FC2ブログ

Stories of fate


花籠 2

花籠 2 (花の行方) 4

「…で?」

 アカシアは、憮然と腕を組む。

「どうするんだ?」
「俺もよく分からないんだけどさぁ、なんか、懐かれちゃって。」

 ジャスミンの胸までしか身長のない少女の頭をくしゃくしゃと撫でながら、彼は困ったように笑ってみせる。李緒は、どこかぼうっとした表情でジャスミンとアカシアを交互に見つめていた。

「この子…ちょっと記憶障害のようなものがあるらしいんだ。個人票に書いてあったけど。」
「はあぁぁ???」
「…どうしようね?」

 にこにこアカシアを見つめるジャスミンに、アカシアの怒りが爆発しそうな気配を感じて、牡丹が慌ててフォローを入れようと試みる。

「あ、あのさ…ほら、今すぐ帰してくれば分からないんじゃ…」
「そうだよねぇ。…まぁ、施設は今大混乱だろうからね。それに乗じて…」

 ジャスミンの考えなしの台詞に遂にアカシアがキレる。

「誰がその子を殺人現場まで送り届けるってんだ! 行った途端、待ち構えている警察に捕まるのがオチだろうがっ! だいたい、コロシの現場を見られているんだろう? 目撃者なんかつくるやつがあるかぁっ! そんな初歩的なミスをなんで今さら犯したんだっ」
「う~ん、ほら、あんまり好きじゃないんだ、俺。変態オヤジって。」
「言い訳にすらなっとらんわっ」
「だって、リーダー、どうする? 目の前で女の子が犯されかけてたら。気持ち悪くない?」
「バカタレっ、それとこれとは話が違う! 仕事は仕事できっちりやれ!!!」

 だから、仕事はしたんだけど…と、ジャスミンは肩をすくめつつ適当にその辺から服を引っ張り出して着替えを始め、李緒の肩にはガウンを着せ掛ける。

 この家は、よくこうやって集まる空間なので、ジャスミンに限ってではあるが、着替え程度は適度に置いてあったのだ。アイリスはもちろん、人前で肌をさらしたりは決してしないし、牡丹は実家がそれほど離れていない。

「仕事ってのは、後始末も兼ねているだろうがっ、一体、なんだ、今日のそのお粗末さは!」

 おろおろする牡丹と額に青筋を立てて怒鳴り散らしているアカシア、そして、相変わらずのんびりとしたジャスミンの声に呆れながら、アイリスが大仰にため息をついた。

「どうでも良いから、怒鳴るのやめてくれる? 後始末は本人に任せて、もう一個の仕事の話に取りかからないとマズイでしょう?」
「え? 任せられたら困るよぉ、俺。」
「連れてきちゃったのはあんたなんだから、なんとかしてよ。」

 目撃者の存在に興味を失ったらしいアイリスは、ソファで一人、マニキュアを塗り始めていた。牡丹もそろそろと二人の間から抜け出して壁際に寄る。

 アカシアはまだ頭から湯気を出しそうな険しい表情のままだったが、最後にぎろりとジャスミンを睨んで、腕を組みなおしてソファにどっかりと腰を下ろした。

「始末はつけろ。早々に!」
「ええ~…?」

関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←花籠 2 (花の行方) 3    →花籠 2 (花の行方) 5
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←花籠 2 (花の行方) 3    →花籠 2 (花の行方) 5