Stories of fate

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

スムリティ (嫉妬) 12 

スムリティ(R-18)

 翌朝、目を覚ますと、劉瀞の姿はなかった。
 私はあまりの疲労に身体を起こすことも億劫で、しばらくぼんやりとベッドから見える窓のカーテンの色を見つめていた。

 やがて、生理現象でどうしても身体を起こさなくてはいけなくなり、やっとの思いで、私は身体を起こし、ベッドから足を下ろした。
 いつの間にか、私の身体には薄い寝巻きのようなものが着せられてあって、なんだか分からないがため息が漏れた。

「い…っ、いたた…」

 聞こえる自分の声がどことなくハスキーで、声が枯れているのが分かる。確かにちょっと喉が痛い。
 しかも、身体中があちこちきしんで悲鳴をあげているようだった。
 よろよろとバスルームに辿り着き、扉を開けると眼前の鏡に、私は一瞬「…?」となった。

「怪我でも…した?」

 寝巻きから見えている胸元に赤い色が見えた。なんだろう?と思って、少し衣服を下にずらして、私は呆れた。

「何、考えてんの?」

 胸元だけではなかった。ほぼ全身至るところにキス・マークが刻まれていたのだ。後ろを向いて背中を鏡に写してみて、更に私は、はあ…とため息が出た。いつの間に…。

「自分の所有物だと思ってた女を、他にも欲しがる男がいるってことに混乱してんのかな?」

 ‘恋’のひとつもしてみたくはないか?と、やつは言った。だけど、私は、憧れはしたけど、実はあまりそういう激しいものも熱いものも持ってない気がする。特に、こうやって現実的にそういうことに絡んで無駄に理不尽な目に遭うと余計に。

 劉瀞って見かけに寄らず、嫉妬深いんだろうか?
 それとも、単なる所有欲? 支配欲?

 用を足して、ベッドに戻ると、さっきは気付かなかったが、枕元に何か紙切れが置いてあった。
『連泊することにしたので、好きなだけ休んでから、下のレストランで食事を取って(部屋番号を告げれば良いです)出かけてください。夕方までにはこの部屋に戻ること。』

 龍瀞の字を初めて見た。
 けっこう綺麗で繊細な字を書くんだな、と私は思った。殴り書きではなく、どことなく品のある丁寧な流れで書かれてあった。

「でも、今日は弥生は仕事だし、私、一人で何しよう?」

 呟いてはみたが、せっかくだから外へは出ることにした。
 今度はシャワーを浴びるためにバスルームへ入り、私は出かける支度を始めた。


スポンサーサイト
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[現代小説
*Edit TB(0) | CO(6) ▲PageTop

 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。