FC2ブログ

Stories of fate


花籠 2

花籠 2 (花の行方) 3

 慈善施設を名乗っている私設の孤児院。まったくの身寄りのない子ども達を入所させているそこは、子ども達を親や親戚に会わせる必要もなく、誰に内情を説明する義務もないため、裏ではかなり酷いことになっているらしかった。入所している子ども達を不法に働かせたり、売春をさせたり、ポルノ映画に売ったりと、やりたい放題だったと言われる。

 しかし、それを知るのは中の人間だけ。売っている側と被害者である子ども達だけだ。そして、そこは知的障害を持つ子や、日常的な虐待に寄る心に傷を持った子たちが多く、施設を逃げ出したら生きていけない子ども達ばかりで、なかなか被害が公にならなかった。

 今回、花篭に助けを求めたのが、そこの卒業生だった。

 性的虐待を受けながらもそこを卒業し、一生懸命働いて貯めたお金で、彼女は後輩たちを救って欲しいと組織の噂を人づてに聞いて依頼してきた。

 狙うのは施設長のみ。
 彼が殺されたら、他の職員もその意味は分かるだろうと。

 依頼料の相場には到底及ばない金額だったが、竜一は貧乏人からはあまり金額にこだわらずに引き受ける癖があった。彼が欲しいのはむしろ、仕事を請け負う明らかな理由だ。彼女がそれまで貯めたすべてのお金で依頼してきたとき、彼は仲介してきた‘竹’の店主に承諾する旨を伝えた。

 そして、出来るだけショッキングな殺しを、ということでジャスミンが選ばれた。

 その日、下調べもほとんどなしで、さっさと仕事に向かったジャスミンが施設長の私室を訪ねたとき、彼は施設の少女を一人部屋に連れ込んでいた。

 泣き叫ぶ少女をベッドに組み伏せていた中年のオヤジは、鍵のかかっていた筈の扉が音もなく開いた気配に、ぎくりと驚いて振り返った。そして、立ち上がって相手の顔を確認する間もなく、次の瞬間には喉元から血が噴出していたのだ。

 まるでストップモーションのように、声もなくゆっくりと倒れていく男を、少女は茫然と眺めていた。半分引き裂かれた服と、涙の浮かんだ瞳で。

 殺人者は、倒れた男には目もくれずに、すっと彼女に視線を移した。ほんの一瞬、ぴくりと彼女は反応を示し、その瞳に恐怖の色が宿った。近づく男の気配に、僅かに後ずさる。悲鳴を上げる気には何故かならなかった。

 見据えられたまま身動きすら取れなくなり、彼女はまるで感情のない冷たい男の目を吸い寄せられるように見つめ返した。

 殺人者は、ふと足元に散らばる個人カードを手にし、数枚を拾い上げてその中の一枚をじっと見つめる。それにはぼんやりとした白黒の写真が貼ってあった。ぼやけた写真ではあったが、個人の識別は可能だ。

「…土岐田李緒。18歳?」

 少女に視線を移し、彼は微かな笑みを浮かべる。ぞくりと彼女の背筋に冷たいものが走った。すうっと男の手が首筋に伸び、一瞬彼女は目の前がぼやけ、ある映像が重なった。

「…っ!」
「見たことは忘れて、って言っても無理だよねぇ。」

 片手で李緒の首を捕え、男は目を細める。瞳の奥の光が暗く宿り、決して彼は笑っていないことだけが分かった。
 李緒は、見上げたその殺人者の瞳に、その空気に、強烈な郷愁のような、奇妙な感覚を得た。
 それはまるで‘憧れ’のような…‘恋’のような。

「…誰?」

 血しぶきを浴びた手で、頬を撫でられ、李緒は一瞬意識が飛びそうになった。嫌悪でも恐怖でもない。何か恍惚とした感覚が彼女を支配し、視界が真っ白に霞んだのだ。

「…誰?」

 李緒は男に繰り返す。

「俺? 聞いてどうするの?」

 黒尽くめの男は笑う。不意に瞳に光が宿る。

「とりあえず、一緒に来てもらうかぁ。」

 李緒はその甘いテノールの声にぴくりと反応する。そして、まるで何かに操られるようにゆっくりと頷いた。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 紺碧の蒼
もくじ  3kaku_s_L.png 真紅の闇
もくじ  3kaku_s_L.png 黄泉の肖像
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 2
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 3
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 4
もくじ  3kaku_s_L.png 花籠 外伝集
もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い月
もくじ  3kaku_s_L.png 永遠の刹那
もくじ  3kaku_s_L.png Sunset syndrome
もくじ  3kaku_s_L.png 陰影 2
もくじ  3kaku_s_L.png Horizon(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png Sacrifice(R-18)
もくじ  3kaku_s_L.png 閑話休題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←花籠 2 (花の行方) 2    →花籠 2 (花の行方) 4
*Edit TB(0) | CO(2)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説

~ Comment ~


おお?
この李緒ちゃん。
もしや第一話の子なのかな?
違うのかな?
じゃあ、1話の男と、ジャスミンは?
ちがっても、そうであっても、興味深い展開ですね。

慈善施設を名乗っている私設の孤児院。
そんなところで、そんな悪事が行われてたんなら、花籠さん、あばれてください!
ここでは、うちのOEAのように、トップが「神」を気取る得体の知れない組織では無く、仇打ちとして動いているのが、腑に落ちていいですよね。

で、連れてこられた仔猫ちゃん。
初っ端から一緒にシャワー浴びる大胆さが好き^^
今回のお花さんたちも、魅力的ですね。
(19歳の子に、興味あり!)
↑若い子好きなのか・・・。
最近、新作を書くごとに、主人公が低年齢化してしまう悩みが・・・。
う~~ん。
#1124[2011/12/28 00:02]  lime  URL  [Edit]

limeさまへ

limeさん、

大変、興味深いことに。
limeさんと秋沙さんと西幻さんって。
時間差があっても、fateの同じ物語を読んでいただくときに、ものぐご~く、似通った反応をされます。
いや、びっくりです。
マジで。
笑えるほど、同じことをおっしゃっていただき、感動です。

> ここでは、うちのOEAのように、トップが「神」を気取る得体の知れない組織では無く、仇打ちとして動いているのが、腑に落ちていいですよね。

↑↑↑必殺仕事人みたいですな、これじゃあ…
本当は、もっと細かい依頼はたくさんあって、例えば落し物探しとか、人探しとか、ええとちっちゃなトラブルの解決的なもの。
ただ、それを描いてないだけで、そういう一度見たら忘れないとか、車の種類を音で当てられるとか、そんな小さな特技の小さな事件も本当は描いてみたいんだけど、何しろfateが倒錯しているから、そういうマトモな事件を取り上げるのがメンドい。
しかも、龍一の趣味と気分で仕事を受けるから、彼が「そんなこと知らん」となれば、どんな深刻な依頼も無視したりする、という実はやっかいな組織だったりする。
彼の周りに居る人は苦労してるだろうな。
なんて言うと、そういう人間関係も描きたくなるのぅ…

> で、連れてこられた仔猫ちゃん。
> 初っ端から一緒にシャワー浴びる大胆さが好き^^

↑↑↑これ、注釈入れようか悩みました。
彼女は服を着たままで、血を洗い流したのみだったんだ~とか。
でも、途中でまぁ、どうでも良いや(良い訳なかろうっ!!!)と飽きて投げられました。(fateにな。)

> (19歳の子に、興味あり!)
> ↑若い子好きなのか・・・。
> 最近、新作を書くごとに、主人公が低年齢化してしまう悩みが・・・。

↑↑↑ああ、分かります、それ。
はははは。fateの場合、これ以上、低年齢化したら犯罪だわ~
いや、すでに『虚空の~』では犯罪の域に達している…(-"-;
しかも、最終的に秋沙さんは牡丹に一番興味いだいていただいたようです~
#1131[2011/12/28 07:45]  fate  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←花籠 2 (花の行方) 2    →花籠 2 (花の行方) 4