
「意味わかんないんだけど」

「あら、全然かまわないわ」
「だって・・・・・・」

「さあ、続きをやるわよ」
「・・・・・・」



感想欄です…↓


• 投稿者:fate
• 投稿日時:2011-12-12 17:08:55

「意味、分かんないんだけど…」
チクショー、fateの専売特許(?)取られちったわ~


• 投稿者:瑠寧
• 投稿日時:2011-12-12 21:56:25
こんばんは。

何やら色っぽいタイトルに釣られて読ませていただきました。
が、私もfateさん同様、意味分からないんですけど・・・。

幼稚園年長児並みのIQの私にも分かるように解説をお願い致します。
って幼稚園児に「許されぬ恋」が分かるのか?疑問・・・?

お邪魔しましたっ!!


• 投稿者:Tome館長
• 投稿日時:2011-12-12 22:54:35

fateさん、瑠寧さん。一緒にまとめて作品解説させていただきます。

「いけないことよ」        禁止してます。
「そんなのわかってる」      ご存知のようです。

「ああ、駄目だったら」      許されないようです。
「我慢できないんだ」       わがままな性格です。

「そんなことしたら」       どうなるんでしょう?
「ごめん。許してくれ」      謝ってます。

「まあ、信じられない」      驚いてます。
「やってしまった」        作業完了のようです。

「もう、どうするつもり」     尋ねてます。
「自首するしかないさ」      諦めてます。

「ちょっと待って」        少しだけ待ちましょう。      
「他に方法はないよ」       だそうです。

「ここをこうして」        いやっ。
「おい。なにやってんだ」     失礼しました。

「遺伝子配列を換えてるだけ」   必然変異ですね。
「なんだって」          突っ込んでます。          

「これで正当防衛が成立するわ」  良かったですね。
「意味わかんないんだけど」    困ったもんです。

「あら、全然かまわないわ」    そうでしょう、そうでしょう。
「だって・・・・・・」         諦めが悪いですね。

「さあ、続きをやるわよ」     はいはい。
「・・・・・・」            沈黙してます。
 

• 投稿者:fate
• 投稿日時:2011-12-13 17:16:29
すみません、館長(-"-;
fateには益々意味分かんないんですけど。

(でも、瑠寧さんが絡んでくれた~! わ~いっ)

まぁ、美女を投げ飛ばしてあんなことしたり、こんなことしたりしてるんだから、もうど~でも良いですが…


• 投稿者:瑠寧
• 投稿日時:2011-12-13 19:48:28
Tome館長 様

ご丁寧に解説をありがとうございました。
ですが・・・。
fateさん同様、余計理解不能に陥ってます。

結論。
Tome館長の書かれる文章はピカソ並みに芸術性が高く
私のような普通の主婦には難解だと我が家の一階で書いております。
以上。


• 投稿者:Tome館長
• 投稿日時:2011-12-13 20:30:50

fateさん、瑠寧さん。ああ、困りましたね。

つまりですね、あまりにも深く真実を探ろうとするとですね、なんと言いますか、その、いわゆる「パンドラの箱」を開けてしまうことになるのですよ。
邪悪なものすべて世に放たれ、希望だけ残されたという、あの伝説の箱ですね。

野放しの好奇心は危険が伴います。
表面的に着飾った偽りの真実で満足することです。

それに、私なんかつらつら考えますに、普通の主婦の日常の心理の方がよっぽど神秘的に見えるんですけど・・・・・・
 


※更にもう一つ!!!いきますっ



『森のトンネル』


家は森の中央広場にあって、
外出する時は森のトンネルを抜けてゆく。

ところが、その日
昼なお暗いトンネルの途中に美女がいて

おれの前に立ちはだかった。


おれは尋ねる。
「こんなとこで、なにしてる?」

美女は両腕を広げて答える。
「通せんぼ」

おれはムッとして
美女を押しのけようと張り手を出す。

その途端
見事な一本背負いで投げられてしまった。

おれは受身で衝撃を最小限に食い止め、
なんとか平静を装いながら立ち上がる。

「ふん。小癪な」

小娘に負けてなるものか。


おれは服を脱ぎ、
裸になって四股を踏み始めた。

「ふん。粗末な」

吐き捨てるように呟くと、
美女も服を脱いで裸になった。


だ、だまされた。
小娘どころではなかった。

美女は悪魔の如く微笑み、
天使の如く白き両腕を広げる。


くそっ。
どうしても通らせてはくれないらしい。
 


感想欄です↓


• 投稿者:fate
• 投稿日時:2011-12-12 17:11:42

fateもその美女にお会いしてみたいかも~(^^)

館長が負けたら次、fateの番ね~
(順番待ち…)


• 投稿者:Tome館長
• 投稿日時:2011-12-12 23:13:28

fateさん。私は絶対に負けない。

投げ飛ばして、組み伏して、あんなことしたり、こんなことしたりして。

それから、木の幹に縛り付けて、あんなことしたり、こんなことしたりして。

さらに、木の枝から逆さまに吊り下げて、あんなことしたり、こんなことしたりして。

そして、肩に担いで家に持ち帰って、椅子にくくり付けて、あんなことしたり、こんなことしたり・・・・・・

まあ、とにかく残念ながら、fateさんの出番はありませんね。
私の邪魔にならないところで、黙って眺めていてください。
 

…fateは、何やら言葉を失ってしまったぜ…
館長…
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←花籠 2 (そして、花の行方) 19     →花籠 3 (作品説明)
*Edit TB(0) | CO(3)

~ Comment ~


作品が負けてる。

感想の方が面白いって、なんか悲しい。

ああ、でも、あんなことやこんなことしたい・・・・・・
#1020[2011/12/21 11:07]  Tome館長  URL  [Edit]

Re: 作品が負けてる。

Tome館長、

何をおっしゃるっ
感想がおもしろくなるには、作品に面白みが足りないことが必然の条件であり、これは不可避なのである。

ぎゃああああっ
嘘です、嘘ですっ
殴ったら増えるってば~!!!

#1024[2011/12/21 13:50]  fate  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1030[2011/12/21 21:58]     














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←花籠 2 (そして、花の行方) 19     →花籠 3 (作品説明)